« 渡良瀬遊水地② ~今の姿になるまで~ | トップページ | 渡良瀬遊水地④ ~展望台より~ »

2009年12月 3日 (木)

渡良瀬遊水地③ ~谷中湖~

渡良瀬遊水地の第3弾は、「谷中湖」です。

08

渡良瀬遊水地は、大きく三つの区画に分けられます。
第1調節池、第2調節池、第3調節池です。

昭和の時代までは、もっぱら治水の目的であったため、これらの調節池は普段はただの原野でした。

治水の仕組みは第1回でお話ししましたね。

平成2年になって、第一調節池に人口の湖が完成しました。
渡良瀬貯水池、通称「谷中湖」と呼ばれるこの湖はハート形をしていて、湖底も当然コンクリートでできています。

06

谷中湖を建設した目的は、「利水」です。
つまり、渡良瀬川の水をここに貯めておき、いざという時の生活用水として使うために作られた湖なんです。

山間部のダムに比べ貯水量が多い、また都心部に近いため利便性にも優れるといった効果があるそうです。

07

また、谷中湖の水をきれいに保つため、いろいろな工夫が施されています。

それは、この遊水地内に自生しているヨシ原の活用です。

09

一見、ただのヨシ原に見えますが、じつは谷中湖の水を強制的にこのヨシ原を通すことで、汚れの元となる窒素、リン等を取り除き、水質の改善を図っているのです。

いわゆる、自然の浄水器ですよね。

谷中湖とこのアシ原の間にウォッチングタワー(展望台)があるんですが、実はこの展望台、なんとヨシ原浄化施設の制御設備なんです。

そして、この展望台に施設の説明板がありました。

10

また、谷中湖の水は毎冬「干し上げ(水を抜くこと)」を行い、夏場のカビ臭を抑えているんだそうです。

夕焼けもとってもきれいな谷中湖。

家族で来ても、カップルで来ても、なかなか楽しめるスポットです。

次回は、ここの展望台から見える風景を中心にレポートするつもりです。

|

« 渡良瀬遊水地② ~今の姿になるまで~ | トップページ | 渡良瀬遊水地④ ~展望台より~ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渡良瀬遊水地③ ~谷中湖~:

« 渡良瀬遊水地② ~今の姿になるまで~ | トップページ | 渡良瀬遊水地④ ~展望台より~ »