« 熊牧場 | トップページ | 北海道ホテル »

2010年11月11日 (木)

レークヒル・ファーム~美味しいジェラートはいかが?

北海道洞爺湖の近くにジェラートで有名な牧場があります。

「レークヒル・ファーム」

です。

01_2

もともとは塩野谷牧場という名前で札幌にあったそうです。

昭和44年、札幌オリンピックに合わせた市街地化のため、3代目オーナーがこの地に移転、昭和52年に「レークヒル牧場」に改名し会社設立。

その後イタリアミラノにて、アイスクリームの製法を学びレークヒル牧場内に工場を設立。

平成4年からアイスクリームの製造販売を始めました。
今では全国的に有名になり、ついこないだもテレビで紹介されるほどの人気となりました。

08

白樺の木を抜けた先、山の上になにやら物体が見えます。
もうすこしアップで迫ります。

02

あれは、そう、2年前の2008年7月にこの地で行われた「洞爺湖サミット」の舞台となった、

「ザ・ウィンザーホテル」

じゃないですか。
あそこへ行くには、ここから専用道路を通って約5km先になるそうです。

どっちにしろ僕には縁のない場所です。。。

向きを変えて牧草地の向こうにはうっすらと羊蹄山(蝦夷富士)を見ることができます。
さすがに10月末、上の方はすっかり雪に覆われていました。

03

手前のロールベールはこれからビニールで巻かれるのでしょうね。
こういうのを見ると、北海道って感じが伝わります。

07

ウサギ小屋もありました。
1匹のウサギがこちらをガン見しています。
なんか文句あんのかよぉ。

04

ショップではもちろんジェラートをいただきます。
一番人気は「Wクリーム」なんだそうですが、どうしても僕が気になったのは、

「とうやの赤しそシャーベット」

洞爺の名産、赤しそを練りこんだシャーベットです。
農場の片隅にはちゃんと赤しそが育てられていました。

06

つまり、ここで採れた赤しそが原料だということでしょう。
健康にもよさそうだし、今回はこちらを注文。

05

まさに、赤しそです。
シャーベットなので、シャリシャリとした食感がいいんです。
スプーンの代わりに刺さっているコーンがまたお洒落じゃないですか。

肝心の味は、甘さがかなり抑えてあって、しその香りがとても効いてます。
最後まで飽きのこない、とってもサッパリした美味しい味です。

今日は天気もいいし、本来なら外のベンチに座って、外の景色を楽しみながら食べたかったんですが、なにしろこの季節、とても外で食べる気にはなりませんでした。

「レークヒル・ファーム」

今度来るときは、もう少し暖かい時期にします。

|

« 熊牧場 | トップページ | 北海道ホテル »

VIVA!北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レークヒル・ファーム~美味しいジェラートはいかが?:

« 熊牧場 | トップページ | 北海道ホテル »