« はりまや橋 | トップページ | 「答えはひとつじゃない!」① ~ 人生楽しく生きるためのおまじない »

2010年12月30日 (木)

ひろめ市場 ~ 高知のランチスポット

高知市内のほぼ中心、はりまや橋から西に伸びる商店街が帯屋町2丁目商店街。

その商店街のほぼ終点付近にあるのが、

「ひろめ市場」

です。

01

はりまや橋を見た後、ちょうどお昼時になったので、昼食はこちらでとることとなりました。

この辺りは毎週日曜日に開催される「土佐の日曜市」というのがあります。
今回は日曜日ではなかったため、あいにくその様子を見ることはできませんでしたが、「追手筋」という広い道路いっぱいにいろんな出店が並ぶのだそうです。

ふつうこういう市場って朝市というイメージがあるのですが、土佐の日曜市の場合、日の出から日没まで行われているそうで、食料品から衣料、お土産品まであらゆるものが売られています。
大変活気のある市場で、歴史も古く、土佐の台所としてだけではなく観光スポットとしても有名です。

一方、ひろめ市場は常設の市場なんですが、意外と歴史は浅く、平成10年10月オープンなのでまだ12年とちょっとということになります。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

さて、店内に入って見ます。
市場の中央には広い食事スペースがあります。
その周りにいろんなお店が並んでいます。

ショッピングモール風に言うと、いわゆるフードコートってやつですね。

02

この時間帯はちょうどお昼時、修学旅行の学生もいて市場内は超満員。

高知は太平洋に面していて魚介類がおいしい土地です。
なかでも有名なのはなんといっても「鰹(かつお)」ですよね。

この市場でも一番人気はやはり鰹のタタキでした。

鰹のタタキ定食では市場の中央に構える「明神丸」が有名らしく、この日も長い行列ができていました。
目の前で炙られるカツオを見ているとよだれが垂れてきそうです。

僕もさっそく、と思いましたが、並ぶのは面倒だったので他のものを物色。

そして僕の目に止まったのが、

04

「鯛めし」の森光水産。

明神丸の隣にあるわりとこじんまりした店構えです。

鯛めし定食は750円ですが、僕は敢えて鯛めし単品(350円)を注文。
定食には鯛汁や惣菜もついていてボリューム満点、こちらもお勧めです。
ただ鰹のタタキにも未練が残っていたので単品にして、続いて魚屋さんに向かいました。

03

そして帯屋町側入り口近くにある「土佐黒潮水産」にて鰹のタタキを物色。
1パック300円のタタキには、その場で食べられるようタレとニンニク、そして「伯方の焼塩」がセットになっていました。

たった650円で、鯛めしと鰹のタタキの豪華ツートップが完成。

そのツートップとは。。。

その模様は次回にて。(^_^;)

(次回って、年越すんじゃないの?)

 

|

« はりまや橋 | トップページ | 「答えはひとつじゃない!」① ~ 人生楽しく生きるためのおまじない »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。古い記事にいきなりコメントして申し訳ありません。こてこて土佐人のUKAと申します。
高知は昨年の高速1000円化と今年の龍馬伝で観光にこられる方がどーんと増えていて凄いですが,はたして来年はどうだか?
「ひろめ市場」は飲食店から土産物屋までのごった煮施設ですが,煙草の嫌いな(苦手な)人はきついかもしれません。いまどきどこでも喫煙可の施設ですが(といっても一応隣りに挨拶するエチケットは必要ですが),お構いなしの観光客の方も多いですから。
それとちっくとだけ土佐の「日曜市」の紹介を。
その特徴は「終日市」「街路市」「曜日市」(火・木・金もあり),そして観光に流されず市民の生活に密着した「生活市」であることが特徴です。ですからお土産物は売らないというのが現在の決まりです。お土産はひろめか商店街に任せています。
1690年にお山の農家がお城下に農産物を売りにきたのが最初,総延長1.3km・約500軒が並ぶ日曜市が最も大きい「市」で出店者の7割が生産農家。狭い店頭にいろんな種類の野菜や果物,漬物や田舎寿司,餅・饅頭などが並びます。
5月からは東端付近で高知大生が「日曜市サポーターズ」として休憩所兼案内所の運営を始めています。簡単な日曜市ガイドやガイド写真集の販売も始めたよう。次回もし高知を訪れる機会がありましたら,また日曜市にも是非お立寄りください。
3/5からのアーケード街全体が宴席となる「土佐のおきゃく」,13日の土佐を代表する料理「皿鉢祭」と併せていかがですか。来年夏頃には高知駅前に大河ドラマで使用された龍馬生家のセットが展示されます。
説明口調で長くなってすみません。最後は龍馬伝口調で「おまさんらぁ,今度来るときはちっくと寄っとうせ。わかっちゅうがかえ,約束ぜよ」 サポーターズ応援団でした。

投稿: UKA | 2011年1月 5日 (水) 17時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118319/50425751

この記事へのトラックバック一覧です: ひろめ市場 ~ 高知のランチスポット:

« はりまや橋 | トップページ | 「答えはひとつじゃない!」① ~ 人生楽しく生きるためのおまじない »