« 西部方面隊総隊55周年記念行事 ~ おまけ | トップページ | じゃがポックル?これはっ! »

2010年10月17日 (日)

陸上自衛隊留萌駐屯地

先日、北海道留萌市にある陸上自衛隊留萌駐屯地という所に行ってきました。

留萌市、「るもえ」ではなく「るもい」と呼びます。

どこにあるかというと、JR札幌駅から函館本線で旭川へ向かう途中に深川という駅があります。
そこから留萌本線に乗り換えて、日本海の方向(西の方向)へ約1時間程電車に乗るとJR留萌駅に到着します。

01

ただし、深川から留萌へ行く列車は2~3時間に1本しかないため、下手をすると1時間程度深川駅のホームで待たなくてはなりません。
札幌から留萌まではざっくり3時間かかるということです。

留萌駐屯地に所在する主力部隊は、陸上自衛隊第2師団隷下の第26普通科連隊という部隊です。

02

連隊本部がある庁舎はすごく立派な建物で、重厚なイメージがします。

ちょっと違和感があるなと思っていると、建物の一画にこんな石碑を発見!

04

「北海道人造石油株式会社 留萌研究所」

  なんだ、ここは自衛隊じゃないのか?
  人造石油ってなんだ?
  何を研究しているんだ?
  人造人間キカイダーとはちがうのか?
        ( 失礼、ノリ過ぎました(^_^;) )
        (  って、若者は知らないか。。 )

あっ、そういえば文字が右から書いてある。
ということは、ここはかつて北海道人造石油株式会社って所だったんですね。

そうなんです。
日本は石炭は採れますが石油は採れません。
戦時中、戦争に多くの燃料が必要で、航空機や戦車に必要な石油が不足することを恐れ、なんと石炭から石油を作ろうという試みが行われたのです。

昭和13年に、「北海道人造石油株式会社」が設立。
まず滝川に工場が作られ、2年後の昭和15年10月に留萌研究所が作られました。

05

当時の敷地は今の駐屯地の4~5倍はあったようです。
研究所を建てるにあたっては、基礎工事が大林組、主体工事が清水建設と今でも超有名なゼネコンが担当したんだそうですよ。

結局ここで作られたのは燃料ではなく、航空機用の潤滑油だったそうです。

終戦とともに昭和20年10月に閉鎖、結局5年という短い歴史で幕を閉じました。

その後翌年9月にGHQの勧めで「留萌水産興業株式会社」として生まれ変わり、鰊(ニシン)の冷凍処理と加工、アミノ酸醤油等を製造する会社となりました。
ところが、昭和27年9月に倒産。

翌昭和28年11月に陸上自衛隊留萌駐屯地として再出発。

当時の本社建物がそのまま第26普通科連隊の隊舎として使われているという訳です。

03

ちなみに連隊長室は当時の社長室(研究所時代は所長室)なのでとても立派な部屋でした。
おそらく自衛隊の連隊長室としてはもっとも広いんじゃないでしょうか。

日本海に面した留萌駐屯地は日本の守りの上ではとても重要な場所です。
今年度末には新しい装備品(軽装甲機動車)も導入されるようですし、ますますがんばってくださいね。

日本の平和のために、頼むぞ、人造人間キカイダー!!

じゃなくて留萌の自衛隊ダー!!

m(_ _)m シツレイシマシタ

|

« 西部方面隊総隊55周年記念行事 ~ おまけ | トップページ | じゃがポックル?これはっ! »

自衛隊訪問記」カテゴリの記事

コメント

留萌駐屯地司令室は人造石油時代、貴賓室として使われており、主に皇族や議員などのお偉いさんが訪れた時に使われていましたよ。
それ以外は基本的に使われていなかったとか。

ちなみに建物に向かって2階中央より右側の部屋(現部隊本部第1科執務室)が研究所所長室です。

ちなみに今の司令室は現旭川2師団の師団長室の倍近い広さとか・・・。

投稿: 通りすがり | 2011年2月23日 (水) 09時06分

留萌の爺様や婆様達は、昔は通称人造石油の跡地を“人石”と云いまして、地域を表す住所のことでした。

留萌の人口約2万5千人ほどは、自衛隊を含めた公務員関係者達で維持されています。市議会議員達は議員を辞めたらほとんどが留萌を見捨て脱出します。

留萌市内では市職員や公務員の悪口は言えません。
ほとんどが親兄弟従姉や親戚友人達です。

自衛隊がいなくなったら留萌市は夕張の二の舞破綻します。だから自衛隊さまさまなのです。


沖縄基地が問題になっているがその一部を留萌に移転させたら留萌はより一層良い街になると思います。

港も死んでる状態だし…海軍の基地にしたら活気ある港に生き返ると思うよ。

投稿: 鐘明王壽生 | 2011年11月18日 (金) 11時27分

懐かしいですね。
平成二年から四年間の間、留萌の26連隊 本官中隊施設作業小隊に勤務していました。
日系二世ですから、日本での生活は、自衛隊生活しか有りませんでした。
だから、留萌の駐屯地は、ぼくの第二の故郷です。
今は、ドミニカ共和国に帰っていますが、留萌と自衛隊の事は、一日も忘れた事は、有りません。
もし、まだ覚えている人がいましたら、メール下さい。
26連隊gogo!
日高

投稿: fco 日高 | 2012年1月 6日 (金) 10時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陸上自衛隊留萌駐屯地:

« 西部方面隊総隊55周年記念行事 ~ おまけ | トップページ | じゃがポックル?これはっ! »