« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月30日 (木)

カレーラムネ

なんだか不思議な飲み物発見!!

その名も「カレーラムネ」

Photo

富士で泊まった旅館に売ってました。

あんまり気になってしょうがなかったので、1本買って飲んでみることに。
なんとも不思議な感覚に陥ります。

ひと口飲むと、いわゆるカレーの味わいが口の中にフワッ~と広がります。
たしかにあの、スパイシーなカレーです。
そのあと、炭酸の効いたラムネの味がします。
そうです、ふつうの甘いラムネです。
先にカレーが来て、あとからラムネが来るんです。

なんだかすごい飲み物です。
値段は160円でした。

ラベルには、
「ピリッとスパイス、ジュワッと炭酸」
「カレーとラムネの不思議なコラボ」
と書いてあります。

Photo_2

そうです、ラベルに書いてあるとおりなんです。これが。

あまりに感動したので、家族に1本買って帰りました。
(たった1本かよっ!!)

家に帰ってちょっとネットで調べてみたところ、
静岡は島田市というところにある木村飲料株式会社というところで作っているそうです。
元祖ビー玉ラムネをかなり昔から作っている老舗で、オリジナルのラムネはなんと今年のモンドセレクション最高金賞を受賞したそうです。
スゴイですねぇ。

このカレーラムネは今年の新製品らしく、ラムネシリーズには「元祖ラムネ」と「カレーラムネ」の他に「杏仁ラムネ」と「わさびラムネ」があるようです。
噂では秋葉原のどこかでも売っているらしいです。
ちなみに木村飲料さんのHPには通販ページもあるので直接購入もできますよ。

ね、木村飲料さん!

木村飲料株式会社 : http://www.kimura-drink.co.jp/index1/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

富士総合火力演習 ~ おまけ②

 8月24日 今回のツアーの最後に陸上自衛隊駒門駐屯地という所を見学してきました。

 
ここは御殿場市の南にあり、第1機甲教育隊や第1戦車大隊といった戦車関係部隊の他に今年3月に新編された「国際活動教育隊」という部隊があります。
この部隊は今年防衛庁が防衛省に変更になったのと関連し、PKO等の国際活動が本来任務になったのを受け、それらの任務を行うための教育機関としてできたもので、同じく今年できた陸上自衛隊中央即応集団という部隊の隷下に属しています。
 
今回はその部隊の説明を受けたあと、74戦車に試乗させてもらいました。
 
そのあと、駐屯地の売店でお土産を買ったのですが、またまた自衛隊でしか買えないお菓子を発見しました。
 
まずは、戦車せんべい「戦(せん)」。

Photo

そして、砲弾まんじゅう「弾(だん)」。

Photo_2

で、極めつけは自衛隊限定の栄養ドリンク「元気バッチリ」。

Photo_3

このドリンク。中国化薬という会社が作っていて、元になっているドリンクは同社製造の「ハイクロンミン」というドリンクなんだそうです。
ただ、この会社、本業は砲弾の製造なのだそうで、「元気バッチリ」を飲むとどうバッチリになるのかちょっと不安になります。
ちなみにこちらのお値段、10本入りで1050円。
意外とリーズナブル?

結局、何も買わなかったですけどね。
 
参考 中国化薬株式会社HP : http://www.chugokukayaku.co.jp/
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月28日 (火)

富士総合火力演習 ~ その2

23日午前の演習は霧が深くほとんど弾を撃たない演習でがっかりだったのですが、午後から天気は回復し夜間演習はちょっと期待が持てるようになりました。
早めの夕食を済ませた後、午後7時くらいに再度東富士演習場へ向かいました。

夜の見学者は昼間に比べると格段に少ない。
スタンド3つが埋まるくらいだったので2000人くらいでしょうか。
まあ、一般の人の予約は受け付けていないので当然なんですが。

夜の演習は19:20にスタートしました。

夜間演習は3部構成になっており、まず暗視装置を使用した真っ暗な中での射撃、照明弾を用いた中での射撃、そして最後が敵が攻めてきたという想定での防御訓練という内容でした。

Photo

Photo_3

はっきり言って真っ暗の中での射撃は音と閃光のみでよく分かりづらかった感があります。
ただ暗闇で装甲車や戦車が結構なスピードで動いていたのには感心しました。

Photo_2

照明弾は初めて見たのですが、想像していたよりかなり明るいのに驚きました。
あと、最後に74式戦車数両が攻撃目標付近(2Km先くらい)にサーチライトを一斉に照射するのですが、これがかなり明るいのにびっくりしました。

花火と比べてもしょうがないのですが、花火とは一味違った音と光のショーを楽しむことができました。

なかなか貴重な体験をさせたもらった一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月27日 (月)

富士総合火力演習 ~ おまけ①

23日午前の演習はかなりイマイチだったのですが、見学スタンドの裏にはいろんな売店が出ています。
弁当やジュースの他に、いろんな自衛隊グッズが売っています。
その中で今回特に気になったもの、それは「おつまみ部隊」です。
Photo_4
いわゆるカワキ物セットなんですが、ここでしか売っていない代物なのでしょう。
ネーミングがマニアックですよね。
実際買ったわけではないのですが、どんな味がするのでしょう。
かって食べた方、是非レポートを!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士総合火力演習 ~ その1

8月23日(木)に陸上自衛隊東富士演習場というところで、「富士総合火力演習」の総合予行というのがありました。
本番は26日(日)だったのですが、23日も基本的には内容は全く同様で、今回僕はそちらの見学へ行ってきました。
この演習は毎年この時期に行われているもので、陸上自衛隊が実施する実弾を使用した演習としては最も大規模なものだし、一般に展示するのも本演習くらいです。
僕自身この演習を見学するのは今回が4回目でした。
僕は別にミリタリーオタクではないのですが、今回は仕事の一環として...
というか、今回はある団体が企画する1泊2日のツアーに参加するというものでした。
このツアーの特徴は昼間の演習の他に、夜間演習を見学できるのが特徴で、僕は夜間演習というものはまだ見たことがなかったので、実はこちらを楽しみにしていました。
当日(23日)は7:00に東京駅に集合し、8時前に出発、9:30分頃には会場である東富士演習場に着きました。
総合予行といっても人の数は本番と変わらないのではというくらい、すでに大勢の見学客が来ていました。
Photo
10:20に開始の予定だったのですが、この日は朝から深い霧状態で視界も30mくらいしかなく、しばらく開始を見合わせるとのこと。
霧は一向に晴れなかったのですが、10:40に再度アナウンスが流れ、展示を開始することになりました。
プログラムは前段と後段に分かれていて、前段は陸上自衛隊が保有する各種火器の紹介と実弾射撃、後段はシナリオに従った攻撃のシーンを展示するというものでした。

でさっそく前段がスタートしたのですが...
さっきよりさらに深い霧のため射撃目標が確認できず、それぞれ装備品の紹介はするのですが、結局1発も撃たずに終了。

Photo_3

で、約1時間が経過。
後段は多少霧が晴れてきたので、若干の火器(戦車砲と機関砲くらい)が射撃を行いました。
Photo_2
結局1時間半ほとんど弾を撃たない演習見学となってしまいました。
過去4回の中でこんなに静かな見学は初めてでした。
遠くは秋田や広島辺りから来ている客もいたようだけど、きっとガッカリだったろうなぁ。
怒ってる人もいたようだったし...
でもしょうがない。
夜の部に期待しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

佐野ラーメン「とかの」

前回の記事でかき氷を食べた話を書きましたが、今回はその続きです。

館林でかき氷を食べた後、佐野ラーメンを食べに行くことにしました。
(当初からの計画です)

佐野にはプレミアムアウトレットがあり、ちょくちょく来ています。
なので、佐野ラーメンもよく食べます。
我が家の一押しは「おぐら屋」です。
ただおぐら屋は佐野市街からちょっと北のほうへ外れた国道293号線沿いにあるため、アウトレットからは30分弱かかるし、午後7時には閉店になってしまう。
しかも、行ったら行ったで結構行列ができていていつも苦労するのですが、佐野へ行った時にはほぼ必ずといっていいくらい行きます。

あと、万里という店にも行ったことがあります。
ここは雑誌なんかで有名だし、佐野SAなどでも売っているので、一度行ってみようということで過去一度行ったことがあります。

最近ある雑誌で佐野ラーメンの店ベスト3が紹介してあり、「おぐら屋」「万里」ともう一つ「とかの」という店が載っていました。
で、「とかの」は行ったことがないということで、今回行ってみることにしました。
雑誌によるとこの店は一日限定80食しか出さないとのこと。

場所は佐野市外のほぼ中心、昔からやってる感じの古い一軒家。
11時30分ちょっと前についたんですが、すでに20人くらいの行列ができていました。

Photo

11時30分に開店なのですが、5分くらい遅れてのれんが出ました。
僕らは1巡目には入れず、開店して待つこと30分、やっと入ることができました。
メニューもそんなに多くなく、ラーメン、ネギラーメン、チャーシューメンくらい。
あと餃子。

僕らはこの店は初心者なので、まずは基本のラーメンと餃子を注文しました。

でてきたラーメンは、いわゆる佐野ラーメン特有のちぢれ麺に透き通ったスープ。
いつも行くおぐら屋と似ているけど、おぐら屋よりはさっぱりしている感じ。
そんなに塩濃くもなく、油っこくもない、ちょうどいい感じでした。
餃子もうまかったですが、子供にとられて1個しか食べれませんでした。

Photo_2

最後までおいしく食べられる「とかの」のラーメンはかなりイケます。
今度来た時はちょっとピリ辛のネギラーメンを食べてみたいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月21日 (火)

ヤギヤのかき氷

最近外に出るのも億劫になるくらい暑い日が続きますよね。

こんな時に食べたくなるのがかき氷。
近くのショッピングモールで食べるのもよし、都内のちょっとコジャレたカフェで食べるのもよし。
でも僕は昔ながらのスタイルで、注文するとおじいちゃんが目の前で作ってくれる、あの感じが好きだな。

ということで、群馬県は館林にある「ヤギヤ」というかき氷やさんへ行って来ました。

Photo

この店、この辺りでは結構有名らしく、僕らが行ったのは11:00くらいだったけど店内で食べる客やらテイクアウトする客やら結構客の出入りが多いなぁと感じました。。
しかも駐車場が2台ぶんしかないため、店の前に平気で路駐している。
さすが田舎!!
店内は昔の食堂風で、テーブル席のみ、最大40人くらい入れそう。
思ったより広い店内でした。

ここは雑誌で見つけたのですが、かき氷専門店でそのメニューの数がなんと70種類以上!
最低250円から最高600円まで。
とりあえず、基本のメニューを注文してみようと言うことで、
僕はうめ(300円)を注文、
娘たちはレモンといちご(ともに250円)を注文、
そして妻はグレープ(300円)を注文。

ちなみにメニュー構成ですが、
イチゴ、メロン、レモンといった基本の蜜がかかって250円。
で、「ゴールデンイチゴ」のように冠に「ゴールデン」がつくと100円up。
これは本物の果汁が入っている模様。
さらに、ミルクがかかって50円増し。
上にアイスが乗って100円増し。
というようにメニューが構成されている感じでした。

出てきたかき氷は、あのなつかしいガラスの食器にこれでもかというくらいフワフワの氷が盛られてくる。
これをこぼさずに食べきる人はまずいないだろう。
あれって、ほんのちょっとこぼしただけでもえらい損した気になるもんですよね。
一見なんてことない普通のかき氷なんだけど、暑い夏にはやっぱり最高!!
雑誌によると、その日の天候や気温によって、氷の硬さや削り方を変えたりしているそうです。
やるな、大将!!

途中、頭の裏ッ側がキーンとなりつつ、最後まで完食しました。
う~ん、大満足。
今度来た時は宇治金時アイス乗せを食べようっと。

しまった。肝心のかき氷の写真を撮るの忘れてた。
スンマセン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水)

欧風カレー~今日のランチタイム

本日のランチは「プティフ・ア・ラ・カンパーニュ」という欧風カレーの店で食べました。

場所は、地下鉄半蔵門駅5番出口から約1分のところにあるんですが、ビルのちょっと奥まったところにあって、看板もそんなに目立たないように立っているので、普通に歩いていると見逃してしまいそうです。

20070815131139

それでも平日のランチタイムになると結構行列ができていて、だいぶ前から気になっていたんですがなかなか食べる機会がありませんでした。
でも、きょうは8月15日ということもあって、並ばずに入れました。
ラッキー!!

お店の雰囲気はその名からわかるとおり、フランスの農家をイメージさせるような感じです。
(お店の名前はフランス語で「暖炉のあるフランスの田舎家」という意味なのだそうです」)
店のレイアウトも変わっていて、まず店を入って左側にテーブルが3卓ほど、そこから右に直角に曲がると厨房とカウンター、そしてその奥にちょっと広いスペースが広がっていて、そこには10人ほど座れるダイニングテーブルと4人掛けのテーブルが2つありました。
つまり全体がL字型になっているんですね。

で、私は一番奥の4人掛けのテーブル席に案内されました。
メニューは基本的にカレーのみですが、その種類が9種類、
ビーフ、ポーク、チキン、エビ、カニ、アサリ、ホタテ、シーフードミックス、ミートミックス
で、辛さは辛口、中辛、甘口の3種類となります。
シーフードミックスとミートミックスは1450円、その他は1250円です。

ん~、たかがカレーに1250円かぁ。高いと言えば高い。

で、注文したのは初心者と言うことで「ビーフカレー辛口」を注文。

オーダーすると間もなく皮ごと茹でたジャガイモが2個、皮付きのまま小皿にのって出てきます。
これにはバターが添えてあります。
そして、ほどなくメインのカレーが出てきました。

20070815125944

カレーはライスと別々に出てきます。

カレーの方は作るのに3日かかるだけあって、すごくコクがあり、ビーフ以外の材料は全て溶けてしまっていて形がありません。
玉ねぎの甘みがよく出ていて、口に入れた瞬間甘みが広がります。
そして、そのあとスパイスの辛さが口の中に広がる感じでした。
なかなか奥深い味です。このあたりが人気の秘密なのでしょう。

そして、ライスもちょっと変わっています。
ちょっと味がついています。バターライス風という感じかな?
あと多少固めで、いわゆるアルデンテに仕上げられています。
このあたりも欧風をイメージしているのでしょうが、個人的には普通の白ご飯で食べてみたい気もしました。

ランチで食べるカレーとしてはちょっと高いような気もしますが、店の雰囲気や店員さんの応対が普通のフレンチレストランみたいな感じなので、お洒落なカレーを楽しみたい方にはいいのではないでしょうか?

http://www.hotpepper.jp/A_20100/strJ000034110.html

ホットペッパーでドリンクサービスクーポンがついていました。
もっと前に知っていれば今日使ってたのに...

http://www.chiyodaku-town.com/do/002/008/

こちら↑では、こちらのカレーの作り方など、詳しい情報が載っています。

ところで、欧風カレーの定義ってあるのかな。
どういう条件を満たせば欧風カレーと呼べるのか知っている方いらっしゃったら是非教えてください。
あと、あのカレーのルーを入れる入れ物、正式な名前を知っている方、是非ご一報ください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月13日 (月)

Googleで1番に!!

インターネットで調べ物をしていた。

Googleで何気なく「チンムー」と打って検索かけてみた。
すると、なんと僕のブログがトップに来ているじゃないですか。
なんとなく、というか結構うれしいもんですね。

ちなみに609件中1番だった。
609件が多いか少ないかは考えるところもあるけど、とにかくトップで引っかかるということは気分いいんじゃない?

他の検索エンジンではどうかも気になって調べてみた。

Yahooでは1番ではないけれど5番目と6番目に、gooとInfoseekではやはり1番。

多少は認知されているってことなのかな?

でも、総アクセス数が876でそのうち自分自身が1割から2割くらいあるだろうから700ヒットくらい。

ん~、微妙な感じですなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋・風来坊の手羽先

先日、名古屋へ出張してきました。

8月の2日と3日に小牧というところで、お客様向けの展示会を開催してきたのですが、3日の夜に関係者で打ち上げをやった際、2次会の席でメンバの一人がせっかくだから手羽先を食べたいと言い出して、新人君(といっても2年目だけど)に手羽先を買いに行ってもらうことになりました。

2次会の店(スナック)のママに、この辺でうまい手羽先はどこで買えるか聞いてみたところ、近くに「風来坊」という店があるよ、と言われ、新人君を突撃させることに。
ところが、30分経ってもなかなか帰ってこない。
迷ってるのかなと心配してたところで、無事帰還。
3,000円分と言ってたけど、結構入っていた。
40本くらいは入っていたんじゃないかな。

20070803215547

ここの手羽先、実は超有名なんですね。
あとで帰ってきて調べたら、この「風来坊」と「山ちゃん」が名古屋の2大手羽先屋さんなんですね。
しかも手羽先の発祥はこの「風来坊」らしい。
味も甘辛く、名古屋らしい味付け。
結構いける。10本くらいはペロリといけると思いました。

http://www.furaibou.com/index.htm

余談ですが、名古屋と言えばもうひとつ「ひつまぶし」ですよね。
こちらは小牧で2日の昼に食べました。
こちらもおいしかったです。昼に1800円はちょっと痛手だったけど...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 8日 (水)

7月の富良野

もうだいぶ前になるんだけど、先月17日、北海道は富良野へ仕事で行ってきました。

7月の富良野といえばなんといってもラベンダー。

今回は空港でレンタカーを借りたし、せっかくなので仕事の合間にあちこち寄り道してきました。

まず、空港から富良野に向かう国道237号線を走るとまもなく右手に「ぜるぶの丘」という花畑が見えてきます。
ここは、アトム農機という会社が経営している農園で、いろとりどりの花のほか、花畑を1周できるバギーコースなんかもあったりして、まあまあ楽しめそうな感じです。

20070717093639

次に寄った所は、国道237号線を美瑛町から上富良野町に入ってまもなくの所、左側に菅野ファームが見えてきます。

ここはラベンダーのほかにいろんな色のポピーが綺麗に並んでいて、とてもきれいな花畑です。
(下の写真はラベンダーですが...)

Photo

最後に寄ったところは中富良野にある「富田ファーム」。
ここはかなり有名な場所らしく、平日だというのにファームの入り口付近が渋滞していました。
観光バスもかなり来てました。さすが、人気のスポット。
ここのポイントは、なんといっても色とりどりの花が帯状に連なっている花畑を展望台から見下ろす景色でしょう。
噂に違わず、ちょっと見とれてしまいました。

20070717110957

富良野を訪れたのは今回が初めてだったんだけど、それが7月だったのはとっても最高でした。
当然ながら生ラベンダーを見るのも初めてだったし、花をみて感動したのももしかしたら初めてかも。

仕事の時間より観光の時間のほうが長かったりして(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

長崎ちゃんぽんin東京

実は本日ではないんですが、長崎ちゃんぽんの店を発見しました。

場所は地下鉄麹町駅から新宿通りを皇居方面へちょっといったところの右側にある、その名もズバリ「長崎飯店」という店です。

Photo

店のご主人は「馬渡さん」といって、長崎出身らしい。
そういえば長崎には「馬渡」っていう姓が多かったような記憶が蘇る。
ちなみに、虎の門にも「長崎飯店」という店があるらしく、ここはお兄さんがやっているとか。
ここはなんと、ちゃんぽん麺を毎日長崎から直送しているらしい。

注文は当然ちゃんぽん。というか餃子2個がついた「ちゃんぽんセット」950円(たぶん)。
ちゃんぽん単品は890円なのでプラス60円で餃子が2個ついてくる、ちょっとお得な気分になれるセットなんです。

Photo_2

はっきり言おう。

ここのちゃんぽんはとっても美味い。
本場のちゃんぽんとくらべても遜色ない逸品だ。
麺もGood、スープもGood。
東京で久々にちゃんとしたちゃんぽんを食べました。
長崎出身の僕が言うのだから間違いない!!!

890円はちょっと高めだけど、この味なら惜しくはないと感じました。

今度行った時は皿うどんを食べてみよう。
この分ならこちらも絶対イケるはずだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »