« 高木酒造見学 ~ 高知の美味しいお酒づくり | トップページ | 桂浜 その2 ~ 浜で見つけたもの »

2010年12月16日 (木)

桂浜 その1 ~ 高知を代表する景勝地

桂浜と言えば、高知を代表する観光地&景勝地です。

そして桂浜といえば、NHK大河ドラマ「龍馬伝」でも何度となく登場した舞台、

あの坂本龍馬が新しい日本を創造する決意をした場所です。

01

桂浜は高知市内からは南へ10キロメートルちょっと、車だと30分くらいかかるでしょうか。

市内からはまずひたすら海を目指して南下していきます。
すると、とても広い海岸にぶつかります。
最初僕はここが桂浜かと思ったのですが、案内によるとここは「高知海岸」というところで桂浜ではないらしいのです。
車は高知海岸にぶつかったところで左折、海岸通り沿いを超え、小高い山を登って降りたところにこじんまりした砂浜が広がっていました。

地図的にいうと龍頭岬と龍王岬の間に広がる弓上の砂浜、長さにして400メートル弱のこの場所こそ、あの有名な「桂浜」なんです。

03_2

桂浜が屈指の景勝地と言われる所以は、陸地と砂浜と海のバランス、弓上に湾曲した海岸線、太平洋の荒波を受ける岩、そういった自然の調和にあるのではないかと感じました。

実際この日はとてもよく晴れた日だったのですが、意外と波が高く、岩肌に打ち付ける荒波に僕もしばらく見とれてしまいました。

04

桂浜は月の名所としても有名です。
残念ながら今回は午前中。
でも朝日の映える桂浜もなかなか絵になります。

この海の向こうは太平洋。
そしてその先には、とてつもなく大きい世界が広がっているんです。

坂本龍馬がこの場所に立って、世界一周したくなる気持ちになるのがよくわかります。

05

その坂本龍馬の銅像は、桂浜を見下ろす小高い丘の上に立っていました。

銅像の高さは、台座を含めると13.5メートル、銅像だけでも5.3メートルもあります。

この龍馬像は昭和3年5月27日に建てられました。
大正末年に当時高知県に在住する青年たちがこの地に銅像を建てることを提唱、当時の秩父宮他の寄付金も含め、当時のお金で25,000円が集められ、建造されたのです。

06

その後、2回の大きな改修工事が施されています。

1回目は昭和58年、やはり当時の青年たちが中心となって募金活動を行い、573万円をかけて修復。

2回目は平成11年、有志によって作られた龍馬像修復実行委員会が中心となって集められた資金はなんと5,941万円!
見事に甦った坂本龍馬は遥か太平洋を望み、今も勇ましい姿を見せてくれているのです。

坂本龍馬が愛した桂浜。
朝日が映える太平洋を見ていると、僕も何だか世界観が広がったような気分になりました。

さて、次回はこの桂浜で見つけたものをいくつかレポートしたいと思います。
どうぞお楽しみに。

 

|

« 高木酒造見学 ~ 高知の美味しいお酒づくり | トップページ | 桂浜 その2 ~ 浜で見つけたもの »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂浜 その1 ~ 高知を代表する景勝地:

« 高木酒造見学 ~ 高知の美味しいお酒づくり | トップページ | 桂浜 その2 ~ 浜で見つけたもの »