« 今回の札幌みやげ ~ 前編 | トップページ | レゴレンジャー? »

2011年2月14日 (月)

今回の札幌みやげ ~ 後編

前回からお送りしている、今回の札幌みやげ報告の続きです。
まずは復習から。

今回買ったお土産は4種7品、

01_2

開拓おかき 3種、
チョコじゃがッキー、
白いブラックサンダー、

そして、

銀色の包装に包まれた謎の物体

でした。

そして今回、その謎の物体の正体に迫ります。
(何か大げさすぎ?)

銀色の包装から出てきたものは、こちら。

06

何やら白い球体がケースに納められています。

賞味期限が今日、バレンタインデーじゃん。

それはともかく、角度を変えてみると、

07

何か白いものが風船のようなものに詰められているようです。
ここでわかった方は、かなりの北海道フリークです。

早速容器から出してみましょう。

08

直径がCDのサイズとほぼ同じ。
手に持つと、かなりずっしりとした手応えです。

実はこれ、プリンなんです。

「牧家(ぼっか)の白いMEGAプリン」

という商品です。

牧家の白いプリンといえば、やはり球体をしたプリン、
筒状のケースに直径5センチのものが4個詰められたものがお土産屋さんなどで売られていて、結構人気の商品です。

ところがこちらは、直径が15センチ、重さにすると600g、オリジナルの白いプリンの約8倍という大きさ。
驚愕のプリンです。

こちら、新千歳空港の東急第2売店内、「酪農学舎」という場所でしか売られていない、
しかも、

「1日限定5個」

という超超超レアな一品。
当然ネットでも通販でも買えません。

09

風船を割る前に、ケースに巻かれていた赤い帯に注目。
5頭の牛はシールになっています。

さらに、右側には何やら牛の説明書が。。。
ローマ字でこんな説明が。。。

「yoku hiyasite kudasai」
「ookina osara wo youi site kudasai」
「minna wo yonde kudasai」
「kenka sinaide kudasai」

という4つの注意書きでした。
最後の一文はご愛嬌たっぷりでつい笑っちゃいます。
ちなみに、この注意書きもシールです。

という訳で、いよいよナイフ投入、
ではなく、つまようじ注入!

風船が割れ、プリンが飛び出してきました。

といっても、プッチンプリンとは違って、形が全く崩れません。
割れて出てきたのも、球体を保った白いプリンなんです。

さっそく付属のカラメルシロップ8袋をかけ、家族4人でいただきます。

10

スプーンですくってみてわかったこと。
形が崩れないのは弾力性が半端ないから。

味はとっても濃厚、むしろプリンというよりは、レアチーズケーキといってもいいくらい。

それくらい熟成された牛乳プリンがカラメルと混ざり合って、濃厚な味が口の中に広がってきます。
4人で食べましたが、さすがに通常サイズの8倍、
結構お腹いっぱいになりました。

っていうか、プチ贅沢な気分、ってやつ?

牧家の白いMEGAプリン、今度北海道に行く機会があったら、新千歳空港で探してみてください。
ゲットできたあなたは、

超ラッキー!

な気分に浸れること間違いなし、です。

「株式会社 牧家」 のホームページはこちら
「白いMEGAプリン」のサイトはこちら

|

« 今回の札幌みやげ ~ 前編 | トップページ | レゴレンジャー? »

VIVA!北海道」カテゴリの記事

コメント

1日限定5個ってスゴイレアですね!!!!しかも美味しそう♪
あと1つ気になるのがブラックさんダーのホワイト!って北海道限定なんですか?

投稿: ギャンブル依存症克服 | 2011年2月14日 (月) 10時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今回の札幌みやげ ~ 後編:

« 今回の札幌みやげ ~ 前編 | トップページ | レゴレンジャー? »