« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月28日 (土)

仙台出張

先日、久々に仙台へ行ってきました。

あの東日本大震災から約2ヶ月、仙台市もかなりのダメージを受けたはず。

宮城県には自衛隊が結構ありますが、現在は復興支援のために全国から集まった多くの自衛官が昼夜問わず活動を続けています。

僕自身仙台には何度も出張で訪れていましたが、震災後は初めて。
2か月後の仙台はどうなっているのか心配でした。

新幹線で仙台入りしたのですが、仙台駅の様子はというと。。。

01

駅舎全体がホロをまとっていました。

外装にかなりのダメージを受けたのでしょうか。
でも、駅のあちこちには、

「がんばろう、東北!!」

の文字。

みんなで一致団結して復興に取り組む姿勢が感じられました。

続いて、仙台駐屯地へお邪魔しました。
苦竹がわの門から入ると、まず目に飛び込んできたのがこちら。

02

「災害派遣任務の完遂」

そしてこちらにも「がんばろう!東北」

駅で見たものとは、「!」の位置と数が微妙に異なるけど、
そんなことはどうでもいいか。

仙台駐屯地には、「東北方面総監部」という東北6県の陸上自衛隊を統括する司令部があります。
現在、この総監部が、今回の震災対応のために編成された、陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊による統合部隊、「JTF-TH」の司令部として機能しています。
すなわち、総監部の長である東北方面総監が今回のJTF-TH司令官となるのです。

ちなみに、「JTF」とは、Joint Task Force、つまり統合部隊のこと。
これは僕でも何となくわかったのですが、「TH」が何の略かわかりませんでした。

で、部隊の方に聞いたところ、THとは、なんと、、、
Tは「東」、Hが「北」。
つまり、
「とう」、「ほく」の頭文字なんですって。

一生懸命悩んでいた僕はなんだったんだろう、って笑いそうになってしまいました。
まあ、安易というか、でも分かりやすいというか。。。ネ。

ところで、仙台駐屯地自体は3.11の被害はほとんどなかったそうです。
ただし、1か月後の4.7に起きた大きな余震で、隊舎の一つが壊滅的なダメージを受けてしまいました。

03

1階部分の窓が折れ曲がっているのがわかりますか?
この隊舎はもう使い物にはならないそうです。

で、ここに入っていた隊員さんたちはどうしているのかというと。。。

04

このように隊舎の前に天幕を張って、活動を続けているのだそうです。
さすが、自衛隊!
っていうか、自分たちのことより被災地での活動が優先なんです。

ほんと頭が下がる思いです。

最後に、市内の様子から2ショット。

05

こんなふうに、市内のあちこちには震災の傷跡がまだまだ残っています。

市内の繁華街は普段と変わらない光景でしたが、とあるビルに入ってみると、

06

2台あるエレベーターうちの1台が、修理しようにも部品が無いため止まったまま。
2か月経った今でも、このように動かないエレベーターをいくつも見ました。

沿岸部の被災地ではまだまだ復興の兆しすら見えない場所もあるようです。
でも仙台市内は、少しずつではありますが、復興に向けて着実に歩き始めているようでした。

とにかく、できることから進めていくしかありませんよね。
僕は東北のためにお金を使うことぐらいしかできませんが。。。

「がんばろう!東北!!」

(「!」を全部足してみました。。。(^_^;))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月10日 (火)

謎のチンムー軍団の要塞(続き)

新しく完成したチンムー軍団の要塞はかなり構造が複雑なため、前回に続きその細部について見ていきます。

050705

まずは、南側のメインベランダ。
ここには全員が並ぶことができるくらいのスペースがあります。
あと、特徴的な柱。
阪神タイガースファンにはたまらない色遣いです。
しかし、少なくともチンムー軍団長は阪神ファンではないようですよ。

050707

つづいては東側。
一人立つのがやっとという、小さいベランダがあります。
ここにはドアが付いているので直接中から出入りができるようです。

050709

その東側の上部には見張り台がありました。
南側のメインベランダを支える屋根もかなり立派ですね。
なんとなくお寺か神社の境内にようにも見えてきました。

050706

北側にもサブベランダがありました。
大きなガラスドアが開放的なイメージを与えてくれそうですね。

050708

西側丈夫にも見張り台のような狭いスペースがありました。
その後ろにあるのは何でしょうか。
ひょっとすると露天風呂なのかも知れませんね。

050710

そして西側最上部のパラボラアンテナの隣に戦場カメラマンが。。。
やはりもっとも見晴らしの良い位置を確保してシャッターチャンスを狙っていたようです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

っと、ここで軍団の訓練が始まったようです。
どんな訓練なのかと言うと。。。

050711

なんと、命綱なしでのぶら下がり訓練のようです。
これは辛そう!

050712

ベランダからは、海賊の妻、お医者さんが心配そうに見ています。
また、戦場カメラマンもベランダから記録写真の撮影を行っています。

た、ただ、若い女性だけは我関せずといった風で、黙々と筋トレをやっている姿が印象的ですね。

050713

おっと、最後は全員でぶら下がり訓練か?
かなり体勢に無理があるぞ!

ともかく、チンムー軍団、メンバー全員が新要塞を気にいったようですね。

以上、謎のチンムー軍団、要塞レポートでした。

(最後まで付き合ってくれた方、本当にすみませんでした。)
重ねて感謝&陳謝<m(_ _)m>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 7日 (土)

謎のチンムー軍団の要塞

最近遠出も少なく、ブログネタの写真もなく、しばらく記事を書いていませんでした。

こんな時は、レゴブロックで遊ぼうということで、子供と一緒に作り始めました。

製作するのは、名付けて、

「謎のチンムー軍団の要塞」

そして出来上がったのは、

043001

白い巨塔に赤い屋根の格納庫etc.

白い巨塔は7階建てです。
上の方から見てみましょう。

043004

6階部分は牢屋のようにも見えるし、顔の形にも見える不思議な階です。
続いて下の部分。

043002

2階は総ガラス張りでスケスケです。
あと、なぜか2階にも外へ出るドアがあるのが不思議です。

ところで、前に並んでいるのがチンムー軍団です。
一番左がリーダーのチンムーのようです。

メンバーは今のところ全部で10名。
名前は不明ですが、男性7名、女性3名
役割も様々で、海賊風の夫婦、サッカー小僧医者、そして戦場カメラマンまでいます。

ところで白い巨塔はこれでよかったのですが、細長すぎて要塞としてはちょっと不便。
10人いるのに7階しかないのもマズイし。。。

という訳で、速攻建て直すことにしたようです。

延べ建設期間は約7時間。
長いのか短いのかわからない期間をかけて完成した新要塞とは、

ジャジャーン!!

050701

大きさの違いが分かりにくいかもしれません。
比較のために一応DVDケースと巨大怪獣?を並べました。
下の部分の白い巨塔を広くしたため、高さが半分くらいになってしまいました。

050702

なので、手持ちのブロックをほぼ全部使ってその上に作ったのが、

この「新・チンムー軍団の要塞」です。

050703

ちょっと今回は形が複雑すぎるので、もう少し各部分を詳しく見てみます。

050704

まずこちらは西側の上層部。
あっそうそう、新要塞の最初の写真が南側ですからね。
この角度から見ると、二つの建物が縦に積み重なっているように見えます。

この角度から見ると、南側のベランダは建物から離れていることが分かります。
このベランダへどうやって行けばいいのかは不明です。

っと、今回はここまで。
次回はもっと細部に迫ってみたいと思います。

(っていうか、こんなくだらない記事をまだ続けるのかっ!)
(なんせネタ不足なもんでスイマセン<m(_ _)m>)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »