« 渡良瀬遊水地① ~行ってみよう~ | トップページ | 渡良瀬遊水地③ ~谷中湖~ »

2009年12月 1日 (火)

渡良瀬遊水地② ~今の姿になるまで~

今回は、現在の渡良瀬遊水地ができるまでの歴史について触れてみたいと思います。

調べていくうちに、渡良瀬遊水地の誕生には足尾銅山との関係が深く関わっていることが分かってきました。
渡良瀬遊水地の公式資料には足尾銅山との関係はあまり触れられていませんが、ウィキペディアや足尾鉱害事件の関連サイトには多くの資料がありました。

06

今回は、栃木県教育委員会が子供向けに掲載しているサイト「栃木ふるさと学習『足尾銅山の歴史』」および渡良瀬遊水地の公式サイトを中心に、調べたことをまとめます。

足尾銅山は明治から昭和の初めまで最も栄えた日本一の銅山として有名です。

渡良瀬川の最も上流に位置し、地図で言うと日光中禅寺湖から10km程南に位置します。

わたらせ渓谷鉄道の終点が間藤、その一つ手前が足尾の駅ですが、車で行く場合は日光宇都宮道路の終点である清滝インターから国道122号を経由していくのが早いようです。

足尾銅山は江戸時代初期(1610年)に発見された銅山で、江戸幕府直轄の銅山としてスタートしました。
江戸城や東照宮の材料として使われる他、江戸時代の代表的な通貨、「寛永通宝」の原材料としても有名です。
江戸時代の中では1600年台後半から1700年代前半までが最も栄えた時期ですが、生産量の減少とともに、江戸時代後半にはだんだん寂れていき、1844年には一旦休止状態となっています。

明治になり、銅山は明治政府に没収され、栃木県の直轄となりましたが、
1877年(明治10年)古河市兵衛により民営化鉱山として再スタートを切ることとなり、それから飛躍的に発展、新しい鉱脈もいくつか開発され、1884(明治17年)には日本一の銅山となります。

ちなみに4大財閥とともに古河財閥も当時栄えた財閥のひとつですが、その原点は何と言っても足尾銅山の成功ですね。

一方で、足尾銅山の発展とともに深刻な問題として浮上したのが、公害問題です。

銅山の発展とともに森林伐採等が進むにつれ、渡良瀬川下流地域で洪水が頻発するようになりました。

また、鉱物に含まれる有害物質が渡良瀬川により下流へ運ばれ、川の魚が死滅したり、洪水と合わさって田畑の農作物が全滅するという被害が出るようになりました。
いわゆる「足尾鉱害問題」です。

1890年(明治23年)1896年(明治29年)には大きな洪水があり、農作物に甚大な被害が出たという記録があります。また1900年(明治33年)鉱毒問題直訴のため上京しようとした地域農民と警官隊が衝突して多数の拘束者が出たという、通称「川俣事件」が起こっています。これをきっかけに足尾鉱害問題が大きな問題として取り上げられています。

この問題と利根川下流の治水事業を一気に解決するために、渡良瀬川の下流に一大貯水地を建設しよう計画が持ち上がり、そしてできたのが「渡良瀬遊水地」なんです。

05

この地域は遊水地になる前は何だったか。

実は、谷中村というひとつの村だったんです。
1889年(明治22年)に3つの村が合併して誕生した谷中村は、渡良瀬川と思川に挟まれた地域で、沼地や湿地が多く農業や漁業が営まれる人口2700人の村でした。

しかし、1904年(明治37年)に栃木県はこの谷中村をそっくり貯水池とすることを地域の了解なく決定、1906年(明治39年)6月30日をもって谷中村は強制的に廃村、隣の藤岡町に合併されることになったんです。

わずか17年という短い歴史で幕を閉じた谷中村は、遊水地となる宿命を背負って誕生したと思えて仕方ありません。

1911年(明治44年)から1922年(大正11年)に、総工費750万円(当時)をかけて工事が進められ、この地に国内最大の遊水地が誕生しました。

その後、昭和10年、13年、22年と相次いで大きな洪水が発生したのを受け、昭和38年より遊水地をより効果的に活用するための大規模工事が行われました。
これは、大きな洪水の時だけ調節池の中に川の水が入るようにし、従来より洪水調節機能を増大させる事業で、調節池化事業と言われています。

なお、当時は現在のようなハート形の池はありませんでした。
谷中湖と呼ばれる現在の貯水池ができたのは、1990年(平成2年)とずいぶん最近なんです。

現在はゴルフ場やスポーツ施設、展望台や資料館等いろんな施設があって、本来の治水機能の他にもスポーツ、レジャーといった多目的な利用の拡張が行われています。

さて、次回は前出のハート形の人工池、「渡良瀬第一貯水池」、通称「谷中湖」にスポットを当てたいと思います。

|

« 渡良瀬遊水地① ~行ってみよう~ | トップページ | 渡良瀬遊水地③ ~谷中湖~ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渡良瀬遊水地② ~今の姿になるまで~:

« 渡良瀬遊水地① ~行ってみよう~ | トップページ | 渡良瀬遊水地③ ~谷中湖~ »