« フルコース料理 ~ balcony Restaurant&Barにて | トップページ | 21世紀の森と広場 ~ その2 »

2011年6月13日 (月)

21世紀の森と広場 ~ その1

千葉県松戸市にある、「21世紀の森と広場」。

1993年に開園したこの公園は、約5.5ヘクタール、東京ドーム11個分の広さを持つ広大な公園です。

公園の中には人工池、山、林、野原、田園などがあって、自然そのものを体験できる造りになっています。

今回から3回にわたって、この公園を散策してみたいと思います。

まずは、「千駄掘池」から。

2101

公園の西側に位置する大きな池は、東京ドーム約1個分の広さがあります。
ここは3つの谷津が集まってできた人工池です。

ところで「谷津」ってなんだか気になりません?
このあたりの地名にもあるようですが、もともとの意味は。。。

奥が深くて、なだらかな谷間

のことをいい、千葉県北部に特有の地形なのだそうです。

(詳しくは中央学院高校生物部のHPに解説してありますので、もっと知りたい方は検索してみてくださいね。)

ところで、この池にはたくさんの魚やカモたちがいるんですが、我々人間は池に入ることも、魚を釣ることも、餌を与えることもできません。

生態系を崩すようなことは一切行ってはならないのです。
徹底してますよね。

続いて向かったのは、「光と風の広場」

2102

ここは広大な緑地広場になっていて、たくさんの家族やグループがフリスビーをしたり、キャッチボールをしたり、バドミントンをしたりと思い思いの遊びをしています。

木陰ではシートを広げてお弁当を食べたり、休憩したりといった光景も見ることができます。

2104

公園のほぼ中央には大きな花壇があり、1年を通して様々な模様を見せてくれます。

でもやっぱり一番綺麗なのは春から夏にかけての今の時期じゃないでしょうか。
今回も1面に咲く花がとても綺麗でしたよ。

2106

花壇の一画には、日時計が置いてありました。
季節によって多少ズレるんでしょうけど、この日は10分程進んでました。

公園の南側へと歩いて行くと、なんだかのどかな風景が広がってきます。

2103

「みどりの里」と名付けられたこの場所は、昔の農村の風景を再現したような場所になっています。
ここに、「里の茶屋」という売店があるのですが、うどん、そばの他に、ビールも売っているんです。
なんとこの公園、いろんな禁止事項があるのにアルコールはOKなんですよ。

といっても本日ドライバーの僕は飲めませんけどね。。。

ここから、山の奥へと続く小道が伸びています。

2105

「生命の森」と名付けられたこの林、結構急な登り道と階段を上ります。
そこで待っていたのは、なんと。。。

この続きは次回にて。。。

|

« フルコース料理 ~ balcony Restaurant&Barにて | トップページ | 21世紀の森と広場 ~ その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 21世紀の森と広場 ~ その1:

« フルコース料理 ~ balcony Restaurant&Barにて | トップページ | 21世紀の森と広場 ~ その2 »