« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月27日 (火)

胃カメラ初体験記 ~ 後編

~ 前編のつづき ~

検査室には医師が1人、助手(看護婦)が2人が待ち構えていた。
中央に診察台(ベッド)、そしてその横に大きな胃カメラの機械が居座っている。
「仰向けに寝てください」
と助手に言われ、横になるとさっきとは違う麻酔薬を飲まされる。
液体を口に含んだ後、首を大きく左右に振った後、今度は飲み込む。
液体が喉を通る時軽い刺激を感じる。

横向きになり、マウスピースをくわえたらいよいよ胃カメラの登場だ。
どす黒いチューブは想像していたよりも太い。
いよいよ挿入だ。
マウスピースの穴を通して管が入ってきた。
「楽にして」と言われるが、さすがに緊張感で一杯。
先端が喉に達したところで、さっそく強烈な嗚咽が沸き起こる。
やっぱり最初の麻酔薬を5分で吐き出したのが仇になったようだ。

自分の体の中へズンズンとチューブが入っていくのがわかる。
そう、エイリアンに体の中を侵食されているみたいな気分だ。
嗚咽は止まらない。
看護婦が背中を撫でてくれているようだが、ほとんど意味なし。
やがて、胃カメラは胃に達した模様。
そのあたりで、ようやく嗚咽が治まってきた。
エイリアンは胃を通り過ぎ、十二指腸へ侵入したらしい。
そこまで行くなんて聞いてないよ。

ところでこの機械、胃を膨らませるために常に空気を送り込んでいるらしく、嗚咽が治まったと思ったら今度はゲップが出だした。
医者から、ゲップを我慢してと言われるが無理なものは無理。

ひととおり十二指腸をまさぐられた後、エイリアンは胃に戻って来た。
ここで、医師がモニタを見るよう促される。
やや首を持ち上げ、モニタを見ると、自分の胃の中の様子が映し出されている。
もちろん自分の胃の中を見るのは初めて。
きれいなピンク色をしている。
医師が管を動かすとピンク色の壁がウネウネと動く。
へぇ、胃の中ってこうなってるんだ。
「とてもきれいな胃ですよ」と言われるが、「きれい」の基準が判らないし、チューブを咥えているしで返事に詰まる。

「これがポリープですね」
と医師が言うと、モニタに問題のポリープが映し出された。
4ミリ程度のイボみたいな物体がピンク色の壁にくっついている。
「でもこれは全然問題ないので大丈夫ですよ」
ふ~ん、全然問題ないのか。でも、本当か?
これからも問題ないのか?
なんて若干の疑問を持ちながら、モニタを見ていると、
「では、これで終わりです」と言いながら、医師の命令でエイリアンは撤退を開始した。

エイリアンの撤退が完了し、やっと私の体に平和が戻ってきた。
エイリアンの侵入時間は賞味10分弱くらいだったようだが、僕的には1時間くらい居座られていたような気分だ。
とても疲れた。ぐったりだ。いや、本当に疲れた。

・・・・・・・・・・

予想通り、その日の午後は麻酔と疲れからほとんど仕事になりませんでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

胃カメラ初体験記 ~ 前編

先週水曜日、朝から内視鏡検査に行ってきました。
いわゆる「胃カメラ」ってやつです。

8月の定期健診で胃部レントゲンで引っかかって再検査となったためです。
なんでもポリープが見つかったとか。
「ポリープ」って、あんまりいい響きではないですよね。
ただ僕の場合、8月にひっかかった再検査が11月の今頃にあるってことなので、そんなに深刻ではないんだろうな、なんて思いながら初体験に臨みました。

胃カメラって、あの黒っぽいチューブみたいなやつを飲み込むだけかと思っていたんだけど、やってみてこれが意外と大変でした。
結果から言うと、二度とこんな検査受けたくないと思いました。

で、どんな内容かというと......

・・・・・・・・・・

当日は9時半の予約。
ほぼ時間通りに病院に到着し、さっそく受付へ。
簡単な問診表に必要事項を記入した後、血圧を測定。
血圧は普段より、ちょっと高め。
やっぱりちょっと緊張しているのかなぁなんて思いながら廊下のベンチで待っていると、女性の看護士から「中へどうぞ」と案内された。
まずは更衣室で上半身のみ検査着に着替える。

着替えが終わると控え室へ移動。
ここには大きなリクライニングチェアがあり、すでに2名ほどが座って待っていた。
2人のの男性はなにやら上を向いてじっとしている。

椅子と椅子の間にはパーテーションで隣が見えないようになっている。
椅子の前にはちょっとしたテーブルとゴミ箱があり、テーブルにはティッシュペーパーが置いてある。
しばらく待たされた後、看護士からまず液体の薬を飲まされる。
飲むヨーグルトみたいな白っぽい液体だ。そんなにまずくはない。
これは、胃の中ををきれいにする薬らしい。

次に透明なジェル状の液体を飲まされる。
これは飲み込まず、10分間程度喉の奥の方に溜めておくよう指示される。
何でもこれは喉にチューブを通しやすくするための麻酔薬らしい。
隣の人が上を向いてじっとしていたのはこの工程の最中だったようだ。
ところが、これが結構苦しい。
しばらく口に含んでいると、まず舌がしびれ出す。
その後、唾液がたくさん出てきたらしく、口から液体が溢れそうになる。
苦しくなってもがいていると、看護士が来て、
「苦しくなったら出してもいいですよ」と言われ、渡されていたビニール袋に思わず吐き出してしまう。
ティッシュとゴミ箱はこの時口を拭くためのものだったようだ。
結局口に含んでいたのは5分くらいだったんだけど、これがあとで仇となることに...

次に、肩に注射を打たれる。
この注射の目的は、胃の緊張をほぐすものらしい。
「薬を注入するときにちょっと痛みますけど、我慢してくださいね」
と言われたとおり、針を刺す時よりも液体を注入される時が結構痛い。

これらの事前準備をひととおり終えた後、いよいよ検査室へ入るわけですが、
この続きは後編で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

トロイオンス

最近よくニュースなどで、レアメタル(希少金属)の価格が高騰しているという話題をよく耳にしますよね。
原因はいうまでもなく急成長著しい某国のせいらしいのですが、原油だけでなくいろんなものが値上がりするのは、一般庶民の我々にとっては打撃だし、先行き不安でいっぱいです。

そういえば最近は値段を上げるだけでなく、内容量をチョットずつ減らしたりもしているそうで、たとえば某社の板チョコなんかは定価は変えないのだけれど内容量を5グラム程減らしている、なんてのをうちの妻が発見して怒っていました。

ちょっと話が横道にそれましたが、今回僕が気になったのは、ニュースで言っていた「トロイオンス」という言葉。
どうも金属の重さの単位らしい。
「グラム」や「オンス」っていうのはよく聞くけど、この「トロイオンス」っていうのは今まで耳にしたことがない。
天気予報なんかで言う「ヘクトパスカル」が昔は「ミリバール」だったように(古っ)、新しい国際標準の単位ができたのかな、なんて気になったので調べてみました。

いろいろ調べた結果、「トロイオンス」は昔からある単位で、金やプラチナなど希少金属や宝石の原石の重さを表す単位なのだそうです。

「オンス」と「トロイオンス」は同じようで実はちょっとだけ違うようで、
1オンス = 28.3495231グラム なのに対し、
1トロイオンス = 31.1034768グラム
とトロイオンスのほうは微妙に重いのだそうです。

また、この「トロイオンス」という単位は、中世の時代フランスの商業都市トロイで使われていたのに由来するそうで、とっても由緒ある単位なんですね。

ちなみに、1トロイオンス=480グレーンと説明してあったのですが、この「グレーン」という単位も初めて耳にする単位だったので、こちらも調べてみました。
でもこれ以上説明を加えると長くなるので割愛します。
・・・気になる方は自分で調べてネ。

通常よく耳にする「オンス」に対し、この「トロイオンス」のことを「金衡オンス」と言って区別するらしいです。
「オンス」にも「トロイオンス」にもほとんど縁のない僕にとってはどっちでもいいことなんですけどね。

それよりも板チョコの内容量をだまって減らすの勘弁してよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

テレビ購入奮戦記 ~完結編~

【この話は約1年前の出来事ですが、ある方のリクエストに応えて掲載しています】

・・・戦闘編のつづき。

塚地はレジのキーをパソコンのキーボードよろしく叩きはじめた。
あと、イヤホンマイクで誰かと話をしている。
最近のレジは進化しているんだなぁ。
おそらく、値引きとポイント利用で、いくらまでいけるのかをホストコンピュータとやり取りしながら計算しているんだろう。

10分近く待たされただろうか。
塚地が電卓に数字を入れてこちらへ見せる。
「これでいっぱいいっぱいです」と言って見せられた数字は212,000円。
わざわざ電卓使う必要ないだろって。

「どうしても20万円にはなりませんか?」

「いっぱいいっぱいです。」

「ネットで最安値を調べたんですけど、20万円以下にはなると思うんですけど。」

「ネット価格までは安くできません」

う~ん。塚地、かなり手強いぞ。

よし、こうなったら最後の手段だ。

「ところでデジカメはいくらで計算してますか?PCデポで1GBのSDカードを付けて27,800円で売ってましたけど、そこまで引いてくれませんか?」
すると、塚地、
「ちょっ、ちょっと待ってください」
と今度はカメラ売り場のほうへ歩き出した。

カメラ売り場の店員となにやら会話したあと、例のイヤホンマイクに向かって、「PCデポは他店割引できます?」みたいなことを言うと、なにやらウラを取り出したようだ。
2~3分して、
「分かりました。もう一度計算しなおしますのでもうしばらくお待ちください」
といって、再び「レジマシーン」に向かって格闘しはじめた。

またまた10分くらい待たされて、持ってきた数字が209、690円。
時間の割にはあんまり安くなっていないような...

「本当にこれでいっぱいいっぱいです」

「これ以上は無理?」

「いっぱいいっぱいです」

貴様はオッパイ星人、いや、いっぱい星人かぁ。

でもそろそろ決着をつけよう。

「じゃあ、分かりました。端数を切って209,000円で手を打ちませんか。その代わり、なにかサービスしてよ。例えばDVDメディアとか、ネ。」とこちらからいっぱいいっぱいの笑顔で問いかけた。
塚地は、勘弁してくださいよ、という顔でこちらを見ながら、しばらく考えた後、
「わかりました。」
これで交渉成立。

結局、ポイントの計算が複雑だったようで、最終的には208,330円となり、パナソニック純正のDVD-Rメディア10枚がおまけで付いてきた。

塚地、お前って本当はいいやつなんだな。
よしっ、俺とお前は今日から共に戦った戦友だ。これからもよろしくなっ!

その日の夕方には商品が自宅に到着、テレビは5年保証だし、自宅でセッティングまでしてくれたので、目標の20万円からちょっと足が出たけど、これならいいかと一応大満足。

Photo_2

ということで、テレビ購入奮戦記はこれでおしまい。

(ちなみに、写真のテレビ台は予算がないため手作りです。(^_^;)

【この話を今年の冬のボーナスでテレビを買おうとしている友人Fへ捧げます】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビ購入奮戦記 ~戦闘編~

【この話は約1年前の出来事ですが、ある方のリクエストに応えて掲載しています】

・・・出陣編のつづき。

パナソニックの32インチ液晶テレビはLX60とLX65という2種類があって、LX65の方が当然新しいし値段も高い。
店頭表示価格で6万円ほど開きがある。
でも、ネットで調べたところ、LX60はビエラリンクこそできないが、最近のLX60はLX65と同じ液晶パネルを使っているらしく画質的には新製品と全く遜色ないとのことなので、性能的にはほとんど同じと考えると、値段の安いLX60の方が断然買いだ。

まずテレビの値札をチェック。
目的のTH32LX60は14万6千円の10%ポイント還元の値札がついている。ということは13万ちょっとということか。
予想していたより安い。でもまだまだだなぁ。
ビエラの前で塚地、いや村上だったかな?とにかく店員に切り出した。

「テレビが壊れてしまったんで今日買いに来たんですけど、これ(LX60)どれくらいまで安くなります?」
するとお決まりの電卓を取り出して、こちらに見せる。
13万円ちょうど。そんな数字なら、電卓いらないだろっ!
で、「これが限界です」とお決まりの文句。
おい塚地、挑戦的だな!
では次の作戦だ。

「どうせならHDDレコーダーも一緒に買おうかなと思ってるんだけど、やっぱり同じメーカーのものがいいですかねェ?」
「相性とか考えるとそのほうがいいでしょう」
ということで、HDDレコーダー売場へ移動、目的のXP-10の値札をチェック。
7万2千円の10%還元ということは6万5千円くらいか。

デジカメは1GBのSDカード付きで30,300円のセール品とチラシにも出ている商品なので、そんなに引かないだろうし、これじゃカメラまでは買えないなぁ。
しょうがない。
作戦を変更してこちらから討って出るしかないっ。

「あと、デジカメもだいぶ前に壊れてて、この際だから一緒に買おうと思ってるんですよ。公告の品のIXYデジタル70。全部まとめて20万円で売ってほしいんですけど。」

塚地の眉が動いた。
「ちょっ、ちょっと待ってください。」
といってレジの前に行って、レジのキーボードを叩きだした。

・・・「テレビ購入奮戦記 ~完結編~」へつづく。

つづきはこちら。 : http://hirohi.cocolog-nifty.com/hirohi1/2007/11/post_65ae.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビ購入奮戦記 ~出陣編~

【この話は約1年前の出来事ですが、ある友人のリクエストに応えて掲載しています】

先月あたりからうちのテレビの調子が悪く、騙し騙しというかバンバン叩きながら見ていたんだけど、今週初めくらいからついに画面が真っ暗になってしまった。
もう10年近く使っているシャープ製のブラウン管テレビなので、よくここまで頑張ったとも言えるのだが...

で、今日○マダ電機へ買いに行くことにした。
どうせ買うんだったらHDDレコーダーもついでに買っちゃおう、どうせ買うんだったらこないだ壊れたデジカメも一緒に買っちゃおうってことで、買う機種もズバリ決めうちして、あらかじめネット(ベストゲート)で最低価格を調べたところ、3つの合計でだいたい20万円くらいかなと見積った。
思ったより安いっ。
ちなみに買おうと決めた3つとは、

テレビ:Panasonic32インチ液晶 VIERA(ビエラ)TH32LX60

HDDレコーダー:Panasonic DIGA DMR-XP10

デジカメ:CANON IXY DIGITAL 70(+1GB SDカード)

だけど○マダ電機だからそんなに安くはならないことも考えながら、いざ出陣。

平日だけあって、お店はガラガラ。
テレビ売り場へ行き、いろんなメーカのテレビを物色する。
最近ソニーも巻き返しを図っているのか、力が入っているようだ。
でもソニーのBRAVIA(ブラビア)って、なんとなく赤っぽくない?
やっぱりVIERAのほうが画質は好きだな。
ビクターのEXE(エグゼ)もなかなかきれいじゃん。

なんて、結構な時間妻と2人でテレビ売り場をウロウロする。
でも、店員がなかなか寄ってこない。
俺らをただの見物客だと思ってんのか?
俺らが本気で買いに来たのに、おまえら気づかんのかいっ。
まったく、売る気あんのか? ○マダ電機。

しょうがない、VIERAの前でこっちから声をかけることにした。
相手の店員は30歳くらいのドランクドラゴンの塚地にちょっと似た男性店員。
名札を見ると、村上って書いてあるけど。

よし、相手にとって不足はない。
いよいよ戦闘開始だ。

・・・「テレビ購入奮戦記~戦闘編~」へつづく。

つづきはこちら : http://hirohi.cocolog-nifty.com/hirohi1/2007/11/post_111b.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

小沢さんの行動って...

民主党の小沢さんが代表復帰を決めた。

いまさら言っても何だが、僕はうっすらこうなる(代表はやめない)ことを予測していた。

というか、すべて筋書きができていたのではないかと思う。

もともと小沢さんは、二大政党制で日本の政治を動かすのを理想とする人だ。
ちなみに、僕もこの点に関しては大賛成だ。

今回、参院選で民主党が圧勝し、勢力、実力的にも民主党が政権を取れる可能性が出てきた絶好の時期に代表を辞任するなんて解せない。
しかも、福田さんからの連立案を持ち帰ったくらいで党内の批判を浴び、自分への不信任だと言って代表を辞任するなんて、もっと解せない。しかもあとから、これは離党ではないなんて付け足している。
 

小沢さんがいったん辞任を表明し、党員の後押しを受けて撤回するシナリオが最初からできていたのではないか。
しかもこれは民主党執行部のごくわずかな幹部による作戦遂行だったのではないかと思う。
 

では、なぜこんなことをこんな時期にやったのだろうか。 

理由はいくつかあるのだろうが、僕なりに分析して3つの理由を導き出した。 

第一の理由は、新生福田政権の出鼻をくじき、民主党ブランドを堅持すること。 

安部政権が崩壊し、自民党は世論の後押しを反映させる形で福田政権を誕生させた。
自民党にとっては、来る衆院選をにらんでの体制立て直しの大事な時期だ。
通常、世論の後押しを受けて政権を担うと、内閣支持率は上がる。
実際、今回福田政権の立ち上がりの支持率は各メディアとも60%にせまる数値で、予想をはるかに上回る結果であった。
内閣支持率が上がるということは、裏返すと民主党の支持率低下につながるだけに、民主党としても手を打つ必要がある。
多少リスクもあっただろうが、結果として内閣指示率を低下させることに成功したし、また小沢さんがメディアの話題を独占することで、国民の関心を再び民主党に集めることに一応成功したのではないか。
 

第二の理由は、公明党に対する揺さぶりである。 

今回の連立騒動で一番肝を冷やしたのは何といっても公明党だろう。
2大政党制を目指す小沢さんにとって、自民党にくっついている公明党は邪魔なはずだ。
できれば潰したいくらいだろう。
しかし、公明党は創価学会という強固な基盤の上に成り立っており、少数派ではあっても潰すことは困難だ。
ならば、自公路線を崩し、野党側に引き戻すことができれば、政権交代を早めることも可能だ。
共産党は永久野党だが、公明党は自民党にとっても使えるということは、民主党にとっても使えるということ。
味方につけておくことにメリットはあってもデメリットはないと考えているはずだ。
 

第三の理由は、党内再結束と士気向上である。 

民主党は先般の参院選で圧勝したとおり、今もっとも勢いのある政党であることは事実であるが、そのぶん新参者が多く、執行部側でも全員を完全に掌握できていないはずで、党内基盤としてみるとまだまだ脆さがあるはず。
国会議員もこれだけ増えたのだから、これからいろんな意見を言ったり、不満分子が出てきたりするリスクも高いはず。
事実今回の辞任劇でも、いろんな不満を持つ党員が顕在化しているようだ。
衆院選での過半数奪取を絶対目標におく党執行部としては、これらの不安要素を今のうちにひとつひとつ潰しておくことが必要である。
そうして、党内一枚岩となり来る衆院選に万全の体制で臨もうとしているのだと考える。
 

いずれにしても、作戦遂行にリスクはつきものであるし、今回の一連の騒ぎは目的があって行われたことに間違いはないはずである。

小沢さんの行動って、やはり常人の頭では予測困難である。 

最後にこれは、あくまでも僕の勝手な推論であるし、だから何だってこともないのだけど...

でも、当たっていたらちょっとは嬉しいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »