« 金鱗湖 ~ 「泉」と「暖温啼」 | トップページ | クラシックコンサート »

2008年3月15日 (土)

「由布院」と「湯布院」

今回、大分県由布市に出張したわけですが、行く前から気になっていたことがありました。

それは、「由布院」と「湯布院」。

温泉名は正式には「由布院温泉」。
でも「湯布院温泉」の表記も見かける。

JRの駅名は「由布院駅」。

高速道路は「湯布院IC」。

役所は「由布市役所湯布院庁舎」。

小学校は「由布院小学校」なのに、
中学校は「湯布院中学校」。

美術館は「由布院美術館」。

そして自衛隊は「陸上自衛隊湯布院駐屯地」。

どちらも「ゆふいん」には違いないんですが、漢字表記の使われ方にどうも一貫性がない。

なぜ、2つの「ゆふいん」が存在するのだろうと思い、いろいろ調べていくと、どうも現在の由布市になるまでの市町村合併の歴史を紐解いていくことで理由が見えてくることがわかりました。

まず、今の由布市が施行されたのは2005年(平成17年)10月1日。
いわゆる平成の大合併により、大分郡のうち湯布院町、挾間町、庄内町の3つの町が合併して誕生しました。
つまり、今の由布院温泉がある地域はそれまでは「湯布院町」だったということになります。

さらに遡ること50年。
1955年(昭和30年)2月1日、当時の由布院町と湯平村が合併して「湯布院町」が発足。
ということは、それまでは今の由布院温泉がある地域は「由布院町」だったということになります。

1936年(昭和11年)4月1日に北由布村と南由布村が合併して由布院村が誕生しているので、「由布院」という地名はこの年から始まったことになります。

さて、最初に並べたいろんな名前の漢字表記についてですが、
それぞれが誕生した時代の地名がどちらだったかによって決められたのではないかという仮説を立てることができます。

さっそく調べてみましょう。

僕が調べている間、狭霧台から見た湯布院の風景をお楽しみください。

02

03

さて、まずは由布院駅。
もともとは「北由布駅」だったのですが、1950年(昭和25年)1月1日に現在の由布院駅に改称。
なので、由布院駅の名称がつけられた時は「由布院町」。

次に湯布院IC。
湯布院ICが誕生したのは、1989年(平成元年)7月20日に大分自動車道湯布院IC~別府IC開通により誕生。
なので、湯布院ICが誕生した時は「湯布院町」。

次に、由布院小学校と湯布院中学校。
ネットではいつ設立されたか探し当てることができませんでしたが、どちらも昭和30年代に卒業した人たちの同窓会が存在することから、
どちらも誕生時は、おそらく「由布院町」か「由布院村」。

中学校が仮説と合いませんが、貴重なコメントを発見。

「昔、由布院町と湯平村が合併して湯布院町となりました。それから町内に1つしかないものは湯(例えば中学校は1校なので、湯布院中学校)、2つ以上あるものは昔のままの由を使っています(小学校は3校あるので由布院小学校)。」

参考URL : http://www.windsnet.ne.jp/staff_room/44.html

つまり、昭和30年湯布院町が施行されたのに伴い、由布院中学校から湯布院中学校へ改称されたらしいのです。

次に由布院美術館。
この美術館は湯布院で亡くなった放浪の詩人画家、佐藤 渓という人物の作品を展示することを目的に、1991年(平成3年)7月に建てられました。
なので、由布院美術館がたてられた時は「湯布院町」。あれ?

こちらの場合、いくつかの情報を総合すると、1つは公共施設ではないため特に時代の自治体名称に縛られる必要がなかったこと、そして、由布岳、由布院温泉という自然や歴史の重みを感じさせるのは「湯布院」ではなく「由布院」であったことから、「由布院」の表記を採用したと思われます。
(違っていたらゴメンナサイ)

最後に陸上自衛隊湯布院駐屯地。
こちらは、昭和31年1月に駐屯地が開設されました。
なので、湯布院駐屯地が開設された時は「湯布院町」。
もし、駐屯地開設があと1年早かったら、由布院駐屯地になっていたのかも知れませんね。

ということで、一部私立の施設を除き、最初に立てた仮説がほぼ成り立つことが証明されました。

ん~、すっきり!!

~~~自己満足の世界に陶酔中~~~。

|

« 金鱗湖 ~ 「泉」と「暖温啼」 | トップページ | クラシックコンサート »

雑学」カテゴリの記事

コメント

湯平出身の花合野と申します。
「湯布院中学校」という名称は、1970年代に旧湯平中学(私の母校)が由布院中学に吸収合併されて以来の校名です。それまでは、「由布院中学」を名乗っていたと思います。

投稿: 花合野 | 2010年5月24日 (月) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「由布院」と「湯布院」:

« 金鱗湖 ~ 「泉」と「暖温啼」 | トップページ | クラシックコンサート »