« テレビ購入奮戦記 ~完結編~ | トップページ | 胃カメラ初体験記 ~ 前編 »

2007年11月19日 (月)

トロイオンス

最近よくニュースなどで、レアメタル(希少金属)の価格が高騰しているという話題をよく耳にしますよね。
原因はいうまでもなく急成長著しい某国のせいらしいのですが、原油だけでなくいろんなものが値上がりするのは、一般庶民の我々にとっては打撃だし、先行き不安でいっぱいです。

そういえば最近は値段を上げるだけでなく、内容量をチョットずつ減らしたりもしているそうで、たとえば某社の板チョコなんかは定価は変えないのだけれど内容量を5グラム程減らしている、なんてのをうちの妻が発見して怒っていました。

ちょっと話が横道にそれましたが、今回僕が気になったのは、ニュースで言っていた「トロイオンス」という言葉。
どうも金属の重さの単位らしい。
「グラム」や「オンス」っていうのはよく聞くけど、この「トロイオンス」っていうのは今まで耳にしたことがない。
天気予報なんかで言う「ヘクトパスカル」が昔は「ミリバール」だったように(古っ)、新しい国際標準の単位ができたのかな、なんて気になったので調べてみました。

いろいろ調べた結果、「トロイオンス」は昔からある単位で、金やプラチナなど希少金属や宝石の原石の重さを表す単位なのだそうです。

「オンス」と「トロイオンス」は同じようで実はちょっとだけ違うようで、
1オンス = 28.3495231グラム なのに対し、
1トロイオンス = 31.1034768グラム
とトロイオンスのほうは微妙に重いのだそうです。

また、この「トロイオンス」という単位は、中世の時代フランスの商業都市トロイで使われていたのに由来するそうで、とっても由緒ある単位なんですね。

ちなみに、1トロイオンス=480グレーンと説明してあったのですが、この「グレーン」という単位も初めて耳にする単位だったので、こちらも調べてみました。
でもこれ以上説明を加えると長くなるので割愛します。
・・・気になる方は自分で調べてネ。

通常よく耳にする「オンス」に対し、この「トロイオンス」のことを「金衡オンス」と言って区別するらしいです。
「オンス」にも「トロイオンス」にもほとんど縁のない僕にとってはどっちでもいいことなんですけどね。

それよりも板チョコの内容量をだまって減らすの勘弁してよ。

|

« テレビ購入奮戦記 ~完結編~ | トップページ | 胃カメラ初体験記 ~ 前編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トロイオンス:

« テレビ購入奮戦記 ~完結編~ | トップページ | 胃カメラ初体験記 ~ 前編 »