« 陸上自衛隊小平駐屯地記念行事 | トップページ | 相浦駐屯地記念行事 »

2009年10月 3日 (土)

陸上自衛隊相浦駐屯地

ちょっと前になりますが、陸上自衛隊相浦駐屯地に行ってきました。

「相浦」「あいのうら」と読みます。

01

9月13日(日)は相浦駐屯地創立54周年記念行事だったんです。

相浦駐屯地は長崎県佐世保市にあります。

佐世保といえば、「佐世保バーガー」

ではなくて、米海軍や海上自衛隊のイメージが強いんですが、実は陸上自衛隊も古くからあったんですね。

というのも、米海軍や海上自衛隊は佐世保市のほぼ中心に位置するのに対し、陸上自衛隊は市内中心部から車で20分程海岸線沿いを平戸方面に向かって走ったところに位置します。

市内中心からはひと山越えた所だし、海軍や海上自衛隊に比べるとかなり規模が小さいので、イメージが薄いのかもしれません。

でも、この相浦駐屯地は実に風光明媚なところです。

海沿いに位置する駐屯地からは西海国立公園にもなっている「九十九島」を望むことができます。

02

個人的には、陸上自衛隊数ある駐屯地の中でも指折りに入るところじゃないかと思います。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

この相浦駐屯地には2つの大きな部隊(組織)があります。

その1つは「第3教育団」です。

03

この組織は主として新入隊員を育てる「教育大隊」と、陸曹と呼ばれる階級の隊員を育成する「陸曹教育隊」という2つの課程を受け持つ教育機関です。

もう一つは「西部方面普通科連隊」です。

04

この部隊は、陸上自衛隊でもここにしかない、西部方面隊直轄の普通科連隊です。

通常、普通科連隊は師団隷下部隊なんです。

九州は、対馬、五島や沖縄といったように、数多くの離島があります。
しかも、これらの島々と海を隔てた向こうには、中国や韓国、北朝鮮、台湾といった国々と隣り合わせです。

西部方面普通科連隊は、これらの島々を守る専門組織としての任務を主目的とするため、2002年に新編された部隊なんです。

なので、ここには占領された島に侵入、上陸したり、敵の特殊部隊と戦うためのレンジャー部隊を持っています。

以前、別の仕事でこの部隊を訪問したことがあり、その時このレンジャー部隊の訓練風景ビデオを見せてもらったことがあるんですが、それはもう過酷なもので、軟弱な僕なんか絶対真似できないものでした。

駐屯地の紹介はこれくらいにして、早速記念行事の内容に入っていきたい、

のですが、ここまででかなり長くなってしまったので、記念行事の紹介はまたの機会にします。

ではまた。<m(_ _)m>

|

« 陸上自衛隊小平駐屯地記念行事 | トップページ | 相浦駐屯地記念行事 »

自衛隊訪問記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陸上自衛隊相浦駐屯地:

« 陸上自衛隊小平駐屯地記念行事 | トップページ | 相浦駐屯地記念行事 »