« 坦々麺を食す① ~ 「光隆」前編 | トップページ | ルービックキューブ »

2009年1月22日 (木)

坦々麺を食す① ~ 「光隆」後編

~ 前編のつづき ~

「光隆」というお店で黒胡麻坦々麺を注文したんだけど、なかなか来ない。

そして注文して20分。

やっとやってきました。

「黒胡麻坦々麺」

01


まず、目を引くのが上に乗っかっている野菜。
たぶん水菜か何かだろう。
これはこれでなかなかヘルシーでよさそう。

水菜をどかしてみる。

02


スープは黒。
黒胡麻なんだから当たり前か。

麺はやや太めのようだ。

早速スープを飲んでみる。
なるほど黒胡麻が効いているような気がする。
注文時に辛さを選べたので「辛め」を注文したんだけど、あんまり辛くない。
なので、ラー油を足して辛めに調整。

麺も硬さを選べるんですが今回は特に指定なし。
こちらはまあまあ、個人的にはもうちょっと硬めが好きだけど...

でも全体的に何か足りないような気がする。
そう思って食べ始めたんですが、すぐに重大なことに気づきました。

あれ?ひき肉は?

そうです。

ひき肉が入っていないんです。

そうか、ひき肉の替わりに水菜だったのかぁ。
なるほどね。
って、ひき肉の替わりに水菜はないだろっ。

ひき肉の入っていない坦々麺って、初めてです。
いや、ひき肉の入っていない坦々麺を坦々麺と呼んでいいものだろうか?

単なる胡麻ラーメンじゃないの?

ひき肉が入っていないので、スープも割とあっさりしていて、何となく坦々麺じゃないような気がしたのは僕だけでしょうか。

そもそも、昼時にメインの「白胡麻坦々麺」を置いていない方がよくなくない?

この辺りでは人気のお店かもしれないけど、僕的にはもういいかな。


でも、写真で見る限り白胡麻坦々麺にはちゃんとひき肉が入っているようなので、再チャレンジも考えときます。

|

« 坦々麺を食す① ~ 「光隆」前編 | トップページ | ルービックキューブ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 坦々麺を食す① ~ 「光隆」後編:

« 坦々麺を食す① ~ 「光隆」前編 | トップページ | ルービックキューブ »