« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月26日 (土)

いし田 in あさひかわラーメン村

北海道旭川もラーメンが有名な街のひとつですよね。

僕は旭川へは年に2,3回くらい出張で訪れるんですが、前から行きたいスポットがありました。

それは、

「あさひかわラーメン村」

01

旭川市のちょっと郊外、旭川駅からだと東へ車で15分くらい、JRだと最寄りの駅は石北本線の「南永山」駅かな?

今回の出張ではレンタカーを借りての出張だったので、うまく時間を作って立ち寄ることができました。

ここラーメン村には長屋のような建物の中に、旭川で有名な8件のお店が入っています。

その8軒とは、

 「青葉」 : 昭和22年創業の老舗

 「いってつ庵」 : 和食の真髄を探究

 「いし田」 : 頑固おやじの一途な味

 「天金」 : 昔の味そのままに、懐かしさ堪能

 「一蔵」 : 自家製麺、本格派旭川ラーメン

 「さいじょう」 : 健康を意識したあっさりコクのあるスープ

 「梅光軒」 : 自家製麺。Wスープ至高の一杯

 「山頭火」 : 子を想う親心のように優しい味

です。
(各店のキャッチフレーズはラーメン村のHPからいただきました)

  ※あさひかわラーメン村 : http://www.ramenmura.com/index.html

今回はちょうどお昼時だったので、どの店も行列ができていました。

さすがに人気スポットだなあなんて思いながら、建物の周りをぐるりと一周。

で、わかったこと。

この行列のほとんどは、日本人じゃない!!

今や北海道はどこもかしこも中国や台湾、そして韓国に浸食されてしまっているようだ。

ま、それはともかく、とにかくどこかの店に入らねば...

迷ったあげく、今回選んだ店は、 「いし田」 。

02

理由は、他の店と違って名前を聞いたことがなかったこと。
(あとで調べたら、ほかの店と違って「いし田」はここにしかないみたい)

そして、頑固おやじに興味を持ったこと。

そして最大の理由は、行列が一番短かったこと...coldsweats01

それでも10分ほど待って、やっと席に着くことができました。
座った席はカウンター席の隅、
目の前で例の頑固おやじが調理している、
いわゆる「かぶりつき」ってやつ?

03

で、せっかくここまで来たので、今回注文したのは、

「もやし味噌チャーシュー」

一応この店で一番高いやつです。(900円)

実は、店の入り口にあるメニューを見ていたら、塩ラーメンの写真に「おすすめ!」の貼り紙が、
そして、味噌ラーメンの写真には「旨っ!!」という貼り紙があり、この「旨っ!!」の貼り紙に興味を惹かれたのでした。

10分程待っていると、やって来ました「もやし味噌チャーシュー」。

04

やっぱり、チャーシューがたくさん乗っかっていると豪華に見えるっ。

それでは、さっそくスープからいただきます。

「旨っ!!」  (貼り紙のとおりだ)

そして濃厚。

味噌が効いてる。

そして麺はというと、やや太めのちぢれ麺。

この麺もほどよくスープがからまっていい味です。

チャーシューも柔らくて美味しい。

辛めのスープにあっさりもやしがよく合う。

かなり美味しくいただきました。

唯一難点を付けるとすると、スープ(たぶん味噌)が辛すぎて最後まで飲むのがちょっとしんどいかなってことくらいです。

店の店員さんたちも、例の頑固おやじを含め全員愛想がよく、好印象です。

 ・・・・・・そう、ここのおやじさん、全然頑固そうじゃないじゃない。

なにが、頑固なんだろう。

そう思って調べたところ...わかりました!

このスープが頑固なんです。

スープの決め手となるだしの素材は、豚骨、しかもすね骨のみというこだわり。
最近のトレンドは、魚貝のダシを加えたり野菜を加えたりするんですが、そんなの一切ナシ。

ここに頑固おやじたる所以があったんですね。

それと、他の店が複数店舗を展開しているのに対抗して、あえて他に店を出さないというのも頑固おやじのこだわりなのかもしれませんね。

「いし田」。
まだまだ全国的にそれほど有名ではないかもしれないけど、ここラーメン村でしか食せない頑固おやじの味、ぼくはとっても気に入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

伊覇そば

ちょっと前の話。

沖縄でレンタカーを借り、ひめゆりの塔と平和祈念公園を見学した後、時間はもう14時を回ってしまったので、どこかでお昼にしようということになりました。

とくにあてもなく国道507号線を北上していると、目の前に飛び込んで来たのは、「伊覇そば」とかかれた大きくて真っ赤な看板。
思わずハンドルを左に切り、吸い込まれるように駐車場へ。

03

この日は日曜日、14時を過ぎているのに店内は結構混んでいる。
見た感じお客さんのほとんどは地元の人っぽい。

01

沖縄のランチタイムって遅いんだ、なんて思いつつメニューに目を移す。

02

や、安いっ!!
そばは全品390円均一。

なんでも、最初は開店特別価格ということで期間限定の予定だったのが、そば類についてはこの価格を頑張って続けているらしいです。

04

で、とにかく沖縄に来たんだから沖縄そばを食べなきゃってことで、沖縄そば390円を注文。
ちなみに先輩は豆腐チャンプルー定食を注文。

待つこと約10分ちょっと。
来ました。
沖縄そば。

05

透明なスープに、太めの麺。
分厚い肉が2枚に、揚げかまぼこが2枚。
それにネギのトッピング。
オーソドックスなソーキそばだと思います。

早速いただきま~す。
スープはあっさり系だけどしっかりとダシが出ているし、太めの麺もコシがあって結構イケます。
これで390円ならとってもリーズナブルなんじゃない?

なるほど、地元の人が結構家族連れで来るだけあって、ここは結構穴場的な店なのかもしれませんね。
はっきり言って、「アタリ」だと思いました。

06

ちなみに、先輩が注文した豆腐チャンプルー定食(上の写真)はメチャメチャ量が多くて、食べきれなかったみたいでした。

伊覇そば : http://okinawasobasoba.ti-da.net/e1959809.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

菅野ファーム

この時期の富良野といえば、やはりラベンダーでしょう。

昨年に引き続き、今年もこの時期に富良野へ行くことができました。

富良野のラベンダーの名所ですが、やはり一番人気は「富田ファーム」でしょうね。
この時期は多くの観光客で渋滞ができるくらい人気があります。
昨年はちょっとだけ訪ねることができたんだけど、今回は結構忙しくてあまり時間がとれなかったので、富田ファームは断念しました。

結局今回は「菅野ファーム」という場所で見ることができました。

03

ここは、上富良野から美瑛へ向かう国道237号線沿いにあるため、比較的立ち寄りやすい所です。
また、それほど広い農場ではありませんが、それほど人も多くないし、ラベンダーやいろんな花をじっくり鑑賞することができます。

実はここへは昨年も立ち寄っているんですが、昨年来た時には空き地も多く、花の種類もそれほど多くなかったような気がしました。
でも、今年は結構いろんな種類の花があり、昨年よりはパワーアップしているような気がしました。
特にいろんな色のポピーが充実しているのがここの特徴だと思います。

04

ひととおり鑑賞したのち売店に立ち寄ったんですが、そこで「白いラベンダーアイス」なるものを発見。
アイスの中に本物のラベンダーの花つぶが入っているんだそうです。

02

ラベンダーの花って食べられるんだっけなんて思いつつ、また隣にあった「濃厚!!牛乳ソフト」も気になったんだけど、とにかくラベンダーアイスを食べてみようということでこちらを購入。

01

写真と比べるとラベンダーの粒が少ないようだけど、でも食べてみると確かにします。
ラベンダーの味が。
というより粒を噛んだ瞬間、ラベンダーの香りが口の中に広がる感じです。

う~ん、結論を言うと、ラベンダーは食べるものではなく、香りを楽しむものなんだなということでしょうか。

とはいえ、気軽に、かつ待たずに立ち寄れる菅野ファーム、僕は好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月19日 (土)

ある日の羽田空港にて

先日、何気なく羽田空港のラウンジでくつろいでいた時の話です。
ふと窓の外を見ると、珍しい光景に巡り合うことができました。

で思わずシャッターを切りました。
それが下の写真...

01

手前にANAのピカチュウジャンボ、そしてその奥には政府専用機が駐機しています。

この組み合わせ、なかなかお目にかかれないと思います。

この2つの飛行機、どちらも使用している機体はボーイング747-400です。
ベースは同じ飛行機なのに、デザインやカラーリングで全然イメージが変わりますよね。

ところで、ピカチュウジャンボはANAが1998年から導入を始めた「ポケモンジェット」シリーズのうちのひとつで、このピカチュウジャンボは2004年から就航しています。

現在就航しているポケモンジェットはこの「ピカチュウジャンボ」と「お花ジャンボ」の2機種だけです。
ちなみに、お花ジャンボは2004年に行われた「ANAポケモンジェットデザイン大募集」というキャンペーンで一般公募の中から選ばれた作品だそうですよ。

この2つのポケモンジェット、実はいつどの路線で運行されるのかは公開されていないため、計画的にポケモンジェットに乗ることはかなり難しいようです。
ただし、747-400が飛ぶ路線は基本的に羽田から大阪、福岡、札幌、沖縄といったいわゆるメイン路線が殆どなので、この路線を選べば比較的高い確率で当たるんじゃないでしょうかね。

話はそれますが、いまJR東日本とANAでは「ピカ乗りサマー2008」なるキャンペーンをやっていて、なんとポケモン新幹線が今日(7/19)デビューするらしいです。
しかもこちらはちゃんと運航計画が決まっているので計画的に乗れるらしいですよ。

02

次に政府専用機について。

正式には「日本国政府専用機」といいます。
尾翼に描かれた大きな日の丸が特徴ですよね。

実は政府専用機の歴史は比較的新しく、1991年(平成3年)に2機導入、実運用は1993年(平成5年)から始まっています。

この政府専用機を運用・管理しているのは航空自衛隊の特別航空輸送隊、通称「特輸隊」と呼ばれる部隊が行っています。
この部隊は航空自衛隊千歳基地にあり、整備はもちろん、パイロットからキャビンアテンダント(客室乗務員)まですべて航空自衛官です。
ちなみにキャビンアテンダントは自衛隊用語では「空中輸送員」と呼ぶそうで、試験合格後、JALで3ヶ月の研修を受けた後に再度検定を受け、やっとなれるんだそうです。

この政府専用機は天皇陛下や総理大臣等の要人を乗せて海外等へ輸送するのが主な任務ですが、その場合必ず2機1セットで運用されるのが特徴です。
いわゆる「任務機」と「予備機」の2機体制であり、片方になにか不具合があった際迅速に対応するために常に予備機を同行させるんです。
なにかちょっと贅沢な気もしますが、仕方ないんですよね。きっと。

余談ですが、仮に2機のうちの1機が故障や整備などで使えない場合は、JALが2番機を用意するそうです。
その際のパイロットやキャビンアテンダントはJALの従業員なんでしょうかね?

なんてことを考えたりしていると、ANAポケモンジェットと政府専用機が一緒にいる今回の光景ってかなり貴重なんじゃない...なんて勝手に思っただけなんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月14日 (月)

陸上自衛隊八重瀬分屯地 ~ 六高祭

6月29日(日) 陸上自衛隊八重瀬(やえせ)分屯地へ行ってきました。

陸上自衛隊第6高射特科群 創隊36周年記念行事への参加でした。

04

ここの記念行事は通称「六高祭」と言われており、毎年この時期に行われます。

ところで、八重瀬分屯地とはどこにあるかというと、沖縄県沖縄本島、那覇市の南、糸満市の東に位置する、沖縄県八重瀬町というところにあります。
那覇市の中心部から車で行くと約40分程かかります。

実はこの八重瀬分屯地、平成17年までは「与座分屯地」と呼ばれていました。
平成18年1月1日に島尻郡東風平町と島尻郡具志頭村が合併して「八重瀬町」が誕生したのに併せ、分屯地名も「八重瀬分屯地」と改称したのです。

 (東風平は「こちんだ」、具志頭は「ぐしかみ」と読みます。
  わかってました?
  沖縄の地名も北海道に匹敵する難解さですよね。)

ちなみに、この八重瀬分屯地のすぐ南に「陸上自衛隊南与座分屯地」があるのですが、ここは合併前も合併後も「南与座」のままです。

また、八重瀬分屯地の西側には「航空自衛隊与座岳分屯基地」という基地があるのですが、こちらも昔のままです。

なぜ与座分屯地だけが改称されることとなったのか、正確なところはわかりません。
これは想像ですが、このあたりでは一番大きいこの八重瀬分屯地が八重瀬町を守る役割を担っていることから、地域密着を目指す自衛隊としては与座分屯地のみを新しい町名と同じ「八重瀬」に改めたのではないかと思います。

ところで、36年前の出来事と言えば...

昭和47年5月15日。
そうです。
沖縄がアメリカから返還された年です。
すなわち第6高射特科群は沖縄本土復帰の年とともに活動を開始したことになるのです。

ただし、総隊当初からこの八重瀬にあったわけではありません。

昭和47年8月1日、まず、本部隊の前身となる第124特科大隊が朝霞で編成されました。

そして、翌48年1月から3月にかけて、那覇駐屯地(今の第1混成団がある場所、那覇空港の隣)に移駐してきました。

同じ昭和48年4月13日、今の八重瀬分屯地(当時の与座分屯地)の開設とともに現在の第6高射特科群が移駐、現在の形ができあがりました。

さて、この六高祭ですが、他の記念行事とは決定的に違う特徴があります。

それは、開始時間が夕方だということです。
一般的な記念行事は午前中10:00頃から始まるのですが、やはりこの時期の沖縄ってことで、涼しくなる夕方から始めることにしたらしいです。
そしてその行事の内容はというと、

1720 記念式典
1810 六高エイサー
1815 音楽隊演奏
1840 祝宴

という流れになります。

01

六高エイサーとは、この第6高射特科群の有志によるエイサー(沖縄の踊り)のことで、さすがに自衛隊だけあって踊りにキレがあり、とても勇壮な感じを受けます。
式典のプログラムの他、祝宴の中でも披露していました。

03

祝宴ではこのエイサーの他にも、琉球舞踊や沖縄版獅子舞(正式な言い方がわからないもんで。。。)等いろんな出し物があって、かなり楽しめる祝宴でした。

02

六高祭が終わり、送迎バスに乗ってホテルに到着したのは21時過ぎ。

いくら暑い沖縄でも、夜の風は結構心地よかった「六高祭」レポ-トでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »