« 相浦駐屯地記念行事~あらためて.. | トップページ | 陸上自衛隊座間分屯地 »

2009年10月 7日 (水)

恵美福

相浦駐屯地の記念行事の話を3回にわたって書きましたが、
(って、記念行事レポートは1回だけだけど...)

当日の祝賀会食の鏡開きで使われた酒樽が気になったので、その話を書きます。

18

オカメのような顔が描かれているでしょ。

これ、僕にとってはとっても懐かしい絵なんです。

近くに寄って行きます。

16

このお酒、「恵美福」っていう名前の清酒で、僕の出身地諫早の地酒なんです。

たしか僕が小学校か中学校の時、このお酒を造っている酒蔵へ工場見学に行った記憶があります。

たしか「黎明酒造」だったような記憶があるんですけど...

酒蔵の名前はあいまいなんだけど、この顔は確実に記憶に残っています。

だって、キョーレツじゃないですか?この顔。

味はどちらかというと甘めです。

冷やで飲むより、熱燗の方がうまいと思います。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

帰ってきて、ネットで確認しようと調べているうちに衝撃の事実が判明!!

諫早の酒であることに変わりはないのですが、黎明酒造ではなく、

「杵の川(きのかわ)酒造」という酒蔵だったんです。

いやいや、聞いたことないし...

住所とか建物の写真では、昔遠足で行った黎明酒造と同じです。

どうなってるんだ、僕もついにボケが始まったのか?

よくよく調べていくと、ナント、黎明酒造は同じ長崎県にあった丁子屋醸造という酒蔵と合併して太陽酒造という会社となり、さらに平成14年に現在の「杵の川酒造」に社名変更していたのです。

たしかに諫早では「黎明」や「恵美福」は有名だったけど、それ以外ではほとんど無名だったもんね。
しかも、どちらのお酒も甘口で、ひところの淡麗辛口ブームに置いて行かれた感もあっただろうし...

でも、現在は社名でもある「杵の川」が主力商品とかで、こちらはかなり淡麗辛口に仕上がっているようです。

人気も今ではこちらの方が上らしいし、大吟醸はいろいろな品評会などでも人気があるようなので、今度是非お取り寄せしてみようと思います。

名前は変わっても、長崎を代表する酒蔵に変わりない「杵の川酒造」。

遠く離れた関東の地から、これからも応援しますヨ。

(口だけじゃなく、商品も買えって?......ハイ

 ※ 杵の川酒造ホームページ : http://www.kinokawa.co.jp/index.html

|

« 相浦駐屯地記念行事~あらためて.. | トップページ | 陸上自衛隊座間分屯地 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恵美福:

« 相浦駐屯地記念行事~あらためて.. | トップページ | 陸上自衛隊座間分屯地 »