« 夏休みの思い出Part2 ~ 鴨川シーワールド⑥ | トップページ | 東北方面隊総隊50周年 ~ ブルーインパルス編 »

2010年10月 3日 (日)

東北方面隊総隊50周年記念行事より

9月26日(日)は仙台にて、

「東北方面隊総隊50周年記念行事」

が行われました。

東北方面隊は、陸上自衛隊の中で東北6県を担当区域としており、仙台駐屯地東北方面総監部という中枢組織があります。
通常この手の記念行事は総監部が所在する駐屯地で実施されるんですが、東北方面隊は仙台駐屯地ではなく、近くの

「霞目(かすみのめ)駐屯地」

というところで実施されます。

霞目駐屯地については、過去のブログで紹介していますのでここでは省略します。
(過去ブログについては、こちら

01

今回は50周年ということもあり、なかなか趣向を凝らした内容でした。

まず、今回の50周年を盛り上げるため(?)にキャッチコピーとロゴマークを作成しました。

「郷土(みちのく)に半世紀 更なる飛躍へ」

というキャッチコピーは方面隊内で募集した中から選ばれたそうです。

また、50周年を記念して楽曲を作ったそうなんです。

「七彩(なないろ)の奥羽国(おうこく)」

という壮大な吹奏楽曲で、全3楽章からなる本格的な交響曲です。

02

上の写真の一番右側にある車両、何だかわかりますか?

僕も一瞬何の装備品か分からなかったんですが、実はこれ「特製スピーカー」なんです。
高機動車の荷台の部分に、3段×3列、計9個のBOSE製スピーカーが組まれているんです。
さすがにここから出る音はかなり迫力ありましたよ。

また、第3楽章では音楽と戦車、大砲、ヘリコプターとの共演もあり、自衛隊ならではの迫力ある演奏を楽しむことができました。

ある偉い人は、チャイコフスキーの「1812年」を超える迫力だ、なんて言ってました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、今回は50周年、節目の年ということもあって、いろいろと凝った内容でした。

ここ霞目駐屯地は飛行場があるということとも関係しているのかどうかわかりませんが、いつになくたくさんの航空機が今日のためにやってきました。

海上自衛隊、航空自衛隊のヘリコプター、あと海自厚木基地より対潜哨戒機P3Cが、そして航空自衛隊三沢基地からはF-2戦闘機もやってきてました。

そしてなんと在日米陸軍から、UH-60 ブラックホークが2機やってきました。

11

ブラックホークは、観閲飛行だけでなくこのあとの訓練展示にも登場し、ロープでけん引してきた積荷を下ろすなどの活躍をしていました。

10

積荷はミネラルウォーターだそうで、米軍から観客へのプレゼントなんだとか。
僕はゲットできませんでした。。

そして、この日のメインイベントは、やはり、

「ブルーインパルス」

なんですが、紙面(?)の都合により、この続きは次回のお楽しみということで。。。

|

« 夏休みの思い出Part2 ~ 鴨川シーワールド⑥ | トップページ | 東北方面隊総隊50周年 ~ ブルーインパルス編 »

自衛隊訪問記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北方面隊総隊50周年記念行事より:

« 夏休みの思い出Part2 ~ 鴨川シーワールド⑥ | トップページ | 東北方面隊総隊50周年 ~ ブルーインパルス編 »