« 熊本・和数奇・司館 ~前編~ | トップページ | 旭川にブルーインパルスがやって来た! »

2010年6月11日 (金)

熊本・和数奇・司館 ~後編~

~前回に続き、熊本・和数奇・司館のお話しです~

さて、いよいよ部屋に到着です。

今回僕が泊まった部屋はシングルなんですが、これが思ったよりとても広い部屋でした。

03

ダブルベットに机、テーブルと椅子が置かれています。
全ての家具は、前回お伝えしたとおり福岡県大川の特注品で、また黒っぽい色で統一されています。
そして、全ての家具が低めに作られています。
これも「和創」を意識したもので、家具を低めに設定することで天井を高く見せ、空間の広がりを感じることができる設計になっているんです。

後でわかったんですが、このホテルにはシングルはなく、ダブル、ツイン、和室の3タイプなんだそうです。
ダブルの部屋は28平方メートルあり、ビジネスホテルと比べても十分な広さです。
僕の部屋にはなかったんですが、部屋の一部に畳を敷いてある部屋もあるそうです。

洗面所、トイレ、風呂がそれぞれ独立しているところも気に入りました。

07

この和数奇・司館にはもう一つ自慢のものがあります。

それは、このホテルの最上階(といっても6階なんですが。。)にある、

天空の湯「満月」

です。

04

満月の夜に湯船に浸かると窓越しにきれいな満月を拝むことができることが、この湯の名前の由来なんだそうです。

そのお風呂とは、ズバリ、

05

そう、檜風呂なんです。

しかも、浴槽自体は天然鉱石で作られていて、ラドン、ラジウム、トルマリン、遠赤外線に各種ミネラル、そしてマイナスイオンを発生させるんだそうです。

いわゆる、「人口温泉」ですね。

お湯の温度は低めに設定してあるので、長く浸かることができます。
このお湯に入ると、肌にヌメリを感じるのですが、これが体にいいんでしょうね。
体の芯からあったまります。

いやぁ、ホント至れり尽くせりの人口温泉です。

熊本市内の中心地にありながら、一切の喧騒を忘れさせてくれる、そんなおもてなしを体験することができる宿、

熊本 和数奇 司館

今度熊本に出張に来た時も、絶対ここに泊まります。

熊本 和数奇 司館のホームページは、こちら。

|

« 熊本・和数奇・司館 ~前編~ | トップページ | 旭川にブルーインパルスがやって来た! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊本・和数奇・司館 ~後編~:

» 熊本 脱毛エステサロン [熊本 脱毛エステサロン]
熊本の脱毛エステサロンの口コミと評判 [続きを読む]

受信: 2010年6月12日 (土) 14時46分

» 花粉症 [花粉症]
花粉症についてのあれこれ [続きを読む]

受信: 2010年6月16日 (水) 20時22分

« 熊本・和数奇・司館 ~前編~ | トップページ | 旭川にブルーインパルスがやって来た! »