« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月27日 (日)

陸上自衛隊小平駐屯地記念行事

9月26日(土)は陸上自衛隊小平駐屯地創立55周年の記念行事が行われました。

01

ここには、陸上自衛隊小平学校という教育機関があります。

陸上自衛隊には学校と名のつく機関が14コ程ありますが、学校の名前に地名がついているのは、富士学校とこの小平学校のみです。

小平学校も、もともとは業務学校調査学校という2つの学校でした。

2001年に2つの学校が統合され、現在の小平学校という名前になっています。

さらに歴史を遡ると、

戦時中の昭和17年に、陸軍経理学校が牛込若松台(現在の新宿区若松町)より移転して来たことから始まります。

この経理学校は終戦とともに閉鎖されたので、わずか3年という短い歴史だったことになります。

戦後しばらくはイギリス軍の駐留地だったそうです。

昭和22年に東京地方警察学校が開設、

昭和29年(1954年)に陸上自衛隊小平駐屯地が開設、当時久里浜にあった業務学校と幹部学校が移転してきたことから小平駐屯地としての歴史がスタートします。

当時の業務学校は今でいう調査職種や輸送職種、それと需品職種も扱っていましたが、これらの職種は移転してすぐ、調査学校(小平)、輸送学校(立川→朝霞)、需品学校(松戸)に分離移転されました。

また、昭和31年から35年まで、業務学校と調査学校はここには存在していなく、越中島というところにあったそうです。

その間、ここには海上自衛隊幹部学校と航空自衛隊幹部学校がこの地にありました。

昭和35年に陸海空の幹部学校が市ヶ谷に移転したのと同時に、業務学校と調査学校が再びこの地に帰ってきました

そして、先ほどの2001年に小平学校に統合されるまで、2つの学校が小平駐屯地に所在していたということになります。

なんだかとっても複雑な歴史をもっている小平駐屯地ですが、一貫して共通しているのはすべて学校機関が所在していたということです。

この辺りは住宅街なので、部隊を持ってくるわけにはいかなかったんでしょうか。

02

ところで、小平学校のマーク(校章)ですが、銀杏(いちょう)金鵄(きんし:金色のとび)を組み合わせたものなんですが、銀杏はもともと業務学校の校章、金鵄は調査学校の厚相だったんです。

ちなみに、金鵄とは日本神話に登場する霊長「八咫烏(やたがらす)」の分身だそうで、戦前では「金鵄勲章」というのもあり、特別に功績をあげた軍人などに送られていたそうです。

最後に、現在の本部庁舎はとても古い建物で、なんでも新しい本部庁舎を建設中なんだそうです。

03

祝賀会食場に完成イメージ図が展示してありました。

なんだか式典のレポートは殆どありませんでしたね。

以上、小平駐屯地記念行事レポート、

改め、

小平駐屯地歴史探訪の時間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

とある晴れた日。

なにげなく空を眺めていたら、こんな雲を発見。

01

なんだか雲の形が日本列島に見えませんか

電柱がちょうど東経135°の線、つまり日本標準時の線です。

しばらくして、同じ空を見ると、今度は

03

何だか獅子のような動物の形に変化していました。

そして、またしばらくして見てみると、

02

こんな風になっていました。

これってなんだか大怪獣ラドンが空を飛んでいるように見えるのは、、、

・・・僕だけ?

これ、同じ日のほぼ同じ位置で見た雲の形です。

正味1時間くらいだったのですが、いろんな変化を見せてくれて、なんだか嬉しい気分に浸れたひとときでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

自衛隊のトイレ

富士総合火力演習の余談をひとつ。

最近富士駐屯地にある富士学校の建屋が新しくなりました。

で、たまたま新築の建物の1階にあるトイレを借りたんですが、

トイレのマークが、、、、、、

01_2

なんと、

敬礼してますよ。

ねっ。これ、スゴくないですか?

っていうか、誰が思いついたんでしょうね。

特注でしょ、絶対。

ちょっと小粋な感じでイイんじゃないですか。

ちょっと待てよ。ってことは当然女子トイレも...

0

やっぱり...敬礼してるっ!

WAC(女性隊員)だっ!!

このプレート、ちょっと欲しいかも...

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

富士総合火力演習③

~ ③の続き ~

一連のヘリボーン展示が終わった後、AH-1SやOH-1、UH60といったヘリコプターたち。

そして会場に現れたのは87式自走高射機関砲です。

04_2

この高射機関砲は航空機を攻撃するための装備なんですが、上空に向けて射撃するのは無理なため、地上の目標に向けて射撃していました。

ちなみに、この87式自走高射機関砲は、実配備としては北海道の第2師団と第7師団の2ヵ所のみなんです。

性能的には世界に誇れる装備なんですが、如何せん高価なため多くは買えないそうなんです。

さて、この後いよいよ戦車の登場です。

まず、90式戦車が登場してきました。

16

一般の人がこの90式戦車の射撃を見ることができるのはおそらくここだけじゃないでしょうか。

90戦車は空砲を持っていないため、記念行事などでの展示では射撃のシーンはないんですよね。

90式戦車に続いて、74式戦車がやってきました。

08

こちらは、各地の陸上自衛隊で見ることができるので、もうお馴染みです。

でもやっぱり実弾は迫力が違います。

さて、前段の最後は空挺降下です。

上空1500メートルのヘリから5名の空挺隊員が飛び出してきました。

約1000メートルそのまま降下し、上空500メートルの所でパラシュートを開くんだそうです。

05

5名とも見事会場の中央に着地しました。

パラシュートの操作技術、いつ見ても感心します。

これで前段は終了。

休憩をはさんだのち後段へと進みます。
休憩の間は音楽隊による演奏が行われていました。

後段は会場の奥に敵がいるという想定での戦闘場面の展示です。

基本的には前段で紹介された装備と隊員さんたちが活躍するんですが、絵的には似たような感じになるので省略します。

いくつか写真をアップしますね。

06

↑※高機動車を懸架してきたCH-47。ロープを切り離す場面。

15

↑※最後のシーン、これまで登場してきたすべての装備が一斉に登場。

というわけで、以上、平成21年の富士総合火力演習の模様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

富士総合火力演習②

前回①の続きです。

富士総合火力演習は、富士山の麓に広がる東富士演習場、畑岡地区という所で行われます。

その内容は前段と後段に分かれています。

前段は陸上自衛隊が保有するいろいろな装備品の紹介と実弾による射撃、後段は前方に敵がいるという想定での攻撃の一連の模様を展示するというもので、全部で約2時間の演習展示です。

F-2戦闘機があっという間にいなくなり、まず陸上自衛隊最初に出てきたのは、特科部隊です。

陸上自衛隊が保有するほぼすべてのりゅう弾砲が登場してきました。

これらの火砲は、20キロメートルから30キロメートルくらいの射程を持っていて、前線で戦う普通科部隊を後方から援護するのが主な目的になります。

長い射程でも正確に命中させるためにはかなりの練度が必要です。

直接地面に着弾させる打ち方、空中で破裂させる打ち方等いろんな射撃の展示が行われました。

01

そして、最大の見せ場は、種類の異なる各種りゅう弾砲が一斉に射撃を行い、空中で弾を破裂させて富士山の絵を描くという場面なんですが、今回このシーンは動画モードで撮ったため写真はありません。あしからず。

このあと迫撃砲の紹介、そしてヘリの登場です。

左手後方からCH-47(チヌーク)がやってきました。

02

そして会場中央で静止すると、うしろのハッチが開き、そこからレンジャー隊員がロープを使って降り始めました。

13

いわゆる「リペリング」ってやつですね。

5、6人くらいでしょうか。降りるとすぐ、奥の草むらの方へ駆けて行きました。

ヘリは一旦消えたんですが、またすぐ現れました。と同時に草むらから隊員が戻ってきました。

どうやら任務が終わり、帰還する場面のようです。

どうやってヘリに乗り込むんだろうと思ってたら、

03

なんと1本のロープに全員が吊り下げられたまま、そのまま飛んで行ってしまいました。

怖くないんですかね。みなさん。

ちなみにこのロープ、「エクストラクションロープ」という吊り下げ専用のロープなんだそうです。

続いてやってきたのは、対空機関砲と対戦車ヘリ。

なんですが、続きは次回にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

富士総合火力演習①

先週の日曜日(8月30日)は選挙でしたね。

僕は期日前投票、昔は不在者投票って言ってましたけど、前日に済ませてきました。

というのは、30日は、富士総合火力演習というのがあって、それを見に行ってきたからです。

といっても半分仕事なんですけどね。

今回僕は4回目になります。

ただし、ここまで天気が良かったのは初めてかもしれない。

09

観客もすごかった。

スタンド席、シート席とも超満員。
ざっと見ても4、5千人。いや1万人くらいはいたかも。

この日のチケットを入手するのに、一般応募だと28倍というから驚きですよね。

いつもは防衛大臣も出席するんだけど、今年は選挙当日だし、いくらなんでも無理だろうと思ってたんですが、

12

来ましたよ、、、浜田防衛大臣。

いやぁ、立派だと思います。
さすが、ハマコーJr.

最後までしっかりご覧になってらっしゃいました。

ついでに選挙でも勝利。良かったですねぇ。

さて、今回は晴天、霧もなし。風も穏やかということで、すべてのメニューが行われました。

フルで見れたのは、僕にとっても初めてかもしれない。

ということで、まずは上空後方から、航空自衛隊のF-2戦闘機が飛んできました。

11

ちっちゃいし、すごく速いのでこれでもよく撮れた方だと思います。

また、戦闘機から地上爆撃を行う展示が行われました。

10

といっても、これは本当に戦闘機から爆撃したんじゃなくて、あらかじめ地上に設置していた爆弾を破裂させたんだそうです。

なぁんだ、と思いますが、それでも迫力はありましたよ。

そして、いよいよ陸上自衛隊の装備が登場するのですが、続きは次回にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »