« 今度はディナーで再会 ~ balcony(後編) | トップページ | トムソーヤ島探検記 ~ その2 »

2011年7月17日 (日)

トムソーヤ島探検記 ~ その1

東京ディズニーランドにはたくさんのアトラクションがありますが、意外と穴場的存在かなって思われるところ、それが、

「トムソーヤ島」 です。

実際マップには載っているんですが、トムソーヤ島自体はアトラクションとしては紹介されていません。
トムソーヤ島へ渡る「いかだ」が紹介されているだけです。

僕も前回、子供と初めて行きました。
派手なアトラクションはありませんが、吊り橋があったり、洞窟があったり、結構楽しめます。

ということで、今回も探検してきましたので、いくつかポイントを紹介します。

ウェスタンランドには、大きな池、そしてその中央には島があります。
これ、実は池ではなく、アメリカ河という川なんですけどね。
ミシシッピ川を模擬したものなんです、たぶん。

そして、中央の島が今回の主役、「トムソーヤ島」なんです。

トムソーヤ島へ渡る手段はただ一つ、

01_2

こちらの「トムソーヤ島いかだ」に乗って行くしかありません。
しかも、夕刻までしかやっていないので、夜は行けません。

さて、僕らもいかだに乗って、さあ出発と思いきや、

「ちょっと待ってください」

とキャストのお兄さんの声。

02_2

そう、ちょうどマークトウェイン号の出港と重なってしまったんです。
これで約5分待たされました。

マークトゥエイン号に手を振り、ついでにその直後に目の前を通ったジャングルクルーズのお客さんたちにも手を振って、ようやく出発です。

普段だったら1分かそこらで渡れるところを、約7分程かかってしまいました。

トムソーヤ島の船着き場に降りた瞬間から冒険の始まりとなります。
船着き場には、島の地図が置いてあり、それを頼りに進んでいきます。

船着き場を降りて左手の方へ進むと、入江を渡す2つの橋と出会います。

12

一つは、「たる橋」
文字通り、水面に樽を浮かべ、その上に橋が架けられているんです。
僕みたいに重量級の人間が歩くと、揺れに揺れます。
バランスを崩すと、入江に落ちてしまうんじゃないかってくらい揺れます。

もう一つの橋は「つり橋」

10

こちらも足踏みに併せて結構揺れます。

個人的には「たる橋」が気に入りました。
だって、つり橋は基本的に縦揺れだけなんですが、たる橋は歩く位置と速度によっては上下左右、自由自在に揺れるんです。

というわけで僕らはまず、たる橋を渡って島の中央部分へ進みます。

そこには何が。。。この続きは「その2」にて。

|

« 今度はディナーで再会 ~ balcony(後編) | トップページ | トムソーヤ島探検記 ~ その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トムソーヤ島探検記 ~ その1:

« 今度はディナーで再会 ~ balcony(後編) | トップページ | トムソーヤ島探検記 ~ その2 »