« ウォンカチョコレート | トップページ | 西諫早ニュータウン ~ 田舎の風景③ »

2008年1月16日 (水)

キッチンせいじのトルコライス

長崎出身の僕は、「トルコライス」と聞くととってもワクワクしてきます。
特に関東ではなかなか見つけることができないので、トルコライスが置いてある店を見つけると、必ずと言っていいほど入ります。

一方、長崎市内には、この「トルコライス」を置いている店は結構あり、あちこちで見つけることができます。
デパートや市役所の食堂、そして大学の学食なんかにもちゃんとあるんです。

あっ、トルコライスというのは長崎発祥の洋食料理のことです。

僕は学生時代、長崎市は新大工町にあった「アストリア」というちっちゃなレストランのトルコライスで育ったのですが、1、2年前に閉店してしまったらしいです。
すごく残念。

でも、浜の町にある本店は健在なので、あの味がなくなったわけではないし、ちょっと安心してます。
だって、トルコライスの発祥は、この「アストリア」だって言われてるくらいなんですよ。

ところで、ちょっと前からネットですごく気になる店がありました。

「キッチンせいじ」

地元ではかなり人気店らしいのですが、学生時代の僕の記憶にはない店でした。
昔からあっったのかなぁ。

そして、今回の正月休みに帰省した際、やっと体験することができました。
キッチンせいじのトルコライス。

場所はちょっとわかりにくい所にあるんですが、店構えがまさしく「路面電車」なので、かなり目立ちます。

Photo

中に入ると、まず左右2つに部屋が別れています。
右側の部屋は電車のミニチュアや昔の写真等が飾ってあり、すごくレトロでおしゃれな雰囲気を感じさせてくれます。
一方左の部屋は四方の壁に天井までぎっしりとマンガ本が並んでいて、漫画愛好家にとってはたまらない空間となっています。

で、結局左側の部屋へ案内され、早速注文。
オーダーは、もちろん、「トルコライス」。

しばらくして、きっ、来ました。気になっていた奴。トルコライス、900円。

Photo_2

見た感じは、いわゆるトルコライスの基本形って感じです。
カレーピラフの上にとんかつ、上にかかっているのはカレーソースだったかな。
あと、横に添えられるナポリタンとサラダ。
福神漬と味噌汁がちょっと家庭的?

たしか、アストリアのカツは卵でとじてあったのと、カレーソースではなくデミグラスソースだったと思うので、そのあたりがちょっと違うような。
ただ、ナポリタンの量が思ったより多い。
この辺は良心的。
で、この値段なら満足。でもって、お腹の方も満足。
味の方もそれぞれにしっかり味がついており、庶民的な感じで申し分ない。

あと、この店の特徴は、自家製マヨネーズ。
料理自体にも使われているそうなのですが、テーブルの真ん中にもドンと置かれていて、サラダなどに好きなだけかけて食べられるのが嬉しいじゃないですか。

ちなみに今回は家族で行ったのですが、この店は子供連れでも大丈夫。
「お子様トルコライス(600円)」というのがあるんです。

Photo_3

カツのサイズは半分ですが、ヤクルトとサイコロキャラメルが付きます。
あと、なぜかアメリカ国旗......
なかなかシュールな組み合わせでしょ。

キッチンせいじのトルコライス。
なかなか期待通りの味と内容で満足できました。

|

« ウォンカチョコレート | トップページ | 西諫早ニュータウン ~ 田舎の風景③ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております

あのさんざん迷惑かけた中田です

年賀状拝見しこのサイトにたどり着きました

しかし

白髪増えましたね(笑)

最近

市ケ谷にも行ってるんですよ

お会いしたいし

迷惑かけましたって頭下げたいです

それでは

投稿: nakada | 2008年1月19日 (土) 01時24分

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/grrfea/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

投稿: みんな の プロフィール | 2008年2月 4日 (月) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キッチンせいじのトルコライス:

» トルコライス(長崎郷土料理)とは [トルコライスとは~長崎郷土料理~,キッチンせいじのトルコライス]
長崎郷土料理で有名なトルコライスの概要と簡単なレシピを紹介 [続きを読む]

受信: 2008年1月16日 (水) 23時24分

« ウォンカチョコレート | トップページ | 西諫早ニュータウン ~ 田舎の風景③ »