« 陸上自衛隊竹松駐屯地 | トップページ | 長崎皿うどん in 東京 »

2007年10月 9日 (火)

腕時計

僕は腕時計をしない時の方が多い。
理由は3つ。

第1の理由は、違和感を感じるということ。
重い時計は特にそうなので、僕が持っている腕時計は軽くて薄っぺらい物が多い。
あと、シャツや背広に腕を通す時、腕時計のせいで引っかかったりすることがある。
あれって結構不愉快だったりする。

第2の理由は、手首に汗をかくから。
さっきも言ったとおり、僕が持っている腕時計は薄っぺらい物が多いのだが、そういう時計って大体は革製のバンドである。
革製のバンドってやつは、汗をかいて放っておくと汗を吸い込んで、放っておくと臭くなってくる。
僕は元来几帳面なほうではないので、毎日バンドの手入れなんかしないもんだから、ひと夏過ぎるとバンドの臭いがきつくてたまらなくなる。
こないだなんか、バンドが汗と熱で溶け出し、手首が真っ黒になった。
そんなに安物バンドではなかったのだけど、これには閉口した。

という訳なので、僕の場合毎年バンドを買い替えているのだが、バンドってビッ○カメラで半額で買っても3000円以上はする。

第3の理由は、携帯電話で時間はわかるから。
携帯を持つようになって、腕時計の機能は携帯で代用できるようになった。
僕の場合、携帯はいつも胸のポケットに入れているので、取り出せばいつでも見れるから腕時計の必要性は薄れてきている。

ただし、何らかの理由で携帯電話を携帯できないときは困る。
例えば飛行機に乗るときなどだ。
飛行機に乗る際は当然ながら電源を切らなくちゃいけない。
でも、あとどれくらいで目的地に到着するか気になってしょうがない時って以外に多かったりする。
そういう時は腕時計って便利なんだな、やっぱり。

ところで、こないだ知り合いの腕時計を何気なく見たら、不思議なはめ方をしているのに気がついた。
その人は右利きなので左の手首にはめている。
それはごく当たり前なんだけど、なんと文字盤が逆さまなのだ。
つまり、12時の針の位置が2本とも真下に来るということである。
理由は定かではないが、もう何年もこのはめ方をしているので、全く違和感はないそうだ。

たしかに右利きの人でも右手にしている人もいるわけだし...
文字盤が逆さになるようにはめていてもおかしくはないか...

う~ん。腕時計のしかたひとつとっても答えはひとつじゃないんだなぁ。
と、つくづく実感した出来事でした。

|

« 陸上自衛隊竹松駐屯地 | トップページ | 長崎皿うどん in 東京 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 腕時計:

« 陸上自衛隊竹松駐屯地 | トップページ | 長崎皿うどん in 東京 »