« 陸上自衛隊久里浜駐屯地 | トップページ | 陸上自衛隊仙台駐屯地 »

2008年2月 8日 (金)

全国都市一覧

ここ2、3年、自分のスケジュール管理は、ある会社から頂いたダイアリーを使用しています。
その手帳は付録が充実していて、度量衡、郵便料金表、路線図といった定番のものの他に、世界地図なんかも載っているんですが、中でも個人的に気に入っているのが全国の主要都市一覧です。

各都道府県に存在する市の人口と市外局番が全て網羅されているんですが、これをいろんな角度で見てみるとおもしろい発見があったりするんです。

例えば...

最近ひらがな表記の市をよく見かけます。
2008年1月現在ひらがな表記の市はいくつあるのか数えてみました。

僕が調べた限りでは現在29のひらがな市が存在するはずです。

都道府県別でいうと、
青森県 : むつ市、つがる市
秋田県 : にかほ市
福島県 : いわき市
茨城県 : つくば市、ひたちなか市、つくばみらい市、かすみがうら市
栃木県 : さくら市
群馬県 : みどり市
埼玉県 : さいたま市、ふじみ野市
東京都 : あきるの市
千葉県 : いすみ市
石川県 : かほく市
静岡県 : 伊豆の国市
福井県 : あわら市
三重県 : いなべ市
兵庫県 : 南あわじ市、たつの市
和歌山県 : 紀の川市
香川県 : 東かがわ市、さぬき市
福岡県 : うきは市、みやま市
宮崎県 : えびの市
鹿児島県 : いちき串木野市、南さつま市
沖縄県 : うるま市

となります。
伊豆の国市と紀の川市はちょっと反則のような気もしますが、一応カウントの対象ということでご勘弁。

今のところ、2007年1月に福岡県みやま市が誕生して現在に至るはずです。

茨城県には4市とダントツの多さですね。

蛇足ですが、北海道に新ひだか町という町があります。
ここは、2006年3月の合併に際し、当初は静内町、三石町、新冠町の3つの町で合併して「ひだか市」になる予定でしたが、新冠町が合併から離脱したため市にはなれず、仕方なく「新ひだか町」となった経緯があります。
残念ですね。

次に、これらの市はもともとどんな漢字だったのかを調べてみました。

青森県 : むつ → 陸奥市、 つがる → 津軽市
秋田県 : にかほ → 仁賀保市
福島県 : いわき → 磐城市
茨城県 : つくば → 筑波市、ひたちなか → 常陸那珂市
       つくばみらい → 筑波未来市、かすみがうら市 → 霞ヶ浦 
栃木県 : さくら → 桜
群馬県 : みどり → 緑
埼玉県 : さいたま → 埼玉、ふじみ野 → 富士見野
東京都 : あきる野 → 秋留野
千葉県 : いすみ → 夷隅
石川県 : かほく → 河北
静岡県 : 伊豆の国
福井県 : あわら → 芦原
三重県 : いなべ → 員弁
兵庫県 : 南あわじ → 南淡路、たつの → 龍野
和歌山県 : 紀の川   
香川県 : 東かがわ → 東香川、 さぬき → 讃岐
福岡県 : うきは → 浮羽、みやま → 三山
宮崎県 : えびの → 蝦野
鹿児島県 : いちき串木野 → 市来串木野、南さつま → 南薩摩
沖縄県 : うるま → 宇流麻

これらの漢字は、もともとの地名そのものだったり、いくつかの町の漢字の組合せだったり、単なる当て字だったりします。
おもしろいのはつくばみらい市で、「みらい」自体は水海道(みつかいどう)の「み」、谷和原の「ら」、伊奈の「い」を組み合わせたものなんですが、漢字は単なる当て字だということ。
また、実際「水海道」はつくばみらい市からは離脱し、今は旧石下町を吸収して「常総市」となっているという、変わった経緯を持っています。

次の発見、
全国47都道府県のうち、(都道府)県庁所在地よりも人口が多い市が存在する都道府県はいくつあるか数えてみました。

調べてみると福島県、静岡県、三重県、山口県の4つが該当していて、

まず、福島県ですが、
福島市 290,059人 に対し、
いわき市 352,360人
郡山市 339,071人 
です。
県庁所在地が第3位というのは福島県だけでした。

次に静岡県ですが、
静岡市 712,170人 に対し、
浜松市 807,073人
です。
2005年3月末時点では、
静岡市 701,735人
浜松市 581,162人
だったのですが、2005年7月1日の大合併により、浜松市の人口が80万人を突破し静岡市を抜いて静岡県で最も人口の多い市となりました。

次に三重県ですが、
津市 288,600人 に対し、
四日市市 304,941人
です。
実は2005年3月末時点では、津市は鈴鹿市と松阪市より人口は少なかったのですが、2006年1月1日の2市6町2村の大合併により四日市市に迫る人口となりました。

最後に山口県ですが、
山口市 191,023人 に対し、
下関市 288,518人
です。
山口市も三重県と同様、2005年3月末時点は宇部市と周南市に負けていたのですが、2005年10月1日に周りの4つの町を飲み込んで下関市に次ぐ人口となったのでした。

ちなみに下関市は北九州市と合併するなんて噂もあるようです。
県を越えての合併って有り得るんでしょうかね。
もし合併した市が福岡県になったら、山口市がタナボタでNo.1になれるんですけどね。

あと、関係ないけど、今僕が住んでる三郷市は草加市、越谷市、吉川市、八潮市、松伏町と合併する噂があるようです。
そうすると100万都市に迫る大都市になるそうです。
僕的には、三郷市生まれではないので三郷市には未練もないし、合併した方がメリットありそうだから賛成ですけど...
いったいどうなることやら......

|

« 陸上自衛隊久里浜駐屯地 | トップページ | 陸上自衛隊仙台駐屯地 »

雑学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全国都市一覧:

« 陸上自衛隊久里浜駐屯地 | トップページ | 陸上自衛隊仙台駐屯地 »