« トラットリア カーサ カルマ ~ 前編 | トップページ | トラットリア カーサ カルマ ~ 後編 »

2011年6月26日 (日)

第11旅団創立3周年記念行事 ~ 前編

2011年6月19日(日)、札幌市は真駒内駐屯地にて、

第11旅団創立3周年、真駒内駐屯地開庁57周年記念行事

が行われました。

01

東日本大震災の影響で、各地の記念行事が中止になったり延期になったりする中、ここ第11旅団はみんなを元気づけるためにもやるべきだということなのでしょう。

昨年とほぼ同様の規模で開催されました。

思えば僕も第11旅団の記念行事は3年連続で来ています。
つまり創立1周年から来ていることになります。

たしか、一昨年の1周年は雨、そして昨年の2周年は曇り。
そして、今年は快晴。
だんだん天気も良くなってきています。

02

今回、式典の開始にあたって、東日本大震災の犠牲者のための、1分間の黙祷が捧げられました。

その後は通常の式典がスタート。
式辞、祝辞、巡閲と続き、観閲行進が始まりました。

今回の観閲行進、前回までと違う所がありました。

音楽隊、観閲部隊指揮官の後にやってきたのは、徒歩行進部隊です。

04

今年4月、新しく新編された北部方面混成団第120教育大隊です。
この部隊は高校を卒業して入ってくる若い新隊員を養成するための部隊です。
したがって、こうやって行進している隊員たちは、今年の4月に入隊したての学生隊員たちです。

1つの部隊は30名のようです。
それが10個部隊ほど続いていました。

あとで聞いた話ですが、今回東日本大震災の影響で、東北の多賀城駐屯地にある第119教育大隊に入隊する予定だった新隊員のうち、58名を追加で受け入れたのだそうです。

さて、しばらくすると部隊の先頭の旗の色が、ピンク色に変わりました。

05

遠目からはちょっと判りにくいかもしれませんが、女性の新隊員部隊です。

入隊して、2ヶ月半しか経ってませんが、綺麗に揃った行進です。
重い小銃をしっかり担いで、しっかりした足取りで行進する姿は、初々しい中にも凛としたものがあって、なんだか嬉しくなります。

もしこの中に自分の娘でもいようもんなら。。。

みなさん、早く一人前の立派な自衛官になってくださいね。

この後はいつもの観閲行進が続きます。

05

04

この車両、何だかわかりますか?

「浄水セット」という装備品です。
その名の通り、荷台部分にはきれいな水を作りだす機械が積載されていて、泥水だって飲料水に変えてしまえる能力を持っているんです。
今回の東日本大震災でも活躍している他、イラクにも持って行ったんだそうです。
以前、サマーワの人たちから大変喜ばれたという話を聞いたことがあります。

行進には当然、戦車や火砲、ヘリコプタ等も参加しているのですが、こちらは昨年もレポートしたので割愛します。
気になる方は、昨年、一昨年のブログを見てください。
(昨年のブログはこちらから。)

この後、若い隊員たちによる徒手格闘の展示、訓練展示と続きます。

そちらの様子は後編にてお届け予定です。
それまでしばしお待ちを。

|

« トラットリア カーサ カルマ ~ 前編 | トップページ | トラットリア カーサ カルマ ~ 後編 »

自衛隊訪問記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第11旅団創立3周年記念行事 ~ 前編:

« トラットリア カーサ カルマ ~ 前編 | トップページ | トラットリア カーサ カルマ ~ 後編 »