« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月31日 (月)

陸上自衛隊第3師団記念行事 ~その1~

5月16日(日)は陸上自衛隊第3師団創立49周年、千僧駐屯地創設59周年記念行事に参加してきました。

千僧駐屯地は、兵庫県伊丹市にあります。
伊丹市には、千僧駐屯地の他に伊丹駐屯地があり、さらにそのすぐ近くには川西駐屯地もあって、半径1キロの円の中に入るくらいの近さで3つの駐屯地が所在しているんです。

01

千僧駐屯地の「千僧(せんぞう)」はここの地名(昔はこの辺りは千僧村と呼ばれていた)からとったものなんですが、この地名には何か由来がありそうです。

ネットで調べてみると、まず読み方が違っていることがわかりました。
「せんぞう」ではなく、「せんぞ」が正式な地名のようです。
ただし、「せんぞう」変換で「千僧」は出てくるけど、「せんぞ」で「千僧」は変換されない。
また、千僧駐屯地は一般的に「せんぞうちゅうとんち」と呼ばれています。
近くにある「千僧口」というバス停も、「せんぞうぐち」と読むみたいだし、「せんぞう」が一般化しているみたいです。

で、その「千僧」の由来ですが、微妙に違った説があるものの、奈良時代の有名な僧侶「行基菩薩」と深い関わりがあるようです。

行基というお坊さんは、関西を中心に数々の寺院の建立に関わったとされていて、奈良東大寺の大仏の建造とも関係があるそうです。
また、農業発展のために全国の治水や灌漑事業を推し進めた人物としても有名なんです。

千僧駐屯地のすぐ近くにある「昆陽池(こやいけ)」という大きな池も、この地の新田開発のために行基の指導によって作られた人工池で、この池が完成した時、建設に際しての犠牲者の供養のため、行基は多くの僧を集めて大法要を行いました。
これがいわゆる「千僧供養(せんぞくよう)」と呼ばれるもので、「千僧」という地名はそれにちなんで付けられたと言われています。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、千僧駐屯地の式典に戻ります。

この駐屯地はそれほど大きな駐屯地ではなく、町中にあって駐屯地の回りは住宅街になっています。

301

グランドも狭く、観客はグランドを取り囲むようにして観閲式を見る訳ですが、ここの式典の特長は観閲行進にあります。

普通は観閲部隊は左手から入ってきて右手に抜けるのですが、ここの場合はこの狭いグランドをぐるっと1周するんです。

なので、観閲台の反対側の観客も目の前を部隊が通り抜けていくのを見ることができるんです。
ただ、車両はかなりのスピードで駆け抜けていくので、結構忙しいんじゃないかと思います。

302

会場は狭いんですが、さすがは師団の観閲行進だけあって、いろんな装備品が出てきます。

303_2


304

305

戦車だってこのとおり。74戦車が最後に出てくると、子供たちから歓声も上がってました。

観閲行進が終わると格闘技の展示が行われました。

306

やられる役の演技(?)が上手くて、リアル感たっぷりの展示でした。
掛け声もさすがに関西弁で、とっても面白かったですよ。

最後は訓練展示なんですが、これがまた本当に狭いグランドにいろんな装備品が所狭しと登場するんです。

307

でもって、戦車や特科の大砲が空砲をぶっ放すもんだから、轟音やら振動やら砂ぼこりやら、ほんと見る方も大変でした。

308

という訳で、第3師団の式典はこじんまりしてるけど迫力満点な、けっこうリアル感を楽しめる式典なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

最近買ったデジタルグッズ ~続き~

(前回の続きです)・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ドコモの携帯「F-04B」に続いて購入した、デジタルグッズの第2弾は、

液晶サブディスプレイ

パソコンにつないで、2台目のディスプレイとして使うためのグッズです。

雑誌とかネットで見てて、いつか欲しいなぁって思ってたんです。

で今回購入したのは、

センチュリー製 「LCD8000U」という製品。

02

8インチというちっちゃなディスプレイなんですが、これがなかなか、
解像度もSVGAだし、期待通りの便利さを発揮してくれてます。

まず、添付のCD-ROMでドライバをインストールすれば、あとはUSBで接続するだけ。

パソコンを起動すると、こちらのディスプレイも勝手に起動します。

で、どんな使い方をするのか。

僕の場合、会社で使ってるんですが、こちらのサブディスプレイにはメーラーソフト(OUTLOOK)を主に表示させています。

メインディスプレイは、会社の事務処理だとか資料作成だとかで全画面フルに使うことが多い一方、メールは多い日だと1日に100通近く来ることもあります。
そんな時、メインで作業をしながらメールが届くとサブ画面でチェックするなんて使い方ができるんです。

机の上においてもそんなに邪魔にはならないし、マウスを移動させるだけで2つの画面を自在に使えるのがとてもイイ感じです。

家で使うのなら、メールの他にも自分がよく使うサイト、例えばブロガーなら自分のブログ管理サイト、ネットショップが好きな人ならネットショップサイト、テレビ好きならワンセグ、検索ちゃんなら検索サイト。。。
とにかく、いろいろ使えて便利だと思います。

あと、PCの性能にもよりますが、USBのクチさえあれば何台でもつなぐことができるんです。
実は僕ももう1台欲しいなぁと思ってます。
会社でいつも使ってる個人のポータルサイトを常に出しときたいんです。
1台12000円くらいなので、金銭的に余裕ができたらそのうち購入するつもりです。
あんまり増やすと机の上がディスプレイだらけになってしまうので、あと1台くらいで十分かな。

センチュリー「LCD-8000U」が気になる方は、こちらでどうぞ。 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、デジタルグッズの第3弾は、デジタルカメラ。

ちょっと訳あって、これまで使っていたデジカメ(ニコンS620)が使えなくなってしまったので、

キヤノンの 「IXY930IS」

という機種を購入しました。

03

自宅で使うカメラとしては4台目、個人で使うカメラとしては2台目になります。

ニコンの前は、キヤノンでした。
で、今回またキヤノンにカムバックです。

実はニコンS620は、使っててひとつだけ不満がありました。
高速起動が売りだったんですが、そのためか電源を切っててもバッテリーがなくなっていくみたいなんです。
なので、何日かカバンに入れっぱなしにしてて、いざ撮ろうとした時にバッテリー切れ、なんてことがしばしば。
その前のキヤノンはそんなことはまずなかったので、今回キヤノンにカムバックしたという次第なんです。

ところで、この形の最新機種は「10S」という機種があるので、コイツは1世代前のモデルになるんだけど、ハッキリ言ってかなり気に入ってます。

そして、今回はアマゾンで買ったんですが、これがメチャ安!
ヤ○ダ電機やビッ○カメラだとだいたい24000円前後するところ、今回の購入価格はナント、
18000円。

6000円もおトクなんです。
今までネットショッピングはほとんど手を出していなかったんだけど、この安さはとっても魅力だったので、ついにネットで買ってしまいました。

この値段で、12メガ、5倍ズーム、顔認識はもちろん、なんとハイビジョン動画も撮影できるんです。
また、タッチパネル+モーションセンサも搭載しています。

タッチパネルは撮影時にピントを合わせたい部分をタッチすると、カメラを動かしてもその部分を追っかけてくれます。
画像再生では、拡大縮小や指をスライドさせて次の写真をめくったりできます。
また、カメラ自体を縦に振っても写真をめくることができて、これが結構便利だと思いました。

この値段でこのパフォーマンスは納得のお買いものですよ。
奥さん!
 (って、別にアマゾンの回しものじゃありませんので。。。)

デジカメもどんどん進化してるんですね。

でも、立て続けにいろいろ買っちゃったんで、財布の中身は退化しちゃいましたけど。。。
(泣)

CANON IXY930ISの詳しい製品紹介は、こちらでどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年5月15日 (土)

最近買ったデジタルグッズ

ここ2、3週間で立て続けにデジタルグッズを買いました。

その第1弾は、ケータイ

今まで使ってた携帯電話が約3年経ってたので、ここで機種変更しました。
発売当初から気になってた、ドコモ「F-04B」というヤツです。

最近は、i-PhoneとかXperiaとかのスマートフォンに人気が集まってて、そっちも気になるところなんだけど、このF-04Bは世界初?のセパレート携帯ってことで、気になってたんです。

セパレートってどんな感じかっていうと。。。

01

こんな風に、パカって切り離すと、ディスプレイとキーボードに分かれるんです。

これ、意外と便利です。
アルファベットはパソコンのキー配列と同じ。
変換とかDELキー、ファンクションキーは覚えるまでちょっと時間がかかるけど、慣れちゃえばこっちのもん。
メールとかはこちらの方が断然早く入力できます。

あと、通話はディスプレイ側でもキーボード側でもできるので、例えば電話帳を検索しながら相手に伝えるとか、ワンセグやメールを見ながら通話するとか、意外と便利な使い方ができるんです。

電車の中などでは、スライド式のテンキーもあるし、タッチパネル操作もできるのでこちらも問題なし、っていうか結構イケてるって思うんです。

04

しかし最近のケータイって、機能てんこ盛りですよね。
ワンセグ、GPSはもちろん、モーションセンサを内蔵していて、万歩計やゴルフのスイングレッスンなんてアプリも入ってる。
使いこなすまでには、もう少し時間がかかりそう。

あと、別売で売ってるプロジェクタユニットっていうのが気になるんです。
キーボードユニットを外して、代わりにプロジェクターユニットを装着すると、最大60インチまで投影できる液晶プロジェクタに早変わり
ワンセグや写真、プレゼン資料等を大画面で見ることができるのだそうです。

こないだドコモショップで聞いたら、予約待ちなんだとか。
値段もオープン価格なんですが、店員さんに聞いたら3万円弱くらいだそうで、携帯できるプロジェクタだと考えるとお得だと思います。
そのうち、僕もゲットしますんで、その時はまた報告しようと思ってます。

「F-04B」の製品情報は、こちらです。  (←をクリック)

今回はここまで。第2弾、第3弾は次回のお楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

麺家 「ゐをり」

佐野のアウトレットに行った帰り、ほぼ決まって行くのが佐野ラーメン。

今回も、ほぼ定番となった「おぐら屋」に行こうと思ったんですが、アウトレットからはもっとも離れた場所になるため、結局割と近くのラーメン屋を開拓してみようということになりました。

アウトレットに置いてある佐野ラーメンマップを見ながら、さほど遠くないラーメン屋をチェック。
そしてなんとなく僕の目にとまった店が、

「麺家 ゐをり」

です。

国道50号から佐野市内に入り、高萩交差点を左折したすぐの右手にありました。

01

店構えは、ちょっとこじゃれた雰囲気があって、わりと最近できたのかなって感じです。

店内は、それほど広くはないのですが、

02

とにかく、天井が高い!

なので、とても広い空間に感じます。
置いてあるテーブルは全部種類が違います。
アンティークな家具で揃えてあるのが、このお店のこだわりなのでしょう。

今回注文したのは、当然、醤油ラーメンです。

しばらくして出てきたのがコレ。

03

佐野ラーメン特有の透き通ったスープ。
良く見ると結構背油が浮いています。

まず、スープをひと口。

とてもあっさりした印象です。
魚貝系のダシの香りと味がまず広がってきます。

思っていたほど、しょっぱくないと思いました。

続いて、麺をいただきます。

04

この「ゐをり」は、この麺にも特徴がありました。

佐野ラーメンの麺と言えば、やや平麺で柔らかいことなんですが、
ここの麺は、白っぽい佐野ラーメンでありながら、丸い細麺なんです。
しかも、他の佐野ラーメンの麺と比べて、コシが強いのが特徴です。

チャーシューが2枚、これも柔らかくて美味しかったです。

とにかく、スープがそれほどしつこくないので、最後まで美味しく食べることができました。

こってりが好きな人には、ちょっと物足りないかもしれませんが、僕的にはこちらの方が好きかも。。。

この日は土曜日で、入店したのは6時過ぎだったんですが、
食べ終わってお店を出るとき(7時前)にはすでに店じまいを始めていました。

店を出て、扉を見ると。。。

05

「完売終了」の看板が掛けられていました。
営業時間は夜10時までのはずなのに。。。

きっと、人気があるんでしょうね。

最初にこの店を選んだ僕の目に狂いはなかったってことだよね。
きっと。。。(^_^;)


麺家 「ゐをり」 栃木県佐野市植下町1089
          ℡0283-21-1131
  営業時間 11:30~15:00  17:00~20:00
  定休日  月曜日(祝日の場合は翌日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »