« うどんすき 「杉」 ~後編~ | トップページ | 市ヶ谷記念館 ~ 前編 »

2010年2月14日 (日)

通信団創立50周年記念行事

2月11日(木)は建国記念日ですが、この日に

陸上自衛隊通信団創立50周年記念行事

が行われました。

「通信団」は市ヶ谷駐屯地の中にあります。

01

いわゆる防衛省がある場所なんですが、じつは防衛省がこの場所に所在するのは平成12年からなのに対して、通信団は創立当時の昭和35年からこの場所にあるんです。

市ヶ谷駐屯地が米軍の駐留地から返還されたのが昭和35年なので、陸上自衛隊としては一番長く所在している部隊ということになります。

通信団は団本部および本部付隊の他に、隷下部隊として、

中央基地システム通信隊
中央野外通信群
通信保全監査隊
システム防護隊
第301映像写真中隊

という5つの部隊で構成されています。

なんとなく部隊の名前からどんな部隊なのかは想像できると思いますが、この中で最も新しくできた部隊は、システム防護隊です。

この部隊は、いわゆるサイバー攻撃等に備えるためにできた部隊で、平成17年度末に新編されました。なので年齢はもうすぐ4歳ということになります。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

記念行事は式典と部隊紹介そして祝賀会食という構成になっていました。

式典は10時から、D棟と呼ばれる建物の前にある「儀仗広場」という場所で行われました。

03

当日はもの凄く寒い日で、曇り空。
今にも雪が降り出しそうな天気の中で行われました。

当然僕ら観客はコート姿。
一応使い捨てカイロが配られたんだけど、風邪も強くそれでも間に合わないくらい。
毛布も希望者には配られていたんだけど、回りの人たちも貰ってなくて、自分だけ貰うのも何だか恥ずかしいような気になって、結局貰いませんでした。
おかげで、最後は足が震えるくらい寒くなってしまい、ちょっとだけ後悔しました。

でも、主役である隊員たちはいつもの制服姿。

02

いくら中に着込んでいるとは言え、約1時間この場に立ち続けるのは至難の技だったと思います。
コートを着て椅子に座っている僕らに比べたら、かなり過酷な試練だったに違いありません。

式典が終わり祝賀会食までは時間があるので、その間に部隊紹介が行われている厚生棟という場所へ移動しました。

この特設コーナーには通信団の歴史紹介や、各部隊の紹介コーナーなどがあり、小一時間ほど楽しめるようになっていました。

歴史コーナーでは見たこともない昔の交換機や懐かしい黒電話等が展示してありました。

04

これは双紐単座式といわれる野外で使用される手動交換機です。

昭和49年に製造され、さすがに現役は引退していますが、現在でも使用できるそうです。

あと、面白かったコーナーは「手動電信コーナー」

05

いわゆる「モールス信号体験コーナー」のことで、鍵を叩くと音が鳴る仕組みになっていました。
また、壁にはカタカナの打ち方と覚え方の一覧表があるので、表を見ながら自分の名前を打ったりできるんです。

06

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

祝賀会食は、今回記念すべき50周年ということもあってか、場所を変えて「椿山荘」で行われました。

07

50周年という節目を迎えた陸上自衛隊通信団。

通信団長もおっしゃっていましたが、変わるものもあり、変わらないものもある。

それぞれの時代に合わせて進化を続けていくと同時に、国民の安心と安全を守るという不変の目標に向かって、たゆまぬ努力を積み重ねていく。

これからも頑張ってください。

|

« うどんすき 「杉」 ~後編~ | トップページ | 市ヶ谷記念館 ~ 前編 »

自衛隊訪問記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通信団創立50周年記念行事:

« うどんすき 「杉」 ~後編~ | トップページ | 市ヶ谷記念館 ~ 前編 »