« 下鴨神社 | トップページ | 西部方面隊創隊53周年記念行事 »

2008年11月 3日 (月)

下鴨神社 ~ 参拝編

京都の「下鴨神社」は京都御苑から北東の方向にある「糺の森の中にあります。

下鴨神社へ行くにはこの糺の森の南側から進んでいくのが一般的な順路です。

この南側の入口から入り、森の北側に位置する下鴨神社本殿までの道がいわゆる表参道であり、距離にすると500メートルちょっとになります。

03

ただし、表参道と言っても糺の森全体が国の史跡として保護されているため、茶店や露店などは一切ありません。
その代りに素晴らしい自然が広がっていて、京都の中心でありながら都会の喧騒を一切感じさせない雰囲気に満ち溢れています。

南側の入口左側にまず、下鴨神社全体が描かれた大きな絵図があります。
この絵図で下鴨神社の大体のイメージが掴めるようになっています。

04

森へ入るとすぐ、左側に建物が見えてきます。
これは「河合神社」と呼ばれる神社で、鴨長明ゆかりの神社として有名です。

神社の境内の中に実際に鴨長明が住んだとされる「方丈の庵」が復元展示されていました。

05

さて、元の道に戻り、表参道を北上します。
この表参道に並行する形で、左側にはとても水のきれいな小川が流れています。

06

これは「瀬見の小川」と呼ばれる小川で、先出の鴨長明が詠んだ有名な和歌にも出てきます。

「石川や 瀬見の小川の 清ければ 月も流れを たづねてぞすむ」
(新古今和歌集)

現在の瀬見の小川は復元されたものらしいのですが、それだけ古くから親しまれていたのでしょう。
紅葉の季節にはこの小川を楓の葉が漂い、また見事な景色を見せてくれるんでしょうね。

瀬見の小川を見ながら表参道を進んでいくと、大きな赤い鳥居が現れます。

07

そして右側には清めのための手を洗う場所、いわゆる御手洗が現れます。
ここで身を清めるといよいよ本殿が近づいてきます。

その前にまず出てくるのは「楼門」
東西に延びる回廊の中心にあり、眩しいほどの朱色がひときわ目を惹きます。

09

そういえば、鹿島神宮のときも香取神宮のときもこの楼門は鮮やかな朱色でした。
楼門の色って朱色って決まってるんでしょうか。
なぜ朱色なんでしょう。

ネットで調べた限りじゃちょっと判明しませんでした。
またじっくり調べてみたいと思っています。

楼門をくぐると広い空間が広がっていて、いくつかの建物が建てられています。

楼門と本殿への入口の間にあるのが「舞殿」
その左側にある建物は「神服殿」、その奥に「参集殿」
逆に右側にあるのは「橋殿」、その奥に「細殿」、さらに奥には「直会殿」

こんなに多くの建物がある神社は初めてです。
さすが「山城国一之宮」、宮内庁御用達(?)の格式高い神社なんですね。

また、本殿の東側にはちょっとした庭園のようなところがあり、「みたらし池」そして「井上社」という社があります。

08

この社は別名「御手洗社」とも呼ばれていて、以前記事を書いた「賀茂みたらし団子」発祥の池なのです。

関連ブログ : 加茂みたらし団子 http://hirohi.cocolog-nifty.com/hirohi1/2008/10/post-b18d.html

さて、お待たせしました。
いよいよ本殿へと進みます。

13

まず入り口である「中門」をくぐるのですが、これをくぐったところには幾つもの小さなお社が並んでいます。

正式には「言社」というのだそうで、全部で7つの社があるのですが、それぞれに干支の神様が祀ってあるそうで、自分の干支と同じ社にお参りすることで、御利益があるのだとか。

僕は「寅年」なので左の中央の社「大己貴神(おおなむちのかみ)」が祀ってある社に参拝しました。

11

そしていよいよ本殿へのお参りを行う「幣殿」という場所にたどり着きます。
一般的に言うところの拝殿です。

12_2

この奥には、前回の記事に書いたとおり、東西2つの本殿があります。
「西本殿」には「賀茂建角身神(かもたけつぬみのみこと)」が、そして「東本殿」には「玉依媛命(たまよりひめのみこと)」が祀られています。

当然ながら本殿へは我々一般人は足を踏み入れることができませんので、ここ「幣殿」から参拝することになります。

「二礼、二拍手、一礼」

糺の森に佇む下鴨神社。

京都という所は本当に不思議な場所だと思います。
都会なのに、他の都市のような喧騒さを感じさせない不思議な空気が流れています。

今回は時間の都合でここ「下鴨神社」しか行けませんでしたが、次に来るときには是非たっぷりと時間をとって、京都の街をじっくり堪能したいと改めて思いました。

少なくとも次に来たときには「上賀茂神社」には絶対行かないとね。

|

« 下鴨神社 | トップページ | 西部方面隊創隊53周年記念行事 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下鴨神社 ~ 参拝編:

« 下鴨神社 | トップページ | 西部方面隊創隊53周年記念行事 »