« 陸上自衛隊高田駐屯地① ~訪問編~ | トップページ | ロイズチョコ ~クリスマスバージョン~ »

2009年12月12日 (土)

陸上自衛隊高田駐屯地② ~郷土記念館~

陸上自衛隊高田駐屯地郷土記念館に行ってきました。

04

「郷土記念館」は駐屯地を入って右奥にあります。

この建物自身も築100年以上経っていて、歴史的にも貴重な建物なんだそうです。

中に入るとまず、右側に蒋介石、山下清コーナーという部屋があります。

なぜ、ここに蒋介石と山下清が...と思うのですが、それにはちゃんと理由があるんです。

まず、蒋介石

蒋介石は、日露戦争後の1908年(明治38年)から3年間、日本に滞在しています。

東京の学校を出た後、高田に所在していた砲兵学校で学び、そのあと高田野砲第13連隊に士官候補生として入隊しています。

当時の成績はいまひとつと言われているそうですが、ここに展示してある掛け軸の字を見る限りなかなかの達筆でした。

06

そして、山下清

なんと山下清は、ここ高田駐屯地に1日駐屯地司令として訪問しているんだそうです。

そのときの辞令書、写真、そしてその時に書いた絵などが展示してありました。

山下清というと、どうしても昔テレビでやっていた、「裸の大将放浪記」の芦屋雁之助のイメージが強いんですが、実際の写真はかなり小柄です。

07

さすがにシャツ1枚とはいかないようで、ちゃんと制服姿の写真でした。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

メインの展示室には旧軍時代の遺留品や書物、写真等が展示してあります。

その中でもとくに僕の目を引いたのは、旧第13師団の歴代師団長の写真です。

08

右の写真が、第3代師団長 長岡外史、そして左の写真は第4代師団長 秋山好古です。

秋山好古といえば、そう、「坂の上の雲」の主人公のひとり、秋山真之の兄ですよね。

小説では、秋山好古は日本人離れした顔という表現がありますが、確かに外人っぽい顔をしています。

長岡外史はあの横に伸びた大きなヒゲが有名ですよね。
「坂の上の雲」では、世界で2番目に長い...なんてありますが、この写真で見る限りそれはちょっとオーバーなんじゃないのって思います。

地元高田では、秋山好古より長岡外史の方が、人気があるんだそうです。

というのは、第3代師団長として赴任してきた長岡中将は、日本で初めてスキーを取り入れたことからこの地がスキー発祥の地であること、また西洋風の師団長官舎を建てたこと等、高田とのつながりが深いことによるようです。

09

この記念館には他にも、山縣有朋の書があったり、天地人のロケ地となった関山演習場での撮影風景の写真があったり、はたまた当時の春日山城、高田城の模型が展示してあったりと、かなり盛り沢山な内容です。

駐屯地の広報に連絡すれば、いつでも見学できるそうなので、興味がある方は是非行ってみてくださいね。

連絡先は、こちら。 ←高田駐屯地のサイトにジャンプします。

|

« 陸上自衛隊高田駐屯地① ~訪問編~ | トップページ | ロイズチョコ ~クリスマスバージョン~ »

自衛隊訪問記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陸上自衛隊高田駐屯地② ~郷土記念館~:

« 陸上自衛隊高田駐屯地① ~訪問編~ | トップページ | ロイズチョコ ~クリスマスバージョン~ »