« 有珠山と昭和新山 ~ その2 | トップページ | レークヒル・ファーム~美味しいジェラートはいかが? »

2010年11月 9日 (火)

熊牧場

有珠山、昭和新山の麓に、

「熊牧場」

があります。
熊の牧場って何?って感じですが、いわゆる熊専門の動物園です。

01_2

しかも、北海道を代表する熊、エゾヒグマを飼育しているんです。

エゾヒグマは北海道のほぼ全域に生息しています。
平均身長は約2メートル、体重は300kg~550kg。
これでもヒグマの仲間は小さい方なんです。

ただし、性格は荒く、特に傷ついたものや子連れのメス熊には要注意。
現在でも年間数件の人的被害が出ているそうです。
そういえば、ついこないだ留萌に行ったときに、

「三毛別羆事件(みけべつひぐまじけん)」

のポスターが貼られていたのを思い出しました。
(事件の文字をクリックすると、そのブログにジャンプします)

02_3

入口にはとっても怖そうなヒグマのはく製が牙をむいています。
なんだか期待と不安が入り混じる中、入場料800円を払って中に入ってみます。

まず、入ってすぐ右のコーナーにある檻を覗いてみます。

03_2

ん?これってアライグマじゃない?
いきなり肩透かしに合ったみたいな気分。

その隣には、「クマのようちえん」と書かれたコーナーがありました。
ここには、10頭程の小熊が元気よく走りまわっていました。

04_2

小さいだけあって、とても身軽で軽快な動きを見せてくれます。

05_2

この先は全てエゾヒグマの檻が並んでいます。
どうやら年齢別に分けられているようです。

しばらく進んで右手に曲がると、「人の檻」と書かれた建物の入口があります。
下り階段を下っていくと。。。

06_2

なるほど、熊と同じ目線に立つことができるんですね。
しかも、至近距離でクマとご対面できるんです。
これは迫力満点です。

園内にはエゾヒグマに関する豆知識をクイズ形式で学べるようになっていました。

全部で7問あります。

Q1:ヒグマは冬眠するの?
Q2:ヒグマは走れるの?
Q3:北海道には野生のヒグマは何頭いるの?
Q4:ヒグマの寿命は何年?
Q5:生まれた時の大きさはどれくらい?
Q6:ヒグマの指は何本?
Q7:ヒグマの歯は何本?

答えは熊牧場で確認してね。
と言いたいところですが、せっかくなので1つだけ答えをお教えしましょう。

Q3:北海道には野生のヒグマは何頭いるの?
答え:約2,000~2,500頭と言われています。

多いような気もしますが、北海道の広さからするとそうでもないのかもしれません。

最後はお別れの挨拶です。
ヒグマさんに手を振ってもらいましょう。

07_3

ここは、安心してエゾヒグマの観察と学習ができる場所でした。

後でバスガイドさんに聞いたんですが、映画やドラマに登場するクマはここの熊が使われているそうです。
あの手を振っていたクマがそうだったのでしょうか?

っていうか、牧場に入る前に言って欲しかったなぁ。

|

« 有珠山と昭和新山 ~ その2 | トップページ | レークヒル・ファーム~美味しいジェラートはいかが? »

VIVA!北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊牧場:

« 有珠山と昭和新山 ~ その2 | トップページ | レークヒル・ファーム~美味しいジェラートはいかが? »