« 秋の洞爺湖 | トップページ | 陸上自衛隊第13旅団創立11周年 ~ Part3 »

2010年11月21日 (日)

洞爺湖畔にて

北海道洞爺湖にやってきました。

洞爺湖温泉街の湖畔一帯は公園になっていて、景色も綺麗なんですが公園内にもいろいろと見所があります。
今回はそんな中から、いくつかピックアップして紹介したいと思います。

まずは、こちらの施設から。

04

これ、足湯なんです。
温泉地ならではのスポットです。
当然無料です。
僕はあまり余裕がなかったので入りませんでしたが、足湯は時間をかけてじっくり入ると体全体がポカポカしてくるんですよね。

今回、観光客らしき人が一人だけ入っていました。

説明によると、足湯の入り方には2種類あるそうです。

「静的な足湯」「動的な足湯」です。

静的な足湯とは、足だけをお湯につけてじっとしている入り方です。
一般的によく見る方法ですね。

動的な足湯とは、足を浸けた状態で歩いたり足踏みしたりするという入り方です。
浴槽の床面に玉砂利とかを敷いておくと、足の裏の刺激と合わさり効果も増すのだそうです。

今度足湯を見つけたら、試してみましょう。

09

湖畔の公園内にはたくさんの彫刻があります。

実は洞爺湖外周43キロメートルの湖畔に沿って58個の彫刻作品が設置されています。
そのうち洞爺湖温泉街の湖畔には14個があります。

58個完全制覇するためには少なくとも丸1日はかかるでしょう。

07

ところで、洞爺湖、有珠山とその周辺の地域一帯は、「世界ジオパーク」のひとつに登録されています。

世界ジオパークとは、学術的にまた景観的に貴重な地質遺産を、人類共通の遺産として保全するとともに地域の資源として活用していく自然公園のことです。
2004年にユネスコの支援により設立された「世界ジオパークネットワーク」によって登録されることで「世界ジオパーク」と正式に名乗ることができるんです。

10

現在、日本国内には世界ジオパークが4カ所
2009年8月に、
洞爺湖有珠山ジオパーク
糸魚川ジオパーク
島原半島ジオパーク

の3カ所が国内第1号として登録されました。

今年(2010年)10月、つい最近ですが、
山陰海岸ジオパーク
が国内第4号として登録されました。

08

最後に、上の写真は今回僕が最も気に入った彫刻です。
「旅ひとり」というタイトルです。

写真では分かりづらいのですが、正面から見ると枠の中に羊蹄山が納まるんです。
視界がいい日だとはっきり見えるはずです。

いずれにしても、今回の教訓。
リゾート地に来るときはゆっくり時間をとって来るべし!
立ち寄った程度では全然良さがわからない。

出張のついでに来るようじゃ、ダメってことですね。
反省。。。

|

« 秋の洞爺湖 | トップページ | 陸上自衛隊第13旅団創立11周年 ~ Part3 »

VIVA!北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 洞爺湖畔にて:

« 秋の洞爺湖 | トップページ | 陸上自衛隊第13旅団創立11周年 ~ Part3 »