« 嗚呼!憧れのスーパーシートプレミアム~第3話 | トップページ | 嗚呼!憧れのスーパーシートプレミアム~最終話 »

2007年5月 2日 (水)

石焼ラーメン 火山

GW前半のある日、佐野プレミアムアウトレットに行った帰り、せっかく佐野まで来たんだから佐野ラーメンでも食べて帰ろうということになりました。

本当は行きつけ(?)の「おぐら屋」に行きたかったんだけど、あそこは19時閉店で間に合いそうもなかったので、佐野市内で適当に探そうということになり、結局たくさんあるラーメンやさんの中から目にとまった「火山」というラーメン店に入りました。

20070429191330

入ってみてなぜ店の名前が「火山」というのかわかりました。

僕が注文したのは「石焼野菜塩ラーメン」でした。
まず、注文するとすぐ1枚の紙を持ってきてくれます。
そこには「避難してください」の文字とともに、ラーメンの食べ方みたいな能書きが書いてあります。
なぜ、避難してくださいなのか。
それは、このあと判ります。

かなり待たされた後、やっと注文したラーメンがやってきました。
熱々の石鍋の中に麺と具が入っている。
そしてスープは別になっていて、店員が目の前でそのスープを注ぎ込む。
すると、ジューーッッという音とともに強烈な湯気が立ち昇り、熱々のラーメンが完成するのです。
しばらくはグツグツとあわ立っていて、まるで火山の噴火口のようです。

20070429195813 20070429195825

なかなか斬新な趣向です。
なんでも現在この製法を特許出願しているそうな。

肝心の味は、まあ普通かな。
欠点はいくつかあります。
まず、注文してから出てくるまでかなりの時間がかかること。
あと熱すぎて、特に子供はなかなか食べられないこと。
最後に、最初はいいけど最後のほうは麺がノビてしまうことくらいかな。

とにかく話題性はあると思うので、一度試してみるのもいいかも。
ちなみに後で知ったのですが、「火山」というのは栃木県を中心とするチェーン店で、いわゆる「佐野ラーメン」ではありませんでした。
ガッカリ...

|

« 嗚呼!憧れのスーパーシートプレミアム~第3話 | トップページ | 嗚呼!憧れのスーパーシートプレミアム~最終話 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石焼ラーメン 火山:

« 嗚呼!憧れのスーパーシートプレミアム~第3話 | トップページ | 嗚呼!憧れのスーパーシートプレミアム~最終話 »