« 神町駐屯地記念行事 ~ その2 | トップページ | 神町駐屯地記念行事 ~ その4 »

2008年4月25日 (金)

神町駐屯地記念行事 ~ その3

前回より、4月20日(日)神町駐屯地記念行事で行われた観閲行進についてレポートしています。

前回は歩兵部隊の行進が終わり、音楽がアップテンポの「祝典ギャロップ」という曲に変わったところまでお伝えしました。

この曲に乗せてまずやってきた部隊は福島駐屯地に所在する「第44普通科連隊」です。
連隊長以下、軽装甲機動車LAVから上半身を出しての登場です。
この軽装甲機動車はイラク派遣の際に大活躍した車でとして有名になりました。

14

続いてやって来たのは96式装輪装甲車WAPCです。

15

この箱型の車の中には運転手を含め10名の隊員を乗せることができます。

続いて高機動車にけん引されて120mm迫撃砲RTが登場。
普通科連隊の配下である重迫撃中隊が装備しています。

16_2

ここまでが普通科連隊で、このあと第6特科連隊が登場。
第6特科連隊は郡山駐屯地に所在する部隊です。

17

トラックにけん引されているのは155mmりゅう弾砲FH70です。
現時点では特科部隊に最も多く装備されている火砲です。
移動時はけん引の他、時速16Km/hでの自走も可能です。
最大射程は約30Km、仮に東京駅から射撃したとすると横浜駅の先まで届くことになります。

続いてやってきたのは第6高射特科大隊(郡山駐屯地)、そして第6後方支援連隊(神町駐屯地)。
高射特科大隊は敵の航空機を撃ち落とすための部隊。
そして後方支援連隊は、その名のとおり普通科連隊や特科連隊に対する弾薬補給や輸送等の後方支援活動を行う部隊で、第1整備大隊、第2整備大隊、補給隊、輸送隊、衛生隊で編成されます。

18

写真は、74式戦車を搭載した73式特大型セミトレーラー/牽引車で、輸送隊の車両です。
ちなみにこのトレーラーは東急車輌製だそうです。
電車以外にこんなものも作っていたんですね。

次にやって来たのは第6施設大隊(神町駐屯地)。
施設大隊の役割は、陣地を作ったり、車両が通るための道を作ったりする、いわゆる土木、建設部隊です。

19_2

写真の車両は、81式自走架柱橋という器材で、川に橋をかけるためのものです。
1台のトラックに2つ折りになった約10mの鉄橋が積まれていて、最大6台つなげることで60mの橋を架けることができます。
残念ながら重量の関係で90式戦車は通ることができませんが、74式戦車であれば通すことができます。

次にやって来たのは第6通信大隊(神町駐屯地)。
陸上自衛隊の野外通信は無線が主体でいろんな種類の通信装置を持っています。

20_2

上の写真は、局地無線搬送端局装置JMRC-C60という装置で、日本電気製です。

続いて第6化学防護隊がやってきました。
この部隊は化学兵器などによって汚染された地域の調査や除染等を行うことを専門とする部隊です。
もうだいぶ昔になってしまいますが、あの地下鉄サリン事件の時にもこの種の部隊が活躍したんですよ。

21

写真の車両は、化学防護車といい、汚染地域に入って行って汚染物質や汚染度の調査分析を行うための器材です。

最後に入ってきた部隊は、お待たせいたしました、大和駐屯地に所在する第6戦車大隊です。

22_2

この戦車は74式戦車です。
最新式の戦車ではありませんが、今なお陸上自衛隊の主力戦車として全国に配備されている戦車です。

地上部隊は以上です。

この後、
「左上空をご覧ください」
というアナウンスの後、左手上空に見えてきたのは第6飛行隊の各種ヘリ部隊です。
UH-60、OH-1、AH-1Sが次々と上空からグランド上空へ侵入してきました。

23

これでひととおり終了かなと思ったら、さらに上空を旋回してやってきた飛行機がありました。

航空自衛隊松島基地からF-2戦闘機が2機飛来してきたんです。

24

後方からぐるっと左旋回しグランド上空を低空飛行した後、もう1度左旋回。
今度は1機ずつやってきて、両翼を2、3度振って挨拶をしたあと去って行きました。

松島からここ神町まで、10分でやって来たそうです。スゲ~っ。

これで、観閲行進は終了です。

この後、迫力の訓練展示が行われたのですが、この話はまたの機会ということで。

|

« 神町駐屯地記念行事 ~ その2 | トップページ | 神町駐屯地記念行事 ~ その4 »

自衛隊訪問記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神町駐屯地記念行事 ~ その3:

« 神町駐屯地記念行事 ~ その2 | トップページ | 神町駐屯地記念行事 ~ その4 »