« 長崎皿うどん in 東京 | トップページ | テレビ購入奮戦記 ~出陣編~ »

2007年11月 7日 (水)

小沢さんの行動って...

民主党の小沢さんが代表復帰を決めた。

いまさら言っても何だが、僕はうっすらこうなる(代表はやめない)ことを予測していた。

というか、すべて筋書きができていたのではないかと思う。

もともと小沢さんは、二大政党制で日本の政治を動かすのを理想とする人だ。
ちなみに、僕もこの点に関しては大賛成だ。

今回、参院選で民主党が圧勝し、勢力、実力的にも民主党が政権を取れる可能性が出てきた絶好の時期に代表を辞任するなんて解せない。
しかも、福田さんからの連立案を持ち帰ったくらいで党内の批判を浴び、自分への不信任だと言って代表を辞任するなんて、もっと解せない。しかもあとから、これは離党ではないなんて付け足している。
 

小沢さんがいったん辞任を表明し、党員の後押しを受けて撤回するシナリオが最初からできていたのではないか。
しかもこれは民主党執行部のごくわずかな幹部による作戦遂行だったのではないかと思う。
 

では、なぜこんなことをこんな時期にやったのだろうか。 

理由はいくつかあるのだろうが、僕なりに分析して3つの理由を導き出した。 

第一の理由は、新生福田政権の出鼻をくじき、民主党ブランドを堅持すること。 

安部政権が崩壊し、自民党は世論の後押しを反映させる形で福田政権を誕生させた。
自民党にとっては、来る衆院選をにらんでの体制立て直しの大事な時期だ。
通常、世論の後押しを受けて政権を担うと、内閣支持率は上がる。
実際、今回福田政権の立ち上がりの支持率は各メディアとも60%にせまる数値で、予想をはるかに上回る結果であった。
内閣支持率が上がるということは、裏返すと民主党の支持率低下につながるだけに、民主党としても手を打つ必要がある。
多少リスクもあっただろうが、結果として内閣指示率を低下させることに成功したし、また小沢さんがメディアの話題を独占することで、国民の関心を再び民主党に集めることに一応成功したのではないか。
 

第二の理由は、公明党に対する揺さぶりである。 

今回の連立騒動で一番肝を冷やしたのは何といっても公明党だろう。
2大政党制を目指す小沢さんにとって、自民党にくっついている公明党は邪魔なはずだ。
できれば潰したいくらいだろう。
しかし、公明党は創価学会という強固な基盤の上に成り立っており、少数派ではあっても潰すことは困難だ。
ならば、自公路線を崩し、野党側に引き戻すことができれば、政権交代を早めることも可能だ。
共産党は永久野党だが、公明党は自民党にとっても使えるということは、民主党にとっても使えるということ。
味方につけておくことにメリットはあってもデメリットはないと考えているはずだ。
 

第三の理由は、党内再結束と士気向上である。 

民主党は先般の参院選で圧勝したとおり、今もっとも勢いのある政党であることは事実であるが、そのぶん新参者が多く、執行部側でも全員を完全に掌握できていないはずで、党内基盤としてみるとまだまだ脆さがあるはず。
国会議員もこれだけ増えたのだから、これからいろんな意見を言ったり、不満分子が出てきたりするリスクも高いはず。
事実今回の辞任劇でも、いろんな不満を持つ党員が顕在化しているようだ。
衆院選での過半数奪取を絶対目標におく党執行部としては、これらの不安要素を今のうちにひとつひとつ潰しておくことが必要である。
そうして、党内一枚岩となり来る衆院選に万全の体制で臨もうとしているのだと考える。
 

いずれにしても、作戦遂行にリスクはつきものであるし、今回の一連の騒ぎは目的があって行われたことに間違いはないはずである。

小沢さんの行動って、やはり常人の頭では予測困難である。 

最後にこれは、あくまでも僕の勝手な推論であるし、だから何だってこともないのだけど...

でも、当たっていたらちょっとは嬉しいかも。

|

« 長崎皿うどん in 東京 | トップページ | テレビ購入奮戦記 ~出陣編~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小沢さんの行動って...:

« 長崎皿うどん in 東京 | トップページ | テレビ購入奮戦記 ~出陣編~ »