« 高知城 ~ その2 | トップページ | 「答えはひとつじゃない!」④ ~ リーダーシップについて »

2011年2月26日 (土)

高知城 ~ その3

高知城シリーズ第3回は、いよいよ本丸へと入っていきます。

本丸を入るとまず目の前に飛び込んでくるのは、

11_2

山内一豊とその妻、千代の立体絵画。

前回もお伝えした、持参金をはたいて良馬を買い、夫に与えるシーンです。

廊下に沿って進むと、いくつもの畳の間が出てきます。
それぞれの部屋には段差が設けてあり、

12

その中でも最も高い場所にある部屋が、ここ、「上段の間」
いわゆる城主が座る場所です。

大河ドラマ「龍馬伝」では、ここに山内容堂が座り、ひとつ下がった部屋に後藤象二郎、さらに下がった桟敷に坂本龍馬がいたシーンを思い出します。

また、部屋の一部が白い壁のようになっているところは「武者返し」といいます。

一見、納戸(押入れ)のように見えますが、この裏は4畳の小部屋になっていて、護衛の武士が常に控えていたのだそうです。
当然、お殿様に一大事が起こった時にはここから飛び出して警護したのです。
現代風に言うと、「SP」ってやつですよね。

13

殿さまの部屋から見える庭、あの塀の先は高い石垣になっています。

14

塀の所々にはこのような穴が開けられています。
敵が攻めてきた際にはここから銃口を突き出して応戦するためです。

そして本丸から天守閣へと進みます。

15

天守閣は現在、各種展示のためのスペースになっていました。
その中で、こちらは当時の高知城を再現したものです。

天守閣と本丸は左上になります。
右上が二の丸、右下が三の丸ですが、現在これらの建物は残っていませんでした。

16.

こちらは城内の風景を再現したものです。
いくつかの人形が配置されていて、当時の生活を感じ取ることができます。

最後に、天守閣の最上階から見た高知市内の風景です。

18

この日は天気は良かったものの風が強くてとっても寒かったんです。
昔もきっと冬の時期は寒かったのでしょうね。

こんな寒い時期に攻められて、この部屋に籠城なんてことになったら敵に討たれる前に凍え死にそうです。

という訳で、3回にわたってお送りした高知城レポートは終了です。

今度はどこのお城に行けるのか、その時はまたレポートしますのでお楽しみに。

|

« 高知城 ~ その2 | トップページ | 「答えはひとつじゃない!」④ ~ リーダーシップについて »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高知城 ~ その3:

« 高知城 ~ その2 | トップページ | 「答えはひとつじゃない!」④ ~ リーダーシップについて »