« 陸上自衛隊仙台駐屯地 | トップページ | 陸上自衛隊日出生台演習場 »

2008年2月27日 (水)

歴代防衛大臣

先週のイージス艦「あたご」と漁船の衝突事故から1週間、もうお馴染みとなった防衛省の対応のまずさから石破防衛大臣の引責辞任を求める声があがっている。

参考記事 : http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20080226-OYT1T00365.htm
        (読売オンライン)

なにかと事実を隠ぺいしたがる防衛省の体質には呆れるばかりであるが、一方なにか起こると決まって退陣を要求する野党(特に民主党)もどうかと思う。

大臣が辞任したところで何も問題の解決にはならないし、むしろきちんと説明責任を果たすべきだし、今後二度と同じような事故を起こさないための対策を講じるべきだし、その後で引責辞任するのならどうぞって思うのは僕だけだろうか。

それはともかく、日本の閣僚ってよくコロコロと替わる。
特にこのところの防衛大臣の替わり方はすさまじい。

ということで、小泉政権以降の歴代防衛庁長官、防衛大臣をまとめてみた。

Photo

       ↑クリックして拡大

この7年弱の間に8人もの防衛のトップが入れ替わっている。
平均して一人1年もやっていないということになる。

特に2007年はすごかった。
1月に防衛省に昇格してからの防衛大臣はなんと4人。
交替の理由は首相交替や内閣改造時の組閣によるものがほとんどなのだが、こんなにコロコロ替わって、まともなマネジメントができるのだろうか。
というか内閣改造を頻繁にやる意味が理解できない。
「第1次小泉内閣第2次改造内閣」なんて言われても、「何だったっけ」って感じである。

国家を動かす省庁のトップなんだから、じっくり腰を据えて、すなわちきちんと戦略を立て、PDCAをひととおり回すところまでは責任を持って取り組むべきだと思う。

石破さんが今回の件で辞めるのか、もしくはいつまで続投するのかは判らないけれど、きちんと責任を持ち与えられた職務を全うすることを期待する。

|

« 陸上自衛隊仙台駐屯地 | トップページ | 陸上自衛隊日出生台演習場 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歴代防衛大臣:

« 陸上自衛隊仙台駐屯地 | トップページ | 陸上自衛隊日出生台演習場 »