« 名寄から稚内へ① ~ 美深「チョウザメ館」 | トップページ | パソコン買い替えた »

2007年9月16日 (日)

名寄から稚内へ② ~ ロールベール

名寄から稚内へ行く道路の両側には数多くの牧場があります。

道北に限らず、同等なんかもよく見かけるのですが、国道を走っているとビニールに巻かれた円筒形の物体をたくさん見ることができます。

Photo

色は白が多いのですが、中には黒だったり、白黒の縞模様だったりします。
知っている人も多いと思いますが、これ牧草なんです。
牧草ロールと呼ばれたりしていますが、正式には「ロールベール」というのだそうです。
当然ながら中には牧草がぎっしり詰め込まれています。

Photo_2

北海道では冬場の牛の餌を確保するため、牧草を蓄えておく必要があります。
というと、普通は「サイロ」、そう、でっかい煙突のような建物を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
あのサイロ、実は一棟建設するのに2千万円から5千万円もかかるんだそうです。
高いやつになるとコンピュータ制御されていて、中の牧草の状態管理から牧草の出し入れなんかを自動でできるそうです。
ただの倉庫かと思っていたら大間違いですね。

で、そんな高価なサイロを建設・維持するのが大変だということで考案されたのがこのロールベールなのだそうです。
大体1個のロールベールで約400Kg、1頭の牛を一冬食べさせるのに5~6個くらい必要なんですが、こちらは1巻の費用が約800円で済むのだそうです。
う~ん、かなり格安。

最近は北海道の牧場もそんなに景気が言い訳ではないらしく、このロールベールはそんななか生まれた知恵の結集ってところですかね。
今や北海道の風物にもなっている「ロールベール」でした。

|

« 名寄から稚内へ① ~ 美深「チョウザメ館」 | トップページ | パソコン買い替えた »

VIVA!北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名寄から稚内へ② ~ ロールベール:

« 名寄から稚内へ① ~ 美深「チョウザメ館」 | トップページ | パソコン買い替えた »