« 富士総合火力演習② | トップページ | 自衛隊のトイレ »

2009年9月 7日 (月)

富士総合火力演習③

~ ③の続き ~

一連のヘリボーン展示が終わった後、AH-1SやOH-1、UH60といったヘリコプターたち。

そして会場に現れたのは87式自走高射機関砲です。

04_2

この高射機関砲は航空機を攻撃するための装備なんですが、上空に向けて射撃するのは無理なため、地上の目標に向けて射撃していました。

ちなみに、この87式自走高射機関砲は、実配備としては北海道の第2師団と第7師団の2ヵ所のみなんです。

性能的には世界に誇れる装備なんですが、如何せん高価なため多くは買えないそうなんです。

さて、この後いよいよ戦車の登場です。

まず、90式戦車が登場してきました。

16

一般の人がこの90式戦車の射撃を見ることができるのはおそらくここだけじゃないでしょうか。

90戦車は空砲を持っていないため、記念行事などでの展示では射撃のシーンはないんですよね。

90式戦車に続いて、74式戦車がやってきました。

08

こちらは、各地の陸上自衛隊で見ることができるので、もうお馴染みです。

でもやっぱり実弾は迫力が違います。

さて、前段の最後は空挺降下です。

上空1500メートルのヘリから5名の空挺隊員が飛び出してきました。

約1000メートルそのまま降下し、上空500メートルの所でパラシュートを開くんだそうです。

05

5名とも見事会場の中央に着地しました。

パラシュートの操作技術、いつ見ても感心します。

これで前段は終了。

休憩をはさんだのち後段へと進みます。
休憩の間は音楽隊による演奏が行われていました。

後段は会場の奥に敵がいるという想定での戦闘場面の展示です。

基本的には前段で紹介された装備と隊員さんたちが活躍するんですが、絵的には似たような感じになるので省略します。

いくつか写真をアップしますね。

06

↑※高機動車を懸架してきたCH-47。ロープを切り離す場面。

15

↑※最後のシーン、これまで登場してきたすべての装備が一斉に登場。

というわけで、以上、平成21年の富士総合火力演習の模様でした。

|

« 富士総合火力演習② | トップページ | 自衛隊のトイレ »

自衛隊訪問記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士総合火力演習③:

« 富士総合火力演習② | トップページ | 自衛隊のトイレ »