« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月29日 (日)

渡良瀬遊水地① ~行ってみよう~

前回、お米を買いに言った話を書きました。

米を売ってもらった知人の家は栃木県藤岡町という場所だったんですが、この藤岡町には有名な場所があります。

「渡良瀬遊水地(わたらせゆうすいち)」です。

01

僕はたまに家族で佐野のアウトレットに行くんですが、そのときにもこの渡良瀬遊水地に沿って走る県道を通ります。

以前からこの場所は気になっていました。

「遊水地」ってなんだろう。
地図で見ると湿原のイメージが強くて、尾瀬のような場所かなって思っていたんです。

今回お米を買って帰る途中、この「渡良瀬遊水地」の中に入ってみることにしたんです

02

一見、ただの野原が広がっているような場所に見えます。

でも、中のいろんな施設を見て、そして家に帰っていろいろ調べていくうちに、この渡良瀬遊水地はとってもすごい場所、つまり首都東京になくてはならない場所だって言うことが判ったんです。

なので、これから何回かに分けて、僕なりに理解したこの「渡良瀬遊水地」についてレポートしたいと思います。

まず、渡良瀬遊水地の位置について。

この場所は基本的には先ほど言った栃木県下都賀郡藤岡町になるんですが、正確には4つの県が交わる場所にあります。
栃木県、茨城県、埼玉県、そして群馬県です。

4つの県がひとつの場所で出会うところって、まずないんじゃないでしょうか。

この遊水地を流れる川は、当然ながら「渡良瀬川なんですが、渡良瀬川は利根川の支流で、この場所から5Km程下ると利根川とぶつかるという、渡良瀬川のほぼ終点といってもいい場所なんです。

03

また、渡良瀬川の支流である、「思川(おもいがわ)」、「巴波川(うずまがわ)」もこの場所で渡良瀬川と合流するんです。

こういう場所にこの渡良瀬遊水地があるのも理由があるんです。

次に「遊水地」とは何かについて。

簡単に言うと、大雨によって川が氾濫し、下流の地域が水浸しになるのを防ぐために設けられた場所です。

渡良瀬遊水地の場合は利根川水系の下流地域、つまり首都圏を洪水から守る重要な役割をもった、「治水施設」なんです。

渡良瀬川、思川、巴波川を流れる地域が大雨となり、利根川へ大量に流れ込むことで利根川の下流が氾濫するを防ぐため、わざとこの地域に水を氾濫させ、利根川に大量の水が流れ込まないようにするという機能を持たせた場所が渡良瀬遊水地なんです。

その仕組みですが、渡良瀬遊水地の中にある、展望台に説明がありました。

04

ただ、仕組みの説明としては、神奈川県にある「境川遊水地公園」のサイトが分かりやすく説明してありました。
(境川遊水地の説明サイトはこちら

あと、当然ながら渡良瀬遊水地は日本最大の遊水地です。
しかも、治水だけではなく他にも大切な役割を担っているんです。

でも今回はここまで。

次回は、歴史について調べてみたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

お米を買いに行きました~後編

(前編のつづき)

キノコ、さつま芋をゲットしたあと、僕たちは野菜畑に移動しました。

06

野菜は半分趣味も兼ねているということで、市場に出せないものも多いんだそうです。

まずは、キャベツを物色。

07

本当は、あと2週間くらい待った方がいいらしんですが、今回は特に成長しているものを選んでくれました。

その他にいただいたものは、人参、ネギなど、今収穫出来るものを少しずつ頂きました。

08

上岡さん、本当にありがとうございます。

あと、帰り際に今回買ったのとは違う種類のお米(2種類)とモチ米まで頂いちゃいました。
ほんと、重ねて感謝!です。

さて、肝心のお米ですが、昨年と同様玄米で購入しました。
今回120Kgを購入したんですが、今回は30Kg入りの袋を二つ持って帰ります。

09

この30Kgが結構キツイんですが、そこは頑張って肩に担いで自宅まで運び入れます。

もちろん、1コずつですけど。。。(;一_一)

10

栃木産コシヒカリの玄米ってことになりますかね。

これを精米して食べるんですが、近所にある精米所で5Kgずつくらいを精米して食べます。

本当は家庭用精米器を買って、食べる分だけその都度精米するのがベストなんですけど、そこは現在前向きに検討中ということで。。

精米もいろいろあって、玄米でもいいんでしょうけど、5部つきとか7分つきとかいろいろ試してます。

とってもおいしいですよ。つき立ては。

また、来春くらいに、残りのお米を取りに行きます。
上岡さん、そのときはまたよろしくお願いします。

(収穫イベントつきで。。。ネ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

お米を買いに行きました~前編

今月初め、お米を買いに栃木県藤岡町というところへ行ってきました。

上岡さん、という方が作っている米を直接買うためです。

実は、一昨年まで僕が勤めている会社で職場の先輩だったんですが、定年退職となり、実家で農家を営んでいるんです。

で、お店で買うより安く新米を売ってくれるということで、昨年から買い始めたんですが、これが結構おいしい。
去年は60Kg買ったんですが、今年は2倍の120kg買うことにしました。
ただ、僕の家は狭いマンションなので、半分の60kgは預かってもらうこととしました。

去年初めて上岡さんちを訪問したんですが、まず行ってびっくりしたことがあります。

この辺り一帯、「上岡」さんちだらけなんです。

Photo

あとで聞いたんですが、この辺りの約7割が「上岡」さんちなんだそうです。
ひえ~!!

さて、上岡さんちへ行くと、米をもらう前にいろいろとイベントが待っています。

今回の最初のイベントは、キノコ狩りです。

02

左側はなめ茸、右側は椎茸です。

まずは、椎茸。ザル一杯の椎茸をゲット!

03

そしてなめ茸。

04

木に生えている時点から、ヌルヌルしてるんですね。
初めて見ましたが、こんなに密集しているとあまり気持ちいいもんではないですね。

こちらも大きめのボウル一杯をゲット!

こんなに食い切れねぇっつうの。
って思ったら、冷凍保存が効くらしいので、よかったっす。

さて、次はイモ掘りです。

サツマイモ畑へ移動し、サツマイモをいただきます。

05

結構大きいのがザクザク出てきます。

本人いわく、去年よりよく出来たとのことです。

ということで、キノコと芋をゲットできたので、そろそろお米を、
と思ったんですが、続いては野菜畑へ移動するとのことで、まだまだイベントは続くんですが、続きはまた次回にて。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

弘前 最勝院

弘前自衛隊記念日のあった日曜日の朝。

宿を早めに出発し、五重塔のある「最勝院」へ行ってみることにしました。

01

正式な名称は「金剛山 光明寺 最勝院」と言います。

京都にある智積院を本山とする真言宗のお寺です。

早速、中へ入ることとします。

「新仁王門」と呼ばれる大きな門をくぐると、紅葉に染まった境内が広がっていました。

02

本堂までまっすぐ伸びる道の両側には観音様がずらりと並んでいます。

そしてその後ろに赤く染まった紅葉がとても綺麗でした。

03

この道を進んでいくとまず目に留まるのが、「平和の鐘」と記された鐘つき堂です。

平和の願いを込めて、一人一回だけ撞くことができるそうです。

04

ただし、「一打百円」。。。( ̄Д ̄;;

次は水場。手を洗って清める所です。

05_2

ここには、立派な青龍が鎮座していました。

よく見ると、右手(?)に何やら文字が書かれた金色の玉を持っています。

06

続いて本堂へ。

07

宗派は違うのであまり関係はないんだけど、一応参拝しておきます。

本堂に参拝し後ろを振り返ると、
紅葉に染まった木々から頭を出したお目当ての五重塔が見えてきます。

08

近くにいきましょう。

本堂を背に右手の入り口から五重塔へと進みます。

09

とても立派な五重塔ですね。きれいな形をしています。

高さは31.2メートルあるそうです。

もっと近づいてみます。

10

ここまで近づくと何だかわかんなくなりますが、これはこれで面白い写真が撮れました。

この五重塔は江戸時代前半、津軽の地を統一するにあたって戦死した敵味方を供養するために建てられたそうで、1667年に完成したとされているそうです。

平成3年の台風被害で大きな被害を受け、翌平成4年から6年にかけて大規模な改修工事を行い、今の姿があるそうです。

最後に、こんなものを見つけました。

11

「太子堂」すなわち聖徳太子を祭る祠です。

聖徳太子と言えば知らない人はいないでしょう。

十七条憲法の制定を初め、法隆寺、四天王寺を建立するなど幅広い活躍で有名ですが、

もっとも有名なのは何と言っても昔の一万円札でしょう。

あの顔が本当かどうかは別にして、特に昔は、

「聖徳太子を拝む」というのは、太子堂に行って聖徳太子にお参りする、

じゃなくて、一万円札を拝む=頂く、っていう意味だったりしたんですよね。

ちょっと横道にそれた気もしますが、紅葉の美しさも相まって、思ったよりとても見どころ満載だった弘前の最勝院でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

紅葉の弘前城~後編

いよいよ弘前城天守閣の中へ入ります。

東北で唯一現存すると言われる弘前城、さすがに傷みがはげしく、でもとても歴史を感じさせる雰囲気が漂っていました。

15

最上階の小さな窓からカメラを突き出して外の景色を撮影してみました。

10

小さな天守閣なので見学は10分程で終了。

この辺りは公園内ではもっとも高い場所なので、岩木山、通称「おいわきやま」がきれいに見えます。

08

帰~ってこ~いよ~♪ って思わず口ずさんでしまいそうになりませんか?

16

天守閣を後にして、北の方角へ向かっていきます。

11

公園内のいろんなところに、このような菊のデコレーションがありました。

12

もちろん美しい紅葉も各所で見られます。

ほんと美しい風景を見ると幸せな気分になりますよね。

13

公園内のもっとも北側には、「青森県護国神社」がありました。

戊辰戦争で死亡した津軽藩士67人を慰霊したのが始まりだとか。

14

最後に、これも重要文化財に指定されている北門から弘前公園を後にしました。

紅葉が本当に美しいこの時期の弘前城、とってもよかったです。

今度は、桜が満開のころにまた訪れたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

紅葉の弘前城~前編

前回の記事にあるとおり、初めて弘前市を訪れました。

弘前のシンボルといえばやはり弘前城でしょう。

春の弘前城も見事な桜に囲まれ美しいと聞きますが、

秋の弘前城もなかなかいいものでした。

弘前城がある弘前公園ではこの時期「弘前城 菊と紅葉まつり」が開催されていて、とっても美しい紅葉を見ることができました。

弘前城の歴史とかは、Wikiで調べてもらうこととして、今回は写真中心でレポートします。

まずは東門から公園に入りました。

01_2

いろんな色の菊があちらこちらにディスプレイされていました。

そして公園内はいたるところで美しい紅葉を拝むことができます。

02_2

03_2

弘前城が見えてきました。

04_2

逆光でお城の真後ろに太陽があったため、お城に光臨が射しているような1枚になりました。

ここから先は有料となります。

05

06_2

「鶴の松」という名前が付いているそうです。

そう言われてみるとなんとなく鶴にも見えるような。。。

07

天守閣が近づいてきました。

いよいよ弘前城とご対面です。

09

と、今回はここまで、次回はいよいよ天守閣の中へ入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »