« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月30日 (金)

珈琲牛乳ソフト

ソフトクリームって、いろんな観光地に行くとだいたいそこのオリジナルがあったりします。

いわゆる、「ご当地ソフト」とでも言うんでしょうかね。

以前、最近有名になった、花畑牧場の「生キャラメルソフトクリーム」を紹介しました。
  
  >(その記事を読みたい方は上の文字をクリックしてね)

新千歳空港にできた花畑カフェで買ったものでした。

あの重量感とコクは、かなりインパクトのあるものでした。

さて、今回は先日箱根に行ったときに食べた、

「珈琲牛乳ソフトクリーム」

です。箱根湯本の駅前商店街で見つけました。

03

箱根湯本の駅前に広がる商店街は結構たくさんのお店があり、またかなりの観光客も訪れていて活気がある印象をうけました。

そんな商店街の一角にあるのが、

「箱根焙煎珈琲」

です。

01

本来は、自家焙煎のコーヒー豆を売るお店です。

なんでも、注文を受けてから焙煎するという、なかなかこだわりのあるお店なんですが、それにしても珈琲牛乳ソフトの看板がやけに目立つんです。

その看板につられて、思わず買ってしまいました。

珈琲牛乳ソフト、300円。

そのソフトクリームがこちら。

02

それほど大きい訳でもなく、また色も淡い褐色でそんなにコーヒーが濃いイメージではありません。

でも、一口食べると、コーヒーの香りと味はしっかり付いていて、しかも牛乳もタップリ使われているらしく、全体的にはすごく濃厚でオリジナリティのあるソフトクリームでした。

これぞまさしく、珈琲専門店が作ったソフトクリームだなってうなずける一品です。

よく、銭湯や温泉で湯あがりにコーヒー牛乳を飲む人っているじゃないですか。

箱根の温泉に入った後に、この珈琲牛乳ソフトをいただくのもなかなかいいと思いますよ。

箱根湯本のおすすめソフト、珈琲牛乳ソフトのお話でした。

※「箱根焙煎珈琲」  神奈川県箱根町湯本702  ℡0460-85-5139

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年4月24日 (土)

カップルシート by TJライナー

先日、東武東上線に乗った時のことです。

東武東上線には仕事の都合で時々利用します。

この日は、以前お伝えした第1師団の記念行事の日でした。

式典が終わり、東武練馬駅で普通の電車に乗ったんですが、なんとなくいつもの電車の雰囲気と違うんです。

Tj01

何が違うんだろうと思いつつ見ていると、そう、
横長のシートなのに、2人掛けになっているんです。

しかも背もたれもとひじ掛けもあって、これってまるで、

「カップル専用列車」

みたいじゃないですか。死語を使って言い直すと、

「アベック専用列車」 (プッ)

です。って、この言い直しは全然必要ありませんでした。

で、あらためて正面から見るとこうなります。

Tj02

こんなシート、もし若い女性が座っていて、でもって隣が空いてたとしても、ちょっと座るのに勇気が必要だよなぁ。

って、考えすぎなのかなぁ。

ところで、どうしてこんなシートになってるんだろう。

と思い、東武鉄道のサイトに行って調べてみました。
で、わかったこと。

実はこのシートは、「マルチシート」と呼ばれるもので、東武鉄道の最新型車両、

「TJライナー」

で採用されているものなのでした。

以下、東武鉄道の紹介文をそのまま引用します。

「『TJライナー』は、平成20年6月14日の東武東上線のダイヤ改正に合わせて運転開始された座席定員制列車の愛称です。夕方以降の時間帯に池袋発の下り 列車として停車駅を限定して運行しており、着席整理券をご購入いただくことにより、池袋からの通勤・通学やお買い物の帰りに、ゆったり着席してお帰りいた だくことができます。

この座席定員制列車「TJライナー」の運転に合わせて、必要な設備を備えた新たな車両として、「50090型」が登場いたしました。この車両は、従来から のコンセプトである「人と環境にやさしい次世代型通勤車両」を踏襲し、更なる快適性の向上も図っています。

主な特徴としては、客室用腰掛けにクロス状態とロング状態に変換可能なマルチシートを当社で初めて採用しました。朝ラッシュ時や昼間時にはロングシートで 運行されていますが、「TJライナー」として運転する時にはロングシートからクロスシートに変わります。

また、アルミ合金のダブルスキン車体とあいまって、スクリュー型パッケージコンプレッサーの採用により、低騒音化の向上を図っています。」

 (出典サイト:東武鉄道「TJライナーご紹介」

上の文章の太字の部分が、マルチシートに関する部分です。

で、先程の写真をもう一度見てみましょう。

Tj02_2

座席の下にある、箱の中央にペダルのようなものが収納されています。

おそらくこれを引き出すと、座席が前にせり出し、90°回転する構造になっているんじゃないかと思います。

カップルシート、じゃなくてマルチシートが採用されたTJライナーの車両とは、多目的に使用できる最新型車両だったんですね。
なかなか素晴らしいじゃないですか。東武鉄道さん。

でも、やっぱりこのシートに見知らぬ女性と並んで座るのには抵抗あるよなぁ。
(かなりしつこくてすみません。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

梅昆布飴

以前、「男梅」にハマっている話をしました。
(その時の記事を読みたい方は上のリンクをクリックしてね)

男梅には今でも相変わらずハマっていて、平均して週イチは買います。
前回お話ししたように、会社の机に常備していて、最近は僕以外の社員も食べてくれています。

会社でもなかなか評判なんですよ。

そんな中、新たに僕の心をくすぐる飴を発見してしまいました。その名は、

「梅昆布飴」

といいます。

01_2

可愛らい、そしてなんだか懐かしいパッケージですよね。

パイン株式会社というところの商品です。

「パインアメ」が有名らしいのですが、僕はあまり知りません。

大阪の会社なので、関西方面ではメジャーなのかもしれませんね。

とここで、パッケージの右上の部分に注目!

なにか、とっても見慣れた絵が描かれています。

そう、「都こんぶ」です。

ということは、この商品は都こんぶとのコラボ商品ってこと。

中野の都こんぶと言えば、みんな知ってる食べ物ですよね。
(若い人は知らないかなぁ。。。)

駄菓子屋や駅の売店には必ずある定番商品です。

あの甘酸っぱい味とちょっと湿り気のある昆布の食感がいいですよね。

さっそく、パッケージを開封すると、中からパッケージにあった女の子がいっぱい出てきました。

02

一粒、取り出してみます。

03

しかし、この女の子の流し目が、何というか、意味深というか、色っぽいというか。。。

ちょっと、気になりません?

04

飴自体は、丸っこい形をしています。
形と色だけでは何とも言えませんよね。

なので、さっそくいただきます。

外側の硬い部分は意外と薄く、中には粉末が詰まっていました。
その粉末の味が、まさに、

「梅昆布茶」

なんです。

そう、口の中で梅昆布茶が出来上がるような、そんな感覚です。

サイトの説明によると、

「【都こんぶ】と同じ北海道産真昆布をコーティングパウダーとキャンディの両方に贅沢に使用しました。
また、昆布と相性ピッタリの和歌山県産の梅を 配合し、昆布と梅の上品な味わいを堪能できます。
お口いっぱいに広がる素材の風味や旨味をたっぷりとお楽しみください。」

とのこと。
素材にこだわった味、たしかに美味しいですよ。

ただし、僕的には「梅昆布飴」も捨てがたいけど、やっぱり「男梅」のほうがいいかな。

っていうか、僕って「梅」系の飴が好きなのかなぁ。

  ~ 梅昆布飴のサイトは、こちらでどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

大涌谷名物 黒たまご

箱根大涌谷の名物といえば、もちろん、

「黒たまご」

ですよね。
っていうか、実際現地を訪れるまで知らなかったんですけど、巷ではとても有名なんですね。

箱根ロープウェイを大涌谷で降り、

「大涌谷観光センター」

の入口入ってすぐのところに売ってました。

01

そこに、見本と称してザルいっぱいの黒たまごが飾ってあるんですが、僕も含めて初めて見る人にとってはとってもインパクトがあります。

02

5個入りで500円です。
バラ売りはしていないらしく、5個単位で買わなければならないようです。

それでも結構売れてるらしく、僕が買おうとした時も品切れで、しばらく待たされました。

とりあえず、2袋ゲットしました。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

ところで、観光センター内にはいろんな土産品が売ってました。

黒たまご関連で行くと、まず、黒たまごキティが目につきます。

03

ぬいぐるみから、キーホルダー、シャーペンまで様々な黒たまごキティグッズが売られていました。

04

店の表にもデッカイ黒たまごキティが立っていて、観光客がキティと一緒に記念写真を撮ってました。

あと、僕が気に入ったのが、

「箱根寄木細工」

昔どっかで見た、からくり箱がとても気になって、思わず買ってしまいました。

01

英語表記もあって、外人さんをターゲットにしているのが見え見えでした。
ということは、これを買った僕は外人さんってこと?

いやいや、れっきとした日本人です。

あと、お土産にこんなものを買ってみました。

02_2

まん中の、「楊枝入れ」です。
これ、とてもおもしろくて、上のフタをスライドさせると中の爪楊枝が、

「ヒョコッ」って出てくるんです。

ねっ、なかなかグッド!でしょ?

ちなみに、両側にある2つも楊枝入れなんですヨ。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

さてさて、肝心の黒たまごを食べてみましょう。

05

見本のとおり、真黒です。

でも、割って殻を取り除くと、普通のゆで卵になってしまいます。

中も多少黒くなってるのかと思ったので、ちょっと期待外れ、じゃなくて意外でした。

味も普通のゆで卵と一緒です。。。僕的には。

本当は、できたてのアツアツを食べるのがいいんでしょうね。

ちょっと後悔。。。じゃなくて反省。。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金)

陸上自衛隊第1師団記念行事

2010年4月11日 陸上自衛隊練馬駐屯地にて、第1師団創立48周年、練馬駐屯地創立59周年記念行事が行われました。

03

天気予報的にはパッとしない感じかと思っていたんですが、結局曇り空から晴れへと変わり、しかも結構暖かく、この時期としてはいい天候の中で行われたのではないかと思います。

01

さて、首都圏を守る第1師団ですが、ここの記念行事の特長は、何といっても東京都知事が必ず出席されることでしょう。

しかも石原都知事師団長と伴に、巡閲、観閲行進を受ける観閲官の役割を兼ねているんです。

02

これは他の師団ではなかなか見られないことです。

石原さんだからなのでしょうか。だとしたら都知事が他の誰かに替わったらこういう巡閲とかはなくなるんでしょうかね。

記念式典では、師団長に続いて石原都知事が祝辞を述べるんですが、なんというか、石原節とでも表現したらよいのでしょうか。

完全に「タカ派」的なスピーチでした。
戦後の教育が今の日本をダメにしているとか、民主党政権になってますますおかしくなっているとか。。。

まあ、確かに僕的には共感できるところもありますが、普通の人たちからするとかなり強烈な内容だったんじゃないかと思います。

とはいえ、テレビなんかでも常に「超」タカ派発言をする石原都知事ですから、これはこれでいいんじゃないでしょうか。

ちなみに、石原都知事の祝辞の際には、報道陣も多数来ていました。

05

で、おもしろかったのは、石原都知事の後に自民党で元防衛大臣の小池百合子氏が祝辞を述べたんですが、石原都知事が終わったところで、報道陣がサーッと引けてしまい、なんだか小池さんが可哀想になってしまいました。

小池さんも環境問題を防衛と結び付けるという結構おもしろい話だったんですよ。

06

石原都知事と小池氏の話の内容はネットニュースなんかで掲載されているので、気になる方はそちらをご覧ください。

さて、祝辞が終わると観閲行進へと移ります。

まあ、だいたい他の師団と同じような内容だったんですが、さっきも言ったように違うのは師団長と石原都知事が並んで観閲台に立つことでしょうか。

観閲行進が終わると、引き続いて音楽隊演奏が行われました。

今回はまず、第一音楽隊とラッパ隊とのコラボレーションが披露されました。

07

息もぴったり合って見事な演奏でした。

引き続き、ラッパ隊が退場し、音楽隊はそのままで、今度は太鼓のチームが入場してきました。
第一音楽隊と太鼓のコラボレーション演奏です。

08

今回参加した太鼓のチームは、朝霞駐屯地に所在する第一施設大隊の有志で結成された、

「朝霞振武太鼓」

と、武山駐屯地に所在する第31普通科連隊の有志で結成された、

「武山自衛太鼓」

の混成チームです。

よく見ると、2チームの太鼓は交互に並んでいて、動きもぴったり合っていました。
相当練習したんでしょうね。
音楽隊との息もよく合った、勇壮な演奏を聞かせてくれました。

ほんと、あったかくて天気も良かったせいか、一般のお客さんもかなり入っているようでした。

以上、練馬駐屯地で行われた記念行事のレポートでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

桜2010 ~外濠編~

前回は今年の桜、箱根編をお届けしましたが、

今回は「外濠編」です。

東京千代田区にある外濠公園は、JR飯田橋駅から四ッ谷駅付近まで続く、とても細長い公園です。
途中何箇所か切れ目がありますが、総延長は約2.5キロメートルもある、おそらく日本一細長い公園じゃないかと思います。

この公園沿いにはたくさんの桜の木が植えられていて、あちこちに花見スポットがあるんです。
当然花見のシーズンにはたくさんの花見客が訪れます。
夜も宴会ができるスペースがいくつかあって、連日場所の取りあいが繰り広げられているんです。

そんな中から、僕が撮影した外濠公園のベストショットを紹介します。

まずはこちらから。

201001

手前側の桜越しに対岸の桜並木が並んでいます。
近くの桜と遠くの桜のコラボレーションといったところでしょうか。

続いては、こちら。

201012

JR市ヶ谷駅から飯田橋方面に歩いて行くと、このような桜並木が続いています。

この辺りが花見の場所取りの激戦区だと思います。

4月2日(金)、実は僕らも今年はこの辺りで花見を決行しました。
天気予報は雨、降水確率も100%だったんですが、晴れ男である実行委員長の力で午後には雨もあがり、満開の桜の下で花見ができました。

ちなみに実行委員長とは、僕のことなんですけど。。。ネ。

次の2枚は、ちょっとズームインしたショットをどうぞ。

201003

201011

続いては、四ッ谷駅から市ヶ谷方面に下っていく途中にある1本です。

201009

この木はこのあたりの桜の木のなかではかなり大きい1本だと思います。

なかなか見事な咲きっぷりなんですが、写真では伝わりにくいかもしれませんね。

そして最後はこちら。

201010

四ッ谷の外堀通りから対岸に咲く桜です。

ちなみに桜の後ろに立つ建物は「雙葉学園(ふたばがくえん)」です。

とても歴史の古い学校で、小学校から高校までの一貫教育で有名な女子高です。

という訳で、外濠公園に咲く桜を何枚か掲載してみました。

今年の桜ももう見納めですね。
ただ、東北や北海道はこれからなので、もし行く機会があったらまたレポートしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

桜2010 ~箱根編~

今年の桜ももう終わりが近づいてきました。

関東でもだんだん葉桜に変わってきているようです。
お花見も先週末あたりがピークだったようです。

という訳で、今年の桜のベストショットを掲載したいと思います。

先週末は突然箱根に行くこととなり、金曜日にホテルとレンタカーを予約。
土日の1泊で湯元温泉に行ってきました。

ということで、今回はその時に撮った写真を掲載します。

ちなみにブログ用ということでダウンサイジングしているため、画質はあまり期待しないでくださいね。

まずは、今回泊まった湯本富士屋ホテルの桜から。

201004

富士屋ホテルと言えば、宮の下にある富士屋ホテルが有名ですよね。
立派な和風造りのホテルで、箱根駅伝でもよく登場するスポットです。

湯本富士屋ホテルはもっと近代的な造りですが、こちらも高台の上にあって上層階からは湯本の街が見下ろせるなかなかいいホテルでした。

機会があったらまた、レポートしたいと思っています。

続いては、箱根町立湯本小学校の正門に咲く桜です。

201005

湯本小学校は旧東海道沿いにある小学校で、明治5年創立というとても古い歴史を持つ小学校なんです。

この桜の木もかなり年季の入った立派な桜でした。

お次は、湯本小学校のすぐ近くにある、「早雲寺」の前に咲く桜です。

201006

このお寺は、小田原城主・北条氏の菩提寺です。
建立は1521年ということなので、室町時代の後期ということになるでしょうか。
ただし、1590年、豊臣秀吉による小田原攻めですべてを焼失してしまったそうで、今のお寺はその後1627年に再興されたものだそうです。

続いては、箱根湯本の街中を流れる早川沿いに咲く桜です。

201007

201008

早川は芦ノ湖から小田原までを流れる二級河川で、全長約20キロメートル。
箱根登山鉄道に沿って流れています。

この湯本で須雲川と合流するため、このあたりが最も流量が多くなっています。

実際僕も見て、とても流れが早いと感じました。
ひょっとしてこの時期は雪解け水なんかも影響しているのかもしれませんね。

夜中になると、川の流れの音がホテルの部屋の中まで聞こえてくるくらい、とても勢いのある流れでした。

という訳で、箱根湯本の桜もこの時期満開。
結構僕たちを楽しませてくれました。

日本人でよかったってあらためて感じさせてくれた、そんな箱根湯本の桜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

陸上自衛隊第15旅団新編行事~おまけ

~ 「陸上自衛隊第15旅団新編行事①」を読んでない方はそち らから読んでくださいね ~

今回、久々の沖縄出張ということもあり、やはりお土産は買って帰らないと。。。

ということで、今回買ったお土産レポートを「強引に」しちゃいます。

僕は出張に行くと必ず家族にお土産を買います。
そのほとんどは帰りの空港で買うんですが、、、

今回は、たまたま宿泊したホテルのすぐ近くに24時間オープンのスーパーマーケットがあったので、そこで買うことにしました。

そのスーパーは「フレッシュプラザ ユニオン」という名前です。
沖縄では結構有名らしく、テレビCMもやってるようですね。

「ユニオンですから。」

というキャッチが売りの、沖縄本島南部に17店舗を構えるチェーン店です。

ところで「ユニオンですから。」って言われた後、思わず「残念!」って言いたくなるのって僕だけでしょうか。
(すみません、かなり昔のギャクでした)

それはともかく、今回ユニオンで買ったお土産とは。。。

まず、沖縄土産の定番の一つと言えば、やはり、

「紅芋タルト」

でしょう。今回は隣に売られていた

「紅芋パイ」

とセットで購入してみました。

1522

今や「ちんすこう」と肩を並べるくらい、いやちんすこうより人気があるかもしれませんよね。

そんな、紅芋タルトのアップをどうぞ。

1524

それと、一緒に買った紅芋パイ、こちらも結構おいしかったですよ。

ちなみに割ってみると中には紅芋が結構詰まっていました。

1523

お次は飴系のお菓子を3つ。

1525

まずは沖縄黒飴をひとつ。
沖縄産の黒砂糖と大豆でできた飴です。

そして、こちらも沖縄ならではのシークヮーサー飴。

さらに、こちらも沖縄発祥でもはや全国区となっている

「スッパイマン」

スッパイマンはよく駄菓子屋さんなんかで小袋タイプをみかけますが、こちらはタップリサイズで売られていました。

甘酸っぱい独特の味は病みつきになります。

お次は粉末系の品を3つ。

1526

左の袋は、「サーターアンダギーミックス」

サーターアンダギーそのものをお土産にしてもいいのですが、それだとかさばるし、こちらの方が断然お得です。
関東でも売ってはいるんですが、ユニオンで買うと関東の半額以下でゲットできるんです。
僕が買ったのは、セール品で一袋168円でした。メチャ安!!

作り方もとても簡単で、サーターアンダギーミックスと卵を混ぜて、油で揚げるだけ。
揚げたてのサーターアンダギーは最高です。
今回は、家のリクエストもあってなんと4袋も買ってしまいました。
(いくらなんでも買いすぎでしょ。(*_*;)

あと、砂糖と塩を一袋ずつ。
砂糖は当然沖縄産の黒糖、そして塩は当然天日干しの生塩です。
沖縄では、塩のことを「マース」って言うんですよね。

そして、最後に登場するのは、もちろん、もはや沖縄の代名詞といっても過言ではない、

「オリオンビール」

です。

1527

現地ではオリオンビールもたくさんの種類が売られていました。
発泡酒もいろいろあったのですが、僕は迷わず定番の

「オリオンドラフト」

を買いました。

おつまみには、ホーメル「ランチョンミート」を買ってみました。

沖縄で有名なのは「SPAM(スパム)」ですが、こちらは同じアメリカのホーメル社が出している別の製品です。

基本的にはスパムと同じだと思います。たぶん。。。

という訳で、今回はお菓子から調味料、ビールまでと、かなりの物量を購入してしまいました。

というか、結構カバンが重くなってしまい、自宅にたどり着くまでの道のりがとても辛かったっす。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »