« いし田 in あさひかわラーメン村 | トップページ | 陸上自衛隊北恵庭駐屯地 »

2008年8月24日 (日)

武蔵野うどん「うちの」

こないだTVで「武蔵野うどん」を特集か何かでやっていたよって
妻が話していました。

うどんって言えば讃岐うどんや稲庭うどんなんかが有名ですよね。

あと僕の出身地である長崎では「五島うどん」っていうのもあります。

長崎県五島手延うどん振興協議会 : http://www.goto-tenobeudon.jp/

最近は結構有名になってきたようで、さっきの讃岐うどん、稲庭うどんとともに三大うどんっていう人もいるようです。

長崎県人としては三大うどんに入れてもらえるのは嬉しいんですが、どうひいき目に見ても水沢うどんの方が上かなって気がしますけどねぇ。
実際三大うどんって言うと「讃岐うどん」「稲庭うどん」「水沢うどん」って答える人の方が多いようですし...

売られている五島うどんは、基本的には乾麺です。
普通のうどんに比べるとかなり細いうどんです。

もっともポピュラーな食べ方は鍋で茹で、そのままつけ汁につけて食べます。
いわゆる釜ゆで風です。
地元ではこれを「地獄だき」というそうで、我が家でも基本的には地獄だきで、茹であがった麺を、鍋ごとテーブルの真ん中にドンと置いて、つけ汁につけて食べます。

つけ汁にはネギやしょうがを添えます。
ゆず胡椒があると最高です。

あっ、すみません。
本題は武蔵野うどんでした。

僕的には「武蔵野うどん」ってあんまり聞いたことがないフレーズだったので、早速ネットで調べてみました。
すると、結構あるんですね。
武蔵野うどんに関するサイト。

その中で僕の目に止まったのは、「AOL House&Living」に掲載されていた「武蔵野うどんマップ」。

「幻の”武蔵野うどん”をめぐる旅」 : http://house.aol.co.jp/special/0705musashino/udonmap.html  

この地図をもとに早速武蔵野うどんを求めて出発しました。

まずは、東村山にある再有名店と書いてある「キクヤ」へ。
しかし、お昼時ということもあり、多くの行列、そして駐車場も空なし。

ここはあきらめて次は「小島屋」へ向かう。
ところが定休日なのか店が閉まっているようだ。

う~ん。
しょうがないので、東大和へ移動。

で向かった店は 「うちの」。
先程のマップとカーナビを頼りに何とかお店を発見。

住宅街の中にポツンと立っていました。

01

02

いかにもご主人の手作りって感じの看板。
中へ入ると、カウンターと2、3のテーブル席があるだけのこじんまりしたお店です。

もうお昼時は過ぎていたので、お客さんはゼロ。
店の中にはご主人が一人だけ。

どんなうどんが食べられるんだろうと思い、メニューへと目を移す。

03

なるほど、基本はもりうどんか。
そういえば例のマップには肉汁がお薦めみたいなことを書いてあったっけ。

ということで、肉汁大もり(650円)を注文。

寡黙そうなご主人は低い声でうなずき、おもむろに厨房で作業開始。

04

そんなご主人の姿を見ていると、

「天ぷら揚げます 八〇円」の文字が目に入ってきた。
で、ご主人に尋ねると、

「もうここにあるだけです」

って言われた。
えっ、揚げてくれるんじゃないの

見ると、小さな皿の中には茄子、いんげん、かき揚げ(らしきもの)がひとつずつ入っている。

「...じゃぁ、これ全部もらいます」

ってことで、それも注文...

ご主人はマイペースで仕事を続けます。

しばらくして、やって来ました。

ついに初体験です、武蔵野うどん。

05

写真では判りづらいかも知れませんが、まっ白ではありません。
かすかに黒っぽい色がついています。

麺はそこそこコシがあって歯ごたえもよく、結構イケます。
薄切り肉がはいったツケ汁は、みりんが効いているのかそんなにしょうゆ辛くなく、うどんとバッチリ合います。

時間の経った天ぷらは論外として、うどんとしてはなかなか美味しいんじゃないでしょうか。

これで650円なら結構いいんじゃないって思いました。

ねぇ、ご主人、今度は揚げたての天ぷらを食べたいなぁ。

あと、もうちょっと明るく、元気出していこうよ。
(って余計なお世話か...)

|

« いし田 in あさひかわラーメン村 | トップページ | 陸上自衛隊北恵庭駐屯地 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵野うどん「うちの」:

« いし田 in あさひかわラーメン村 | トップページ | 陸上自衛隊北恵庭駐屯地 »