« 陸上自衛隊相浦駐屯地 | トップページ | 相浦駐屯地記念行事~あらためて.. »

2009年10月 4日 (日)

相浦駐屯地記念行事

前回は相浦駐屯地の紹介だけで終わってしまいましたので、今回は記念行事の内容をお伝えします。

と、その前に、この相浦駐屯地で見つけた昔の装備品をひとつ。

17

立ち入り禁止のロープが張ってあるだけで、装備品の名称も説明もどこにもありません。
これだけポツンと置かれていました。

今まで見たことのない形です。

上に2門載っかっているのは、迫撃砲でしょうか?

こないだ7師団で見た自走迫撃砲の前世代版とか。

もっと近くに寄ってみます。

05

結構小さい車です。車高も低く目の高さに砲身がある感じです。

結局何だかわからないまま、帰ってネットで探してみました。

すると、ありました。これと同じ形をした装備品が。。。

「60式自走106mm無反動砲」という装備品でした。

迫撃砲じゃなかったですね。

「無反動砲」って、今ではほとんど見ませんね。

無反動って言うくらいなので、射撃した時の反動がないってことでしょ。

どうして反動がないかって言うと、前に飛ばす力と同じ力を後ろにも飛ばすからです。

ということは、こいつの後ろにいると味方でもやられるってことですよね。
コワッ。

1960年から装備され、2008年11師団が旅団化されるのに伴い自衛隊から姿を消すまで約50年間活躍したそうです。

この火砲の目標は敵戦車なのですが、今は対戦車ミサイルが主流なので姿を消すのも仕方ないのでしょうね。

さて、本題の記念行事の話題に。。。

と思ったんですが、意外と自走無反動砲の話が長くなってしまったんで、本題の記念行事は次回にします。

┐(´д`)┌

|

« 陸上自衛隊相浦駐屯地 | トップページ | 相浦駐屯地記念行事~あらためて.. »

自衛隊訪問記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相浦駐屯地記念行事:

« 陸上自衛隊相浦駐屯地 | トップページ | 相浦駐屯地記念行事~あらためて.. »