« 中華でパーティ ~ 東風汁麺屋本店より | トップページ | 答えはひとつじゃない⑦ ~ この言葉のルーツを探る »

2011年8月15日 (月)

武蔵小杉で焼き豚&カレー煮込 ~ 文福

川崎市、南武線武蔵小杉駅から歩いて5分ほどの所に、この界隈では有名な串焼きやさんがあります。

「文福」

という居酒屋さんです。

01

お店自体は昭和の匂いのする、なつかしい店構えです。
午後6時過ぎくらいに入ったんですが、すでにお客さんでいっぱい。

僕らは予約していたのですんなり入れたのですが、さすがに人気店です。
2回の座敷席へと案内されました。

06

メニューはこんな感じ。

焼とん、焼とりの他にいろんな串焼きがそろってます。
中には文字だけではちょっとわからないものも。
「玉三郎」「イタリア焼」、あと「かえるのへそ」も気になる所です。

ところで、このお店で有名なのが、こちら。

02

左側の商品、煮込みなんですが、ただの煮込みじゃないんです。

「元祖カレー煮込」 (450円)

いわゆるこのお店「文福」の看板メニュー。
ありそうでなかった料理です。

カレーが昔懐かしい味で、結構イケます。

右側は、ピリ辛がおいしい「四川奴」
唐辛子がトッピングしてあって、辛いもん好きな僕にはたまりません。

05

つづいてこちらは、「キムチもやし」と「じゃが丸」。

じゃが丸のほうは、バターがドンッと乗っかってて、迫力満点です。

そして、いよいよ串焼きの登場。

03

そうそう、文福の文字が刻まれたジョッキに入っているのは、ホッピー。
ホッピーっといっても、ただのホッピーじゃないんです。

「樽生ホッピー」といって、業務用でしか扱ってない商品なんだとか。

といっても、普通のホッピーとの違いはよく分かりませんが。。。

おそらく鮮度が違うんでしょ!鮮度が!
(ちょっと投げやり<m(_ _)m>)

08

焼とん、焼とりいずれも、炭火で焼いているので香ばしい香りがとても食欲をそそります。

僕はどちらかというと「塩派」ですが、「たれ」も美味しかったです。

04

最後に、変わり串を一品紹介。

これが「イタリア焼」っていうやつです。
トマトをベーコンで巻き、焼き上がった串にパルメザンチーズをトッピング。
なるほど、イタリアンな雰囲気たっぷりです。
トマトって、焼いても美味しいですよね。
ベーコンとの相性もバッチリ。
「イタリア焼」って、ちょっとシュールなネーミングだけど納得です。

どうです?
串焼、食べたくなったでしょ?

関連ランキング:串焼き | 武蔵小杉駅新丸子駅向河原駅

|

« 中華でパーティ ~ 東風汁麺屋本店より | トップページ | 答えはひとつじゃない⑦ ~ この言葉のルーツを探る »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵小杉で焼き豚&カレー煮込 ~ 文福:

« 中華でパーティ ~ 東風汁麺屋本店より | トップページ | 答えはひとつじゃない⑦ ~ この言葉のルーツを探る »