« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月23日 (日)

稚内の風景② ~ 風力発電

最近の稚内でとりあえず目に飛び込んでくるものと言えば、何といっても風車(風力発電)でしょう。

現在稚内市内に合計74基もの風車が稼働しているのだそうです。

稚内での風力発電第1号は稚内公園の中にあるもので、平成10年に作られました。
現在ここで発電された電気はすぐ下にある「エコ足湯」という、無料で楽しめる足湯の燃料源として使われているそうです。

Photo_2

なぜ、稚内にこんなに風力発電ができたかというと、
稚内に行ってみるとわかるんですが、1年中強い風が吹いているんです。
なんと1年の3分の1以上は10m/秒以上の風が吹く日、年間平均でみても7m/秒以上なので風力発電には最適な環境だとか。
風力発電の稼働率でみても全国平均が約20%なのに対し、稚内では50%~60%と驚異の稼働率を誇っているんです。
この風力発電で稚内市の約7割の電力をまかなうことができるそうです。

この風力発電、圧巻なのはやはり宗谷岬でしょう。
宗谷地区だけで57基もの風車が稼働しているんです。

Photo_3

近くまで行ってみると何か異様なムードに包まれた感覚になります。
でも、そのすぐ近くには放牧牛の群れがいたりして、これまた不思議な感覚に陥ってしまうんです。

そんなエコな町稚内ですが、新たに太陽エネルギーによる発電に取り組んでいるそうです。
NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)が公募した「大規模電力供給用太陽光発電系統安定化等実証研究」というプロジェクトに稚内市と北海道電力の共同提案が採択され、平成18年度から5年間、太陽電池でどの程度電力がまかなえるかという実証実験をやるのだそうです。

実証実験が終わった後は設備は稚内市のものになるらしく、そうなると稚内市の2割の電力をまかなうことができるそうで、先程の風力発電と併せると、なんと9割の電力をエコ発電でまかなえるというそうですよ。

稚内って、とっても環境にやさしい素敵なまちなんですね。

参考HP : http://www.nedo.go.jp/kankobutsu/pamphlets/hokkaido/kitanodaichi/i-wakkanai.pdf 

        http://www.hepco.co.jp/info/2006/0919.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土)

稚内の風景① ~ 稚内とロシア語

ついに日本最北の町、稚内市へたどり着くことができました。

Photo

稚内へ来ていろんな発見がありました。
そんな稚内の風景を何回かに渡って報告します。

まずは、稚内の町にはロシア語が溢れています。

まず、稚内駅近くの商店街を歩いていると、違和感のある光景に気付きます。

Photo

稚内市民は全く違和感無いのでしょうけど、よそから来た者にはとっても違和感を感じます。
明らかに見たことのない文字、ロシア語が並んでいるのです。

あと、道路を走っていると道路標識もちょっと変わっています。

Photo_2

要は、街の中のいたるところにロシア語が見られるんです。

実は、稚内はロシアとの交流が盛んな町で、年間約4万人ものロシア人が訪れるそうなんです。
サハリン(樺太)からは約40キロしか離れていないので当然と言えば当然ですけどね。

ロシア人の来日目的は交易です。
ロシアから入ってくるのはほとんど魚介類だそうです。
最近ロシア側の輸出規制が厳しくなってきたため、減ってきているそうですが...

ロシア人が買っていくのは電化製品が多いそうです。
日本の電化製品の中で人気なのは「アイロン」だとか。
なんと、稚内市にはロシア人しか買えない電気店があるそうです。
どうして日本人は買えないかというと、売ってる物は全てロシアの電源仕様になっているからだとか・・・・・・納得。

あと、稚内の街の人はよくロシア人に、
「ヤスイミセドコデスカ?」
と聞かれるそうです。
ロシア人の言う「ヤスイミセ」とは100円ショップのことなんだそうです。
家族や知人へのお土産に100円グッズを買う人もいるそうですが、中には商売目的にまとめ買いする人も多いらしいですよ。

ちなみに稚内とサハリンとは、我々でもフェリーで行き来できるんです。
5月から10月の間、のべ45便の船が出ています。
お値段は片道2万円、往復3万5千円(弁当付)、
所要時間は5時間半。
当然ながら、パスポートとビザは必要ですけどね。

ロシアも最近はエネルギー資源でかなり裕福になっているそうなので、稚内でどんどん買い物してくれるといいのにね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

パソコン届いた!

ついに、新しいパソコンが届きました。

いろいろと迷った挙句、FMVに決めたわけですが、注文してから1週間で届きました。
予想では2週間くらいかかるかなと思っていたので、とりあえずうれしい気分。

佐川急便が大きな箱を2つ持って来ました。
もちろんすぐ開梱。
まず、ディスプレイ。真っ白な19インチワイド。
ん~、なかなか美しい。

次に本体。スリムタイプの本体が箱の底から出てきた。
ん~、なかなかスタイリッシュ。

スタートガイド(設置編)を見ながら、本体とディスプレイ、キーボード、マウスを接続してさっそく電源ON。
パソコンが立ち上がって、なにやら一生懸命動き出した。
初期設定をやっているようだけど、結構時間がかかるみたい。

だいぶ時間が経って、WindowsVistaの設定画面になった。
あとはスタートガイド(セットアップ編)に従って設定を進める。

「パソコン準備ばっちりガイド」という画面が立ち上がり、それに従って進めるだけなので、とっても簡単。
この辺りがメーカー製PCのいいところなんだな。

メールやインターネットの設定も全く問題なく終了。

あと、オプションで購入したPowerpointとプロアトラス(地図ソフト)をインストール。
そして、旧PCからデータをコピーして終了。

前のPCに比べると劇的に早い。
いや~、やっぱ新しいPCはよかですね~。

Fmvce55xn

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年9月20日 (木)

名寄から稚内へ④ ~ 稚内のランチ

名寄からバスで3時間強、ちょうど昼食時に稚内へ到着しました。

ついに日本の最北端の街へやって来ました。

この日の昼食はツアーコースに組み込まれていて、強制的に稚内駅裏の「夢広場」というところに連れていかれました。

Photo

さっそくランチの中身を紹介すると、

Photo_2

かやくご飯(かにフレークのせ)
ホタテの刺身
カニ味噌スープ(おかわりOK)
キャベツサラダ(かにフレークのせ)
あと小鉢が2点。

さすが稚内だけあってカニがふんだんに使ってある・・・・・・
・・・・・・って、かにフレークで豪華に見せてるだけじゃないか?
刺身だってホタテが2枚のみだし...

実は食事をしていると、お店の方がやってきて小鉢の説明を始めました。
左側がウニとイカのあえ物、
右側が松前漬なのだそうです。
で、この2つは1階の土産屋で売っているのでよかったらどうぞとのこと。
実は料理の説明に来たのではなく、ちゃっかり商品の宣伝に来たという訳でした。

味はとりわけ美味いと言うものでもなく、味噌汁、じゃなくてカニ味噌スープがわりと美味しかったかな。

ちなみにとなりのテーブルではタラバガニを美味しそうに食べてました。

食後に1Fの売店「北市場」に行ったんですが、ウニイカも発見できず、結局何も買いませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

名寄から稚内へ③ ~ 国道40号

名寄から稚内を結ぶ道路、国道40号。

国道40号は旭川から稚内まで、全長243Kmの道路です。
車で稚内方面へ車で走っていると、決まった間隔で「旭川から○○Km」という標識が現れます。

Photo

今回、この国道40号をほぼ全線走った訳ですが、途中で面白い国道表示がありました。

「美深」と「音威子府」間に出てくる国道表示です。
(ちなみに上の漢字、「びふか」、「おといねっぷ」と読みます。)

2

なんと、一つの道路なのに2つの国道の名前が...
二つの標識の下に「重複区間」って書いてある。

つまり、美深で2つの国道が合流して、音威子府でまた2つに分かれるってことなんですね。

この国道40号、実はこのような重複区間が3つもあるそうです。
上記の他に、士別から名寄まで国道239号線と、天塩から稚内まで国道232号と重複しているのだそうです。
全然気付かなかった。
というか、途中寝てたのかも...

後で調べたんですが、この重複道路、全然めずらしいことではなく、全国各地のいろんな国道で重複区間があるらしく、国道1号ではなんと11ヵ所も重複区間があるんだそうです。
参考URL(Wikipedia) : http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%81%931%E5%8F%B7

う~ん、国道もなかなか奥深いものがあるなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

パソコン買い替えた

先日、パソコンを買い替えたいと思い、2つまで絞った話をしました。
で、さっそく2つの物をチェックしに行きました。

まずは、マウスコンピュータをチェック。
春日部にマウスコンピュータの直営店があるので、そちらへ行ってきました。
店自体はとてもこじんまりした作りで、繁華街からもちょっと離れているので最初は見逃してしまいそうでした。

目的のPCはネットショップ専用なので店頭では見れないのですが、同じ筐体、同じディスプレイはチェックすることができました。
その他に、春日部店限定のセールをやっていて、
Core2DuoE6750にメモリ2GB、WindowsVistaがついて89,800円で売っていました。
しかも30台限定。
ディスプレイは22インチワイドが約35,000円なので、これを足しても135,000円で高スペックマシンが買えてしまうではないですか。

これなら今すぐにでももって帰れますよ、と店員に言われ思わず衝動買いしそうになってしまいましたが、FMVをまだ見ていないし、ここはグッと我慢してとりあえず店を出ることに。

次にもうひとつのFMVを見に、近所のヤマダ電機に向かいました。

さっそくPC売り場へ行き、FMV CE50X9をチェック。
ありました。新製品がズラッと並んでいました。
この機種は本体から、ディスプレイ、キーボード、マウスまで光沢のある白で統一されている。
さすが、メーカー製だけあって、デザインが洗練されている。
ネットで見る写真より実物のほうが第一印象はとっても好印象。

値段も事前に調べていたとおりだけど、ただ店員と交渉するとさらに1万円引くという。
しかもポイント10%還元なので、3万円程安くなるってこと。
さすが、全国No.1の電気屋さんだけあって価格も勉強してきますなぁ。

こちらは、とりあえず実物をチェックしに来ただけなので、店員さんには申し訳ないけど別れを告げ、帰宅しました。

個人的にはマウスの高機能に惹かれるけど、家族の意見はスタイリッシュなFMVに傾いているみたい。

ところで家に帰って、富士通WebMARTに入ると、ここでしか買えないモデルがある。
カスタマイズモデルというやつだ。
ヤマダ電機等で売っているヤツは「店頭モデル」といい基本的にパーツは変更できないことになっているのですが、このカスタマイズモデルは自分でCPUを変更したりメモリを増やしたりできるのが特徴。
しかも、今カスタマイズキャンペーンというのをやっていて、メモリ増設は通常の半額、OfficePowerpointも5千円でプラスできる。
これってなかなかお買い得じゃないですか。

で、結局...
マウスには後ろ髪引かれるけど、家族もFMVがいいって言うし、ソフトもいっぱい付いてるし、保証も3年ついてるし、FMVに決定だぁ。

ということで、早速注文。

実はこの話先週の出来事だったので、明日届く予定なんです。
楽しみ~~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名寄から稚内へ② ~ ロールベール

名寄から稚内へ行く道路の両側には数多くの牧場があります。

道北に限らず、同等なんかもよく見かけるのですが、国道を走っているとビニールに巻かれた円筒形の物体をたくさん見ることができます。

Photo

色は白が多いのですが、中には黒だったり、白黒の縞模様だったりします。
知っている人も多いと思いますが、これ牧草なんです。
牧草ロールと呼ばれたりしていますが、正式には「ロールベール」というのだそうです。
当然ながら中には牧草がぎっしり詰め込まれています。

Photo_2

北海道では冬場の牛の餌を確保するため、牧草を蓄えておく必要があります。
というと、普通は「サイロ」、そう、でっかい煙突のような建物を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
あのサイロ、実は一棟建設するのに2千万円から5千万円もかかるんだそうです。
高いやつになるとコンピュータ制御されていて、中の牧草の状態管理から牧草の出し入れなんかを自動でできるそうです。
ただの倉庫かと思っていたら大間違いですね。

で、そんな高価なサイロを建設・維持するのが大変だということで考案されたのがこのロールベールなのだそうです。
大体1個のロールベールで約400Kg、1頭の牛を一冬食べさせるのに5~6個くらい必要なんですが、こちらは1巻の費用が約800円で済むのだそうです。
う~ん、かなり格安。

最近は北海道の牧場もそんなに景気が言い訳ではないらしく、このロールベールはそんななか生まれた知恵の結集ってところですかね。
今や北海道の風物にもなっている「ロールベール」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月15日 (土)

名寄から稚内へ① ~ 美深「チョウザメ館」

北海道は道北、名寄から国道40号線を稚内方面へ、約15分の名寄バイパスを降りたところに美深(びふか)という町があります。

そして、その国道40号線沿い、美深の市街地を抜けたあたりに、「道の駅 美深」があります。
この道の駅から裏側に通じる道があり、そこに「美深アイランド」という美深町が町おこしのために開発したレジャー施設があります。
ここには、温泉からキャンプ場、野外ステージ等や各種体験イベントまでいろいろ楽しめるようになっているのですが、中でも異彩を放っているのはなんといっても「チョウザメ館」という水族館でしょう。

Photo

チョウザメって言うと、あのキャビアの魚でしょ。
ということはキャビアの試食なんかができる訳?
ということで、ちょっと期待して中へ入ることに。

ところが、ここには受付らしきものがない、誰もいない、なので入場料はタダ。
本当にキャビア食べられるのかちょっと不安。

中に入ると、大きい水槽の中にチョウザメがウヨウヨ泳いでいる。
説明によると、チョウザメもいろんな種類があり(28種類)、北半球の中緯度以上の広い範囲に生息しているそうだ。
一応日本もその生息地域の中に入っている。
でもチョウザメを見るのは生まれて初めてなんですけど。

01

かなりグロテスクな感じ。
でも、このお腹の中には、キャビアが。ウフフ...
早く試食してェ~。

さらに奥へ進むと、4つの水槽が並んでいて、幼魚から成魚まで分けられている。
一番手前の水槽が幼魚で、僕が見た時は、たまたま1匹元気な幼魚がいて、水槽から頭を出して、飛び出しそうなくらい跳ねていた。ちょっとキモカワいい?

水槽には窓が付いていてそれぞれの成長過程による違いなんかが観察できる。
チョウザメの腹の部分をみると、あぁなるほどサメだなってわかったりする。

02

ふと壁を見ると、卵の取り出し方が解説してある。
キャビア..の写真だ。
説明によると、キャビアじゃなくて卵は、メスのお腹を切り開いて取り出すそうだ。
いわゆる「帝王切開」ってやつ?
1匹のメスから結構な卵が獲れるようだ。
しかも、卵を取り出したメスはまたお腹を縫合し、元の場所へ戻すと3~4年後また卵を持つらしい。
チョウザメの寿命は長いもので100年以上だそうだから、1匹のメスから何度もキャビアが獲れることになる。
なかなかお得じゃないですか。

水族館はこれでおしまい。
あれ、たったこれだけ?キャビアの試食は?
エッ?そんなのできるわけない?
僕の、単なる妄想?

結局、キャビアは食べずじまいで、美深を後にしたのでした。

ちなみに、あとで調べたら、隣の温泉施設で食べることができたそうです。
当然有料ですけどね。
う~ん、そうだったのかぁ。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月14日 (金)

陸上自衛隊名寄駐屯地

陸上自衛隊名寄駐屯地というところに行って来ました。

言うまでも無く北海道は名寄市にあります。
最寄の空港は旭川空港なので空港からバスで行ったのですが、旭川からは70キロも離れていて、高速に乗るのですが、高速道路には車が皆無といっていいほどいませんでした。

名寄駐屯地には第3普通科連隊、第4高射特科群という部隊をはじめ、9つの部隊が所在しています。
名寄市の人口が約3万人なのに対し、自衛隊員は2000人程、家族も入れると5~6千人にはなるでしょうから、5人に1人は自衛隊関係者ということでしょうね。

さて、名寄駐屯地には「北勝館」という資料展示室があります。
今回そこを見学することができました。

Photo

ここの目玉はなんといっても「第1次イラク復興支援群」関連展示でしょう。
番匠群長を筆頭とする始めてのイラク派遣部隊がここから出たのですから。

Photo_3

番匠さんといえば、こないだ参議院選挙で当選した「ひげの隊長」こと佐藤正久議員の当時の上司に当たる人で、番匠さんはここの第3普通科連隊長からイラクへ派遣されたのだそうです。
ということで、イラクで彼が着ていた戦闘服なんかも展示してありました。

Photo_4

名寄の隊員さんたちの現在の主な仕事のひとつが遭難者の捜索なのだそうです。
最近では利尻島の遭難者を捜索するのに105名もの隊員さんたちが出動したそうです。

1名の人を捜すのにこれだけの苦労をしなければならないということは、それだけ費用もかかるということだし、ということはそれだけの税金が使われる訳だから、遭難事故を起こさないよう民間の我々も本当に気をつけなければならないと感じました。

そういえば、こないだの台風9号の時でも、増水した川を見に行くといって行方不明になってしまった人がいたけど、あんなバカなことをやってしまうと大勢の人に迷惑をかけることになるんですよ。
ほんと、注意しましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

パソコン買い替えたい

最近パソコンの調子が悪い。
なんせ5年ほど前に自作したPCなので、いい加減重くなってきている。
OSはもう何度も入れ替えた。
DVDやネットTVもイマイチ反応悪いし、こないだは突然IEが動かなくなるしで、いい加減PCを買い替えたい。

また自作もいいのだけれど、最近のPCの知識はだいぶ分からなくなってきているし、イチから組み立てるのも面白いけど、年のせいかちょっと面倒だと思ったりする。

なので、とりあえずメーカー製PCを検討することにしよう。
といっても、富士通などの大手メーカーから秋葉原系ショップPCと言われるものまでいろいろある。

まずはネットで最近の動向をチェック。
秋葉原の情報や最近のCPU、メモリの価格を知りたければ、

アキバPCホットライン : http://www.watch.impress.co.jp/akiba/

が便利。

あと、価格比較をやるのであれば、「価格.com」もいいのだけれど、僕がよく利用するのは、

ベストゲート : http://www.bestgate.net/

あと、

アキバのショップ系PCを調べるのなら、

e-Arena(イーアリーナ) : http://www.earena.co.jp/

がいいんじゃないかな。
ここは、ショップブランドPCだけでなく、各種パーツも比較しながら購入できる便利なサイトだと思う。

いろいろ調べた中で最終的に候補としたのが次の2つ。
1つは、富士通の新製品「FMV DESKPOWER CE50X9」
もう1つは、マウスコンピュータの「Lm-i431S-aB1」

なぜ、この2つにしたかというと、「FMV」は今週出たばかりの新製品で、何といってもついてくるソフトが充実していること。
今自宅にあるPCにはもうかなり古いソフトが入っていてほとんど使っていない状況。
これだけのソフトを個別に買い直したら相当な金額がかかるだろうから、ちょっとお得?
もう1つの「マウス」は、コストパフォーマンスが圧倒的に優れているということ。
CPUがCore2DuoE6550、22インチワイドディスプレイのセットにVistaがついて11万円は激安だと思ったから。

とりあえずこれらの実物を見てみることにしよう。
ということで、次回実物チェックに出かけます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »