« トラットリア カーサ カルマ ~ 後編 | トップページ | 旭川の定番ラーメン「梅光軒」 »

2011年7月 2日 (土)

第11旅団創立3周年記念行事 ~ 後編

2011年6月19日(日)、札幌市は真駒内駐屯地にて行われた、

第11旅団創立3周年、真駒内駐屯地開庁57周年記念行事

の後編です。

観閲行進が終わり、記念式典としてはひとまず終了。
次は部隊訓練展示となるのですが、第11旅団の場合、訓練展示の準備の時間を利用して、アトラクションが用意されています。

一昨年(1周年)は滝川駐屯地第10普通科連隊による「滝川しぶき太鼓」の演奏がありました。

そして、昨年(2周年)は「自衛隊体操」
僕も初めてみましたけど、あれは面白かった。

そして、今年は。。。

06

勇猛な隊員たちによる、「徒手格闘」展示です。

徒手格闘とは、日本拳法をベースに、柔道と相撲の投げ技、合気道の関節技を採り入れた自衛隊オリジナルの格闘術です。

まず、基本の型を全員で行います。
素手で戦う「徒手格闘」の他、小銃を使って戦う「銃剣格闘」というのもあって、小銃の弾が無くなっても、銃口部分に短剣を取りつけて戦うんです。

最後はひとりの自衛官が、4人の敵を相手に戦うというパフォーマンス。

07

こういうのを見ると、自衛官には絶対喧嘩を売ってはいけないんだな、と実感します(笑)。

最後に行われた訓練展示は仮想敵が侵略した陣地を奪還するという、ある意味お決まりのパターン。
でも、これが実は見所満載なんです。

10

これは一番最初に登場する、偵察ヘリ「OH-1」です。
国産ながら非常に高い運動性能を持っています。
観客席の目の前で急旋回したり、急上昇急降下を繰り返したり、特に今回は力が入ってたんじゃないか、って思うくらい派手なパフォーマンスでした。

08

ある程度偵察が終わり、状況が確認できたところで登場するのが、レンジャー部隊。

こちらもお馴染み、ヘリからのリペリング降下です。

そして、レンジャー部隊はもうひとつパフォーマンスを見せてくれました。

09

わかりますか?

なんと、レンジャー塔のほぼ垂直な壁を、駆け下りているんですよ。
これ、すごくないですか?

っていうか、こんなの普通絶対無理でしょ。
まるで、スパイダーマンみたいですよね。

11

最後は戦車や火砲、そして主力部隊が出てきて、無事敵占領地域を奪還。
めでたしめでたし、となります。

東日本大震災で自衛隊が活躍するニュースが幾度となく出ています。
彼らが、不屈の精神力と体力で災害救助活動ができるのも、実はこういう不断の過酷な訓練の賜物なんです。

がんばれ自衛隊、そして、がんばろう東日本!

|

« トラットリア カーサ カルマ ~ 後編 | トップページ | 旭川の定番ラーメン「梅光軒」 »

自衛隊訪問記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第11旅団創立3周年記念行事 ~ 後編:

« トラットリア カーサ カルマ ~ 後編 | トップページ | 旭川の定番ラーメン「梅光軒」 »