« 陸上自衛隊神町駐屯地 | トップページ | 神町駐屯地記念行事 ~ その2 »

2008年4月22日 (火)

神町駐屯地記念行事 ~ その1

今回は4月20日(日)に行われた神町駐屯地記念行事の内容について紹介します。

師団司令部や方面総監部が所在する駐屯地の行事はだいたいどこも似ています。
一般向けには駐屯地を開放して様々なイベントや露店で賑わっているんですが、特に招待者向けの行事は次の4つとなります。

1.感謝状贈呈式 (感謝状受賞者のみ)

2.記念式典(観閲式)

3.訓練展示

4.祝賀会食

このうちメイン行事は当然記念式典であり、式次第とその内容は以下のようになります。
なお、以下に出てくる観閲官とは部隊の長、すなわち今回の場合第6師団長です。

 ①開式の辞

 ②観閲官に栄誉礼
  ⇒音楽隊のファンファーレとともに全隊員が敬礼

 ③国旗入場
  ⇒隊員は気をつけの姿勢、一般人は起立します。
   なお、国旗係に任命された3名の隊員は、そのあと式が終わるまでの約1時間、
   一歩も動かず直立不動のまま国旗を掲げています。
   ある意味、この役が一番つらいのではないかと思います。

07

   

 ④国旗に敬礼
  ⇒君が代の音楽が終わるまで隊員は敬礼、一般人は拝礼を続けます。

 ⑤観閲官による部隊巡閲
  ⇒観閲官がジープに乗り、部隊の前を順にゆっくり通過します。
   観閲官が通過するタイミングで各部隊は敬礼を行います。

 ⑥観閲官による式辞

 ⑦来賓祝辞
  ⇒地元国会議員や県知事等による祝辞。
   今回は山形県知事でした。

 ⑧来賓紹介
  ⇒その他の来賓紹介。国会議員の代理、各自治体の長や議員、
   歴代師団長等の紹介。
   及び感謝状受賞者の紹介。
   紹介された人はその場に起立、一礼する。

 ⑨祝電紹介

 ⑩観閲行進(及び観閲飛行)
  ⇒観閲台の上に立つ観閲官の前を各部隊が通過する。
   各部隊がもつ様々な装備品・車両が登場するため、一般人にとっては
   最も盛り上がる場面となる。

09

 ⑪国旗退場
  ⇒入場時と同様、全員起立。

 ⑫閉式の辞

式典は約1時間程で終わるんですが、この式典で重要な役割を担っているのはなんといっても音楽隊でしょう。

08

栄誉礼、君が代、そして部隊巡閲、観閲行進のBGMを音楽隊による生演奏で行うことで雰囲気を盛り上げる役割を果たしています。

今回はここまで、次回は観閲行進についてもう少し細かく紹介しようと思います。

|

« 陸上自衛隊神町駐屯地 | トップページ | 神町駐屯地記念行事 ~ その2 »

自衛隊訪問記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神町駐屯地記念行事 ~ その1:

« 陸上自衛隊神町駐屯地 | トップページ | 神町駐屯地記念行事 ~ その2 »