« テレビ購入奮戦記 ~出陣編~ | トップページ | テレビ購入奮戦記 ~完結編~ »

2007年11月16日 (金)

テレビ購入奮戦記 ~戦闘編~

【この話は約1年前の出来事ですが、ある方のリクエストに応えて掲載しています】

・・・出陣編のつづき。

パナソニックの32インチ液晶テレビはLX60とLX65という2種類があって、LX65の方が当然新しいし値段も高い。
店頭表示価格で6万円ほど開きがある。
でも、ネットで調べたところ、LX60はビエラリンクこそできないが、最近のLX60はLX65と同じ液晶パネルを使っているらしく画質的には新製品と全く遜色ないとのことなので、性能的にはほとんど同じと考えると、値段の安いLX60の方が断然買いだ。

まずテレビの値札をチェック。
目的のTH32LX60は14万6千円の10%ポイント還元の値札がついている。ということは13万ちょっとということか。
予想していたより安い。でもまだまだだなぁ。
ビエラの前で塚地、いや村上だったかな?とにかく店員に切り出した。

「テレビが壊れてしまったんで今日買いに来たんですけど、これ(LX60)どれくらいまで安くなります?」
するとお決まりの電卓を取り出して、こちらに見せる。
13万円ちょうど。そんな数字なら、電卓いらないだろっ!
で、「これが限界です」とお決まりの文句。
おい塚地、挑戦的だな!
では次の作戦だ。

「どうせならHDDレコーダーも一緒に買おうかなと思ってるんだけど、やっぱり同じメーカーのものがいいですかねェ?」
「相性とか考えるとそのほうがいいでしょう」
ということで、HDDレコーダー売場へ移動、目的のXP-10の値札をチェック。
7万2千円の10%還元ということは6万5千円くらいか。

デジカメは1GBのSDカード付きで30,300円のセール品とチラシにも出ている商品なので、そんなに引かないだろうし、これじゃカメラまでは買えないなぁ。
しょうがない。
作戦を変更してこちらから討って出るしかないっ。

「あと、デジカメもだいぶ前に壊れてて、この際だから一緒に買おうと思ってるんですよ。公告の品のIXYデジタル70。全部まとめて20万円で売ってほしいんですけど。」

塚地の眉が動いた。
「ちょっ、ちょっと待ってください。」
といってレジの前に行って、レジのキーボードを叩きだした。

・・・「テレビ購入奮戦記 ~完結編~」へつづく。

つづきはこちら。 : http://hirohi.cocolog-nifty.com/hirohi1/2007/11/post_65ae.html

|

« テレビ購入奮戦記 ~出陣編~ | トップページ | テレビ購入奮戦記 ~完結編~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テレビ購入奮戦記 ~戦闘編~:

« テレビ購入奮戦記 ~出陣編~ | トップページ | テレビ購入奮戦記 ~完結編~ »