« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月27日 (土)

市ヶ谷記念館 ~ 前編

市ヶ谷にある防衛省は仕事柄よく行く場所なんですが、通称「市ヶ谷台」と呼ばれるこの地に防衛省が六本木から移転してきたのが、平成12年。

つまりちょうど10年前ということになります。

それまで、ここには東部方面総監部(現在は朝霞駐屯地)が置かれていました。

その総監部が置かれていた、通称「1番館」

移転とともに取り壊されたんですが、一部を残して復元され、今では当時の歴史を振り返る歴史博物館として生まれ変わりました。それが、

「市ヶ谷記念館」

なんです。

僕は10年経って初めて、市ヶ谷記念館を見学することができました。

01

外観は当時の1番館の正面玄関そのものです。

実は僕も昔の1番館はよく知ってるんです。(古い人間なもんで。。。(-_-;))
昔と違うのは、2階建てではなく、3階建だったこと。
中央部分はさらにもう一段高くなっていて、国旗と時計があったこと、でしょうか。

車寄せの上のベランダみたいになっている場所は、三島由紀夫が切腹自殺を図った場所としても有名です。

ところで、この建物はいつ頃建てられたものなんでしょう。

紹介パンフによると、昭和12年6月陸軍士官学校本部として建設されたそうです。

太平洋戦争が始まると、この建物は大本営陸軍部、陸軍省、参謀本部が置かれ、旧陸軍の本拠地となります。

終戦を迎えると、ここは米軍に接収されることとなりますが、昭和21年5月に開かれた極東国際軍事裁判、通称「東京裁判」舞台、いや法廷となります。

戦後、昭和34年に返還された後、昭和35年からこの建物は「陸上自衛隊東部方面総監部」および陸・海・空各自衛隊幹部学校として使用されてきました。

そして、平成12年5月、防衛省移転とともに、この1番館は約60年という生涯を終えたのです。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

さて、この記念館は戦前に建てられた当時の面影を残す3つの部屋が再現されています。

大講堂、旧陸軍大臣室、旧便殿の間、の3つです。

まずは大講堂に案内されました。

03

大講堂はこれまでの市ヶ谷台の歴史を学べる空間になっていました。

ビデオ上映による「市ヶ谷台の歩み」や、明治から昭和にいたる展示品の数々。

これらを見ながら先ほど説明した歴史を勉強できるのです。

ところで、正面のステージのさらに上には、「玉座」、すなわち天皇陛下が座る専用のスペースが設けられていました。

04

そして、この玉座に座る天皇陛下をとても大きく見せるために、大講堂そのものの造りにすごい秘密があるんです。

と、ここで前編の終了です。

秘密を知りたい方は、是非後編も読んでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

通信団創立50周年記念行事

2月11日(木)は建国記念日ですが、この日に

陸上自衛隊通信団創立50周年記念行事

が行われました。

「通信団」は市ヶ谷駐屯地の中にあります。

01

いわゆる防衛省がある場所なんですが、じつは防衛省がこの場所に所在するのは平成12年からなのに対して、通信団は創立当時の昭和35年からこの場所にあるんです。

市ヶ谷駐屯地が米軍の駐留地から返還されたのが昭和35年なので、陸上自衛隊としては一番長く所在している部隊ということになります。

通信団は団本部および本部付隊の他に、隷下部隊として、

中央基地システム通信隊
中央野外通信群
通信保全監査隊
システム防護隊
第301映像写真中隊

という5つの部隊で構成されています。

なんとなく部隊の名前からどんな部隊なのかは想像できると思いますが、この中で最も新しくできた部隊は、システム防護隊です。

この部隊は、いわゆるサイバー攻撃等に備えるためにできた部隊で、平成17年度末に新編されました。なので年齢はもうすぐ4歳ということになります。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

記念行事は式典と部隊紹介そして祝賀会食という構成になっていました。

式典は10時から、D棟と呼ばれる建物の前にある「儀仗広場」という場所で行われました。

03

当日はもの凄く寒い日で、曇り空。
今にも雪が降り出しそうな天気の中で行われました。

当然僕ら観客はコート姿。
一応使い捨てカイロが配られたんだけど、風邪も強くそれでも間に合わないくらい。
毛布も希望者には配られていたんだけど、回りの人たちも貰ってなくて、自分だけ貰うのも何だか恥ずかしいような気になって、結局貰いませんでした。
おかげで、最後は足が震えるくらい寒くなってしまい、ちょっとだけ後悔しました。

でも、主役である隊員たちはいつもの制服姿。

02

いくら中に着込んでいるとは言え、約1時間この場に立ち続けるのは至難の技だったと思います。
コートを着て椅子に座っている僕らに比べたら、かなり過酷な試練だったに違いありません。

式典が終わり祝賀会食までは時間があるので、その間に部隊紹介が行われている厚生棟という場所へ移動しました。

この特設コーナーには通信団の歴史紹介や、各部隊の紹介コーナーなどがあり、小一時間ほど楽しめるようになっていました。

歴史コーナーでは見たこともない昔の交換機や懐かしい黒電話等が展示してありました。

04

これは双紐単座式といわれる野外で使用される手動交換機です。

昭和49年に製造され、さすがに現役は引退していますが、現在でも使用できるそうです。

あと、面白かったコーナーは「手動電信コーナー」

05

いわゆる「モールス信号体験コーナー」のことで、鍵を叩くと音が鳴る仕組みになっていました。
また、壁にはカタカナの打ち方と覚え方の一覧表があるので、表を見ながら自分の名前を打ったりできるんです。

06

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

祝賀会食は、今回記念すべき50周年ということもあってか、場所を変えて「椿山荘」で行われました。

07

50周年という節目を迎えた陸上自衛隊通信団。

通信団長もおっしゃっていましたが、変わるものもあり、変わらないものもある。

それぞれの時代に合わせて進化を続けていくと同時に、国民の安心と安全を守るという不変の目標に向かって、たゆまぬ努力を積み重ねていく。

これからも頑張ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月10日 (水)

うどんすき 「杉」 ~後編~

(前編のつづき)

さて、しばらく待つと鉄鍋が沸騰してきました。

そしてここがこのお店独特のポイント。

04_2

鰹でとっただし汁をこのタイミングで加えるんです。

そしてこのまま再び沸騰するまで待てば出来上がり。

お母さんがひとりひとりお椀によそってくれます。

05_2

しかし、このうどんの太さはなんでしょう。麺2、3本でお椀一杯になるんです。

この麺、ふつうの煮込みうどんの4、5倍はあるんじゃないでしょうか。

さっそくいただきまぁす。

おっ、これはすごい。しっかりした歯ごたえがあって、しかもモチモチッ。

そう、お餅に似た食感です。

スープは当然関西風、ダシが命って感じの味です。

九州出身の僕にとってはとっても懐かしい味付けでもあります。

この「うどんすき」については、お母さんにいろいろと話を聞くことができました。

お店は創業42年になるそうなんですが、このうどんすきは創業当時からずっと続いているそうです。

特に麺は特注なんだそうで、埼玉県蕨市にある「四国屋」という讃岐うどんのお店で毎日作ってもらっているんだそうです。

四国屋さんでもこの極太うどんすきを食べることはできるそうなんですが、四国屋さんが冬場だけなのに対して、こちら「杉」では1年中食べられるんです。

つまり夏場は、この「杉」さんのためだけに四国屋さんが極太麺を作ってくれている、ということになるんです。

この麺の特徴はどんなに煮込んでもクズれないこと。

最後まであのモチモチした食感が失われないんだそうです。

たしかに最後の1本まで美味しかったです。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

おまけをひとつ。

これまで見たことも聞いたこともないサイダーを飲みました。

06_2

「ダイヤレモン」っていうんです。

キリンレモンの親戚でしょうか?

何だかレトロなんだけどお洒落なパッケージです。

飲んでみると意外とあっさりしてます。炭酸はそんなにキツくはありませんでした。

とても飲みやすいサイダーです。

07_2

これ、正式には「ダイヤモンドレモン」という炭酸飲料で、兵庫県西宮市にある「株式会社 布引礦泉所」という会社で作られています。

創業は明治32年(1899年)で、日本で最初に炭酸水を製造したという由緒正しい家柄のお飲み物だったんですね。

どうりで気品あふれるサイダーだと思いました。。。

最後にもうひとつおまけ。

トイレの壁にこんな絵を見つけました。

08

この可愛らしい和服姿のお嬢さんは、お母さんの若かりし頃でしょうか。

だって、お母さんも42年間お店では常に和服で通してらっしゃるんでしょ?

楽しい会話、おいしいお酒、そして変わらぬ味の名物「うどんすき」。

また絶対来ますね。お母さん!

もう少し偉くなってからになるかも知れないけど...

~ うどんすき 「杉」 ~
 台東区浅草3丁目33番12号
 TEL 03-3874-2225

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2010年2月 8日 (月)

うどんすき 「杉」 ~前編~

先日、ある会社の社長さんからお祝いの席を設けてもらうこととなり、普段あまり行くことのない浅草のお店に行ってきました。

うどんすき 「杉」

というお店で、浅草は浅草寺の裏手の方にありました。

01_2

店構え的にはお洒落な小料理屋さんといった感じです。

「杉」と大きく書かれた藍色ののれんが小粋です。

予約を告げると奥の座敷に通されました。

4人席の小部屋には掘りごたつ形式の正方形のテーブル。
テーブルの真ん中が抜けていて、ガスコンロが納まっていました。

上からは時代物の自在鉤(じざいかぎ:鍋を吊るすために天井からぶら下がってるやつのこと)が吊り下げられているため、囲炉裏を連想させる作りになっています。

早速ビールで乾杯し、前菜が出てきました。

料理はどれもやさしい味で、下町なのにどちらかと言えば関西風のあっさりした味付けだと感じました。

さて、料理の途中で、突然女将さんが赤飯粕汁を持ってきてくれました。

なんでも社長から今日がお祝いの席だって伝わっていたらしく、お店の好意で出してくれたんです。

僕なんか初めての客なのに、なんて素晴らしいおもてなしでしょう

ちなみに赤飯は浅草で有名なお店(ゴメンナサイ、お店の名前が思い出せません)のもの、そして粕汁はこのお店でしか味わえない新潟の銘酒「長者盛」の酒粕で作ったお店のオリジナルだそうです。

でまた、この女将さんがいわゆる下町のチャキチャキの典型のような方で、初めて会った僕でも、何だか下町の親戚のおばちゃんちに来たみたいな気分になれる、いや、思わず「お母さん」って呼びたくなるような、とっても人情味あふれる方でした。

ひととおりお酒がすすみ、食事も終盤へ。

ラストはここの看板にもなっている、うどんすき、の登場です。

先ほどのコンロに鉄鍋が乗せられました。

02_2

鶏肉、つみれ、ネギ、竹輪にカマボコ、さやえんどうに椎茸と、下のうどんが見えないくらいに具材が敷き詰められています。

なんだかワクワクしてきました。

一旦蓋を閉め、煮立つのを待ちます。

03_2

手前にあるのは、海老しんじょうと水菜のサラダ。

海老しんじょうは実は僕の大好物のひとつなんです。

外はカリっと、でも中はフワッとした食感と、噛んだときに口に広がる海老の風味がとても好きなんです。

さて、しばらく待つと鉄鍋が沸騰してきました。

いよいよ蓋をとってうどんすきとのご対面です。

ですが、前編はここまで。

感動のうどんすきとのご対面は後編にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

権現堂公園 水仙まつり

埼玉県幸手市というところに「権現堂公園」という観光スポットがあります。

もともと桜の名所として有名な場所なんですが、先日この横を通った時、桜の時期でもないのに駐車場に結構車が止まっていて気になってたんです。

調べてみると、何でも「第1回 水仙まつり」というのをやってるらしいんです。

01

早速行ってみることにしました。

現地に到着すると、駐車場には数十台の車が停まっていました。

駐車場から堤の方を見ると、こちら側の低い所に若干の水仙と「水仙まつり」と書かれたのぼりが立っていました。

02

まずは堤の向こう側へ行ってみます。

03

ここの存在は知っていたし、この堤沿いの道路はよく通っていたんですが、堤の向こう側は初めて。
結構広い土地が広がっていたんですね。

そして、堤に沿って植えられている沢山の桜の木。

04

桜が満開の頃に来るとこの道が桜のアーチに覆われる訳ですね。

今度の春休み、また同じ場所で写真を撮りに来ようっと。

さて、肝心の水仙まつりに戻ります。

案内矢印に従って進んでいくと、もとの駐車場のあたりに戻ってきました。

05

つまり水仙は堤の外側だけだったんですね。

今回行ったこの時期は咲き具合的にはどうだったんでしょう。

ピーク前だったのか、ピークを過ぎていたのかちょっとわかりませんでした。

ただ、一部で違う色の水仙を発見。

06

おそらく、2色の水仙が上下にぎっしり並んでいる風景が一番見頃なんじゃないか、って思いました。

何しろ今回が「第1回」水仙まつりということだし、回を重ねていくうちにきっと良くなっていくんでしょうね。

07

でも、春は桜と菜の花、夏は紫陽花、秋は曼珠沙華(まんじゅしゃげ)、そして冬は水仙と、四季を通していろんな姿で権現堂堤を楽しませようとする、そんな関係者の方々の努力に敬服です

今度は桜まつりの頃に来ます。絶対行きますヨ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »