« とんかつ浜勝 | トップページ | 嗚呼!憧れのスーパーシートプレミアム~第2話 »

2007年4月28日 (土)

嗚呼!憧れのスーパーシートプレミアム~第1話

今週初め(月曜日と火曜日)、親戚に不幸があって福岡に行ってきました。

月曜は午後から向かい、その日は通夜、翌日の火曜日は告別式と火葬、初七日まで一気にやったため、その日はすっかり疲れ果て、なので帰りの飛行機(ANA)はスーパーシートで帰ることにしました。

実は去年(2006年)1年間に、ANA便に約40回搭乗したため「ブロンズ会員」というのになれたみたいで、先日「ブロンズ会員カード」と一緒に「アップグレードポイント」なるものが2ポイント付いてきたのです。
今回は、そのアップグレードポイントを1ポイント使って、帰りの便の予約時にアップグレードしたため、あのスーパーシートプレミアムに乗れたって訳なんです。
いやいや、まともに金を払うとプラス5,000円もかかってしまうので、我々一般庶民にはとてもとても・・・ですよ。

嗚呼!憧れのスーパーシートプレミアム。
初めてかなぁ、いや昔1回だけ乗ったことがあったかなぁ。いや、あれはJALだったかなぁ。
とにかくほとんど記憶がないので、今回はかなり期待して乗りました。

今回乗った便は、福岡19:10発東京羽田行き、ANA268便。
機種はボーイング747-400。
全547席のうちスーパーシートは1階前方の27席。
選ばれた人って感じ?単なる思い込み?

夜の便のスーパーシートは最高。
なぜかって、夜の便ってことは、そのあと自宅へ帰るだけだから、タダ酒(っていっても実は料金の中に入ってるんですけどね...)が好きなだけ飲めるじゃないですか。
それになんてったって食事が出るんですよ。「ディナー」が!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

火曜日、すべての用事が終わって、空港に着いたのは18:00過ぎ。
すっかり疲れ果てていたんだけど、スーパーシートプレミアムに乗って疲れを癒して帰れると思っていたので、ワクワクしながら空港へ向かいました。

お土産を買って、SKIPサービスで手荷物検査を済ませた後、スーパーシート搭乗者の特権である「Signet」ラウンジへ入りました。
このラウンジに関しては、以前ANA「プラチナ会員」だった先輩と一緒に入れてもらったことがあったので、何となくシステムは分かっていました。
結構人がいっぱいで、奥の方の席を見つけて座り、とりあえず生ビールとつまみで休憩をとりました。

そしていよいよ搭乗。
疲れた体を休めて帰ろう。
そんな期待を持って、快適な空の旅を夢見ながら憧れのスーパーシートプレミアムに乗ったんです。
がっ、ががっ、実はその夜は最低の空の旅が待っていたんです。

・・・・・・つづく。

|

« とんかつ浜勝 | トップページ | 嗚呼!憧れのスーパーシートプレミアム~第2話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嗚呼!憧れのスーパーシートプレミアム~第1話:

« とんかつ浜勝 | トップページ | 嗚呼!憧れのスーパーシートプレミアム~第2話 »