« ご当地キューピー | トップページ | LEGOクリエイターコテージ »

2008年12月23日 (火)

東京で食べる長崎チャンポン

長崎から東京に出てきてもう20年以上経つけど、本場のっていうか、まともな長崎ちゃんぽんにはなかなか出会えない。

今では全国区となった「リンガーハット」、もともとは長崎発祥のチェーン店なんだけど、リンガーハットのちゃんぽんは、本場のちゃんぽんとは多少違うものなので最初は「長崎ちゃんめん」って名付けられたんです。

長崎でやっている間はそれでよかったんですが、やがて全国展開することになって福岡へ進出した際、同じ「長崎チャンメン」と名乗る商品がすでに商標登録されていたらしく、それで仕方なく「長崎ちゃんぽん」と名前を変えて全国展開したという経緯があります。

今になって考えると「長崎ちゃんめん」だと全国展開もうまくいかなかったような気もしますが、いずれにしても長崎人からすると、リンガーハットの長崎ちゃんぽんはいわゆる「ちゃんぽん」とは認めていない。。。はずです。

という訳で(ってどういう訳かわかんないけど)、東京の街で「ちゃんぽん」の看板を掲げているお店を発見すると、やはり入って食べたくなってしまいます。

ところが、どこへ入ってもやっぱり本場のちゃんぽんとはちょっと違うんです。

だいぶ前になるけど、有楽町のガード下にあったお店はひどかった。

でっかい字で「長崎ちゃんぽん」と書いてあったので、その字につられてついつい入ったんだけど、出てきたちゃんぽんはというと、、、

「普通の醤油ラーメンの上にあんかけがかかっているやつ

何コレ?これがチャンポン?
思わず我が目を疑ってしまいました。

たぶんその店は今はもうないと思います。

そして、最近やっと本場のちゃんぽんを見つけました。

麹町にある、その名も「長崎飯店」
ここのは本物です。
長崎出身の僕が太鼓判を押すので大丈夫です。

こちらのレポートは過去の記事でレポートしていますのでそちらを見て下さいネ。

過去ブログ : 長崎ちゃんぽん in 東京


コネタマ参加中: 教えて!思わず騙された“食べ物”体験談

|

« ご当地キューピー | トップページ | LEGOクリエイターコテージ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京で食べる長崎チャンポン:

« ご当地キューピー | トップページ | LEGOクリエイターコテージ »